土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

ブログ

龍ヶ崎市:劣化したシーリングを撤去・剥がれてしまったボンドブレーカーも貼り直します!

更新日 : 2021.05.22

シーリングの打ち替えをおこないます

イメージ

施工前のシーリングのようすです。サイディングボードの目地に十字にシーリングが打ってあります。写真の下の方のシーリングにひび割れが起きているのが分かりますね。

シーリング打ち替えの流れ

基本は下記の流れで施工をおこないます。

劣化しているシーリングを撤去 → 養生 → プライマー塗布 → シーリングの打ち込み → 押さえ → 完了

イメージ

劣化して硬くなったシーリングを撤去していきます。撤去にはカッターを使用し、外壁にキズを付けないように慎重に作業を進めていきます。

イメージ

シーリングの撤去が終わったら、養生をおこないます。養生は、目的以外の場所に塗料などの付着を防ぐため、テープやビニールで覆い守ることです。サイディングボードの目地の左右をテープを使って養生している写真です。

イメージ

シーリングを撤去して際に、剥がれてしまったボンドブレーカーテープを貼りなおしていきます。ボンドブレーカーは、シーリングを長持ちさせる2面接着のため貼られています。

イメージ

では、ボンドブレーカーテープについて説明します。
シーリングは柔軟性があり、地震などの振動でサイディングボードが同士が擦れないための緩衝材としての役割もあります。
図の左側の2面接着では伸縮に対応し、剥がれ難いシーリングができます。右側の3面接着の方が強そうに見えますが、奥の外壁と接着しているため、シーリングが充分に伸縮できず、剥がれやすいシーリングとなってしまいます。

イメージ

今度は、目地にシーリングの密着性を高めるため、下塗り剤であるプライマーを塗っていきます。

イメージ

シーリングを打ち込んでいきます。ここでは空気が入らないように気をつけながら作業をおこなっています。

イメージ

打ち込んだシーリングを押さえ均していきます。入ってしまった空気を押し出すことと、外壁と高さを同じにするためにおこなう作業です。

シーリングバッカーとは、目地の高さを調整する材料です。深い目地を全てシーリング材を使用し、埋めていこうとするとコストかかさんでしまいます。耐候性・耐久性の高い調整材を入れることで、低コストで、シーリングの質を落とさないようにすることができます。

イメージ

シーリングバッカーを詰めている写真です。高さを調整するための材料「シーリングバッカー」を目地に入れ、シーリングを打つことで、コストをかけず、質を守ることができます。

イメージ

2面接着にするため、シーリングバッカーものボンドブレーカーテープを貼っていきます。

イメージ

プライマーを塗布し、シーリングを打ち込んでいきます。

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...