土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

ブログ

龍ヶ崎市:上塗りに超低汚染リファインを使用、雨のたび汚れが落ちてキレイが続く外壁に!

更新日 : 2021.05.22

外壁の塗装をおこないます

イメージ

築25年の龍ヶ崎市の塗装工事の現場です。屋根の塗装が終わり外壁の塗装を開始します。

イメージ

塗装をおこなう前に、養生をおこないます。今回の養生は、ビニールを使用し、本来必要がない場所に塗料の付着を防ぎます。通常はサッシやガスメーターなどを養生します。移動が出来ない場合は車にも養生をおこなうことがあります。

イメージ

下塗りには、パッチテストをおこなった塗料を使用します。
パッチテストは、使用してある塗料に、新しく塗りなおす塗料がきちんと密着するかのテストです。塗料を塗り、乾燥させ、テープを貼り、剥がします。テープに塗料が付かなければ、外壁にきちんと密着しているので、下塗り材として使用が可能です。

イメージ

こちらがパッチテストをおこなった、プレミアムSSシーラープライマーという水性の塗料です。水性塗料の多くは親水性の高い外壁では、密着が悪く使用することができません。この塗料は水性ですが、光触媒や無機などのが塗られていても、きちんと密着する優れた塗料です。

外壁の下塗り開始!

イメージ

外壁の下塗りを開始しました。サイディングボードの凹凸に塗料がきちんと密着するように、上下左右にローラーを動かしながら塗り広げていきます。

イメージ

下塗りが完了しました。既定の時間を置き、しっかりと乾燥させます。

軒天の下塗り

イメージ

軒天(のきてん)の下塗りをおこないます。軒天とは、軒の天井のことを言います。軒天にも、フッ素が含まれている塗料が塗られているので、外壁と同じようにプレミアムSSシーラープライマーを塗っていきます。

イメージ

下塗りが完了しました。乾燥させてから、軒天用の塗料で上塗りをおこないます。軒天の上塗りのようすは、次のブログで紹介します。
このページの下部の関連ページから確認できます。

外壁の上塗りをおこないます

イメージ

上塗りに使用するのは2液型の塗料、超低汚染リファインです。
この塗料にも、紫外線で分解されない成分の「無機質」という成分が含まれています。

イメージ

無機質が配合されていない場合は、紫外線によって、塗料が分解され、触ると粉が付着するチョーキングがおこります。
超低汚染リファインは、無機質のおかげで紫外線による劣化が起こらず、親水性の高い塗膜と維持することができます。
写真は、1回目の上塗り作業です。

イメージ

刷毛を使って狭い部分や細かい部分を先に塗ることを「だめ込み」と言います。だめとは施工不良のことで、施工不良を起こさないように先に塗り込むのでだめ込みというそうです。

イメージ

2回目の上塗り作業中の写真です。下塗りの時と同様に、ローラーを上下左右に動かしながら塗り広げていきます。
しっかり塗れていなければ、どんなに優れた塗料でも、本来の機能を発揮できません。

イメージ

外壁の塗装が終わりました。
超低汚染リファインの特徴である、劣化に強く、雨で汚れが流れ落ちるキレイが続く外壁に仕上がりました。

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...