石岡市・小美玉市・かすみがうら市・土浦市の外壁塗装、屋根塗装は霞美装へお任せください

ブログ

かすみがうら市でシーリングの打ち替え!サッシ周りの増し打ちとの違いは?

更新日 : 2022.11.01

こんにちは!霞美装です!

土浦市周辺で屋根塗装・外壁塗装のほか、雨漏り修理もおこなっています。

今回もDIY好きなお客様宅でおこなった工事の様子をご紹介していきます。

前回は外壁シーリングの打ち替えについてでした。

今回はシーリングの打ち替えと増し打ちについてお伝えしていきますね(^o^)

 

シーリングは打ち替え?増し打ち?

かすみがうら市のDIY好きなお客様のお家です。

お家を大切にされていたお客様のお気持ちにお応えできるよう、丁寧な施工を心がけていきました。

今回はシーリングの打ち替えと増し打ちです。

ちょうどサッシ周りでどちらもわかりやすい箇所がありました。

写真では打ち替え部分の古いシーリングを撤去して、プライマーを塗布しているところです。

 

打ち替え部分は古いシーリングを撤去してプライマーを塗布
打ち替え部分は古いシーリングを撤去してプライマーを塗布
増し打ち部分へプライマー塗布
増し打ち部分へプライマー塗布

プライマーは、シーリング専用の接着剤のようなものです。

シーリングを打ち込む際に、プライマーを塗布するのとしないのとでは、耐久に大きな差が出てきます。

費用が安いからといって、大切な手順を省かれていないかどうか、きちんと確認をしていきましょう。

さて、かすみがうら市の外壁塗装現場。

サッシ周りは、古いシーリングを取らずに、そのままプライマーを塗布していますね。

これが増し打ちです。

シーリングをそのままに、新しいシーリングを重ねていきます。

増し打ちのメリットとしては、費用が抑えられることです。

デメリットは、耐久性が打ち替えよりも劣ることです。

費用がかからないならば、全部増し打ちのほうが・・・とよぎると思います。

 

シーリング増し打ち
シーリング増し打ち

 

ではひとつ問題です。

 

かすみがうら市の外壁塗装現場は、外壁シーリングはひび割れてカチカチの状態でした。

あのまま新しいシーリングを打ち込んだときと、全て撤去していちから新しいシーリングにしたとき

大きな揺れが来たときに、どちらが外壁同士がぶつかって破損が起こりにくいでしょうか?

 

 

こたえは後者、全て新しいシーリングにした「打ち替え」の方です。

打ち替えと増し打ちは、シーリングの劣化具合にも左右されます。

 

現地調査でもサッシ周りのシーリングはダメージが少なかったですね。

基本、サッシ周りは増し打ち、その他は打ち替え、とみておくといいと思います。

 

ヘラで押さえていきます
ヘラで押さえていきます

かすみがうら市の外壁塗装現場、サッシ周りの増し打ちをおこなっています。

新しいシーリングを打ち込んだら、ヘラで均していきます。

撤去したシーリングはこのように、一箇所にまとめて現場を綺麗に保つよう心がけています!

 

撤去した古いシーリング
撤去した古いシーリング

シーリング:ビフォアアフター

増し打ち前
増し打ち前
増し打ち後
増し打ち後

かすみがうら市でおこなったシーリング、サッシ周りの増し打ちが完了しました!

経年劣化でシーリングは痩せていきますので、外壁塗装のタイミングでシーリングのメンテナンスも合わせておこないます。

 

増し打ち前
増し打ち前
増し打ち後
増し打ち後

こちらは外壁の色が変わる1階のシーリングです。

お客様がご自身で直された部分も、一度撤去して新しく打ち直していきました。

塗装のタイミングで防水性を高めていきましょう。

 

霞美装は「家のかかりつけ医」を目指しています!

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 小美玉市:築24年の一戸建て塗装工事!色褪せしにくいマックスシールド1500SI-JYで付帯部を塗り替え!

    小美玉市:築24年の一...

  • 【コラム】石岡市で令和6年度リフォーム支援事業費補助金が始まります!

    【コラム】石岡市で令和...

  • 石岡市の屋根塗装現場で霧除け塗装。小さな屋根にも遮熱塗装で快適に!

    石岡市の屋根塗装現場で...

  • 石岡市で築40年のモルタル外壁塗装。遮熱塗料で家を守る塗膜が出来上がりました

    石岡市で築40年のモル...