土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

ブログ

つくば市で室内リフォーム、和室を洋室に!クッションフロアのメリット・デメリット

更新日 : 2021.04.19

つくば市の空き家再生現場、今回は室内リフォームです。

床下地にクッションフロアを貼り付けていきます。

クッションフロアのメリットとデメリットについてもご紹介していきます!!

床下地にクッションフロアを貼り付け!

イメージ
イメージ

つくば市の空き家再生現場、こちらはもともと和室のお部屋です。
今回は一階の居室にクッションフロアを貼っていきます。

まずはクッションフロアを貼る前の様子です。

他の大まかな工事が完了したので荒床(床下地)にパテ処理をおこないます。

通常のフローリングだと、合板やパーティクルボード、無垢材等を使用するので
パテ処理は必要ありません。

しかしクッションフロアの場合では、クロス同様にパテ処理をして荒床(床下地)を平らに仕上げていきます。

柔らかい素材なので、凹凸があると歩いたときにデコボコしちゃいますからね。

イメージ
イメージ

つくば市の空き家、和室から洋室にリフォーム中。

床のパテ処理が完了しました。

パテ処理をおこなわないと、ビスや釘の穴、荒床(床下地)の繋ぎ目が浮き出てしまったり、歩いた際に段差を感じたりと仕上がりに不具合が生じます。

そのため必ずパテ処理をおこない、平らにしてからクッションフロアをはります。

イメージ

床のパテ処理がおわり、クッションフロアを貼っていきます。

写真は糊を塗布しているところです。

クッションフロアを貼るには専用の糊があります。

荒床(床下地)に塗布した後は、オープンタイム(待機時間)をとります。

オープンタイムとはすぐに貼らずに放置しておく時間のことです。

このオープンタイムを取らないと接着ができませんので注意が必要です。

イメージ
イメージ

つくば市空き家の室内リフォーム、クッションフロアが貼り終わりました!!

クッションフロアを貼る際は専用の道具がいくつか必要なので、DIYでおこなう場合は、道具代がはじめにかかります。

フローリングにするか、クッションフロアにするかによっても、施工する業者が違う場合がありますが、

街の外壁塗装やさん つくば土浦店 ではどちらでも対応できますので、お気軽にご相談ください。

クッションフロアのメリット・デメリット

トイレや洗面に使用されることの多いクッションフロアですが、
居室に使用するメリットもたくさんあります!!もちろんデメリットもあります。

メリット
・フローリングより価格が安い
・ビニール素材なので耐水性があり汚れも落としやすい
・フローリングよりバリエーションが豊富
・柔らかいので凹み傷がつきにくい


デメリット
・重い家具を置くと凹み痕が取れなくなる。
・経年劣化による変色やひび割れが気になる(使用状況によります)
・熱に弱い


どんな素材もメリット・デメリットはあります。

ご予算や生活スタイルにあった材料を選択することをオススメします。

悩んだときには 街の外壁塗装やさん つくば土浦店 にご相談ください(^o^)

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...