土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

雨漏り補修

雨漏り補修とは

雨漏り修理は、雨漏りを応急処置で止めるだけではなく、原因と被害状況に合わせて行います。
雨漏りの原因は屋根だけではなく、外壁や内装にまで範囲が広がっていることもあります。
これらを素人が行うのは難しいため、専門知識を持った業者に依頼することをおすすめします。

雨漏り補修

雨漏りが起こったらまず何をしたらいいの?

バケツやタオルなどを使って、雨水が床などを濡らさないように対応します
バケツやタオルなどを使って、雨水が床などを濡らさないように対応します

雨漏りに気づいたときに最初にすべきことは、室内での被害を最小限に抑えることです。バケツなどの容器や吸水性のあるタオルなどをしいて床への水の侵入を阻止しましょう。

雨漏り箇所の写真を撮っておきます
雨漏り箇所の写真を撮っておきます

業者による雨漏りの調査でもっとも苦労するのは、水の伝った跡を探すことです。雨漏りの原因を突き止めないと修理ができないためです。そのため、業者がすぐに身に来れない場合、水の伝っている道を辿ってそれぞれの場面を写真に納めておくことをお勧めします。業者が現地調査しに来たときに雨漏りした部分が乾いていると、原因の特定に時間が書かk理ますが、もし当日の写真が有れば、よりスムーズに原因の特定と対策が取れるようになり、結果として費用逓減につながります。さらに、雨漏りの原因によっては火災保険が適用されます。その際に写真があると申請をスムーズに行うことができます。

雨漏りの検査を行って原因を突き止めます
雨漏りの検査を行って原因を突き止めます

雨漏り修理は、雨漏りを応急処置で止めるだけではなく、原因と被害状況に合わせて行います。修理の対象は屋根だけではなく、外壁や内装にまで範囲が広がることもあるからです。これらを素人が行うのは難しいため、専門知識を持った業者に依頼しましょう。

自分で補修できないの?

雨漏りの原因自体を直すことは、専門の業者でないとかなり難しいです。
コーキングで穴をふさぐなど、簡単に対応できるケースもありますが、大きな問題が原因であった場合小手先の対応が余計に問題を大きくしてしまうこともあります。
建築の専門知識を持たない方であれば、当初は応急処置にとどめ。専門家の意見を聞くことをお勧めします。基本的な流れとしては、雨漏りしている場所を特定して、その部分をコーキングして塞いでしまえば雨漏りは簡単に止まります。このように作業そのものはとても簡単ですが、難しいのは、どこが雨漏りの原因なのかを突き止めるということです。

自分で補修できないの?

どうやって業者を選べばいいの?

雨漏りしている箇所で依頼する業者を分けるべし!

家が2階建ての場合には、2階が雨漏りしている場合と1階が雨漏りしている場合とで、修理依頼する業者を分けましょう。
2階が雨漏りしている場合は屋根に問題がある可能性が高いため、依頼する相手は屋根屋さんや瓦屋さんです。家を建てたときの屋根屋さんや瓦屋さんが分かる場合にはそちらに連絡してください。もしどの業者なのか分からないという場合には、全瓦連に登録されている優良な業者への依頼がおすすめです。
1階が雨漏りしている場合は、雨漏りの原因が屋根以外であることが考えられます。この場合には屋根屋ではなく、雨漏りの補修を専門的に行っている業者に依頼しましょう。どこから雨が侵入しているかをきちんと見極めて、それに応じた対応をしてもらえます。
依頼する業者を間違えてしまうと、雨漏り箇所の特定ができないまま補修を行ってしまし、結果的に雨漏りが止まらないということがよくあります。業者の選択を間違えると、余計に費用がかかってしまうケースがありますので、気をつけましょう。

専門の資格がある業者に頼むべし!

雨漏りの経路がわからず、業者選びが難しいようであれば、雨漏り検診士もしくは建築板金基幹技能者の資格を持った作業者のいる雨漏り修理業者を選ぶようにしましょう。
建築板金基幹技能者は屋根や外装についてのスペシャリストですので、雨漏りの原因が分からないまま工事をするというような、杜撰な対応をすることもないため安心して依頼できます。
雨漏り検診士は雨漏りに特化した資格で、雨漏り工事の実績と経験がある証でもあります。この資格を所有している業者に依頼すれば、雨漏りが止まらないというようなトラブルも回避しやすくなります。 業者をうまく探せないという場合の基準として、いずれかの資格を持った作業者のいる業者を選んでください。

アフターフォローが充実している業者に頼むべし!

資格を保有している業者が近くにない場合は、雨漏りの修理のアフターフォローを設定している業者を選びましょう。
どんな腕のいい職人さんでも、雨漏り修理を完璧に仕上げられるとは限りません。修理で直しても、思わぬところから雨水が侵入してくる可能性があるので、優良な業者の多くが特定の期間の無料補修保証を付けています。 一方で悪徳修理業者の場合は、修理をしたらそれ以降のサポートは有料になり、それどころかお金を払っても再修理してくれない業者もいますので、お気をつけください。