土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の外壁塗装は霞美装へお任せください

ブログ

ウッドデッキテラスの屋根を交換。ポリカーボネート波板の交換時期は?

更新日 : 2021.04.19

つくば市の空き家をリフォームしています。

今回はウッドデッキテラスの上部、屋根にあったポリカーボネート波板の交換をおこないます。

ポリカーボネートとはなにか、交換時期はどれくらいか、身の回りにある意外なものにも使われているなんてこともお伝えしていきます。

その他、ベランダの手すり塗装、玄関屋根と玄関周りの塗装についてもご紹介してます。

ポリカーボネート屋根を交換、ウッドデッキが明るくなります!

ウッドパネルと屋根の骨組み
古いポリカーボネートを撤去します
取り外された屋根部分のポリカーボネートが並ぶ
撤去したポリカーボネート

つくば市の空き家再生現場の一階テラス(ウッドデッキ)屋根の交換です。

写真の工事看板には「倉庫」と書かれていますが、
住宅部分のテラス(ウッドデッキ)部分になります(^^;)

庇の下地に使用されている木材は一部カビが発生し
傷んでいたので交換しました。

屋根部分のポリカーボネート波板、もともとは半透明でしたが、
汚れや日焼けにより変色してしまっています。

新しく貼られたポリカーボネート、上からの写真
新しく貼り直しました
ポリカーボネート下からの写真
くすみもなく光が届きます

新しいポリカーボネート波板を貼った状態です。

勾配は住宅本体の雨樋に向かって流れるように貼っています。

変色してしまっていて暗くなってしまっていたウッドデッキテラスでしたが、
しっかりと光も入るようになりました!!

ベランダ手すり塗装!

白く塗られた手すり
金属部分は錆止め塗装します
白い手すりがベージュ色に塗られていく
ベージュでイメージチェンジです

つくば市の空き家再生現場の2階、ベランダ手すり塗装です。

手すりは鉄製ですのでケレン作業でサビや古い塗膜を落としてから
サビ止め塗装をおこないます。

鉄製は強度こそありますがサビが発生してしまいます。
特に切断面や溶接面(接合部)は熱が加わりサビが発生しやすく、
築年数が経過した物件はサビていることが多いためしっかりとケレンをします。

仕上げは薄いブラウン系の色で仕上げました。

玄関周りも綺麗になりました!

玄関の軒、白い下地が緑に塗られていく
錆止めを塗った屋根に上塗り
玄関塗装、白く塗られ明るくなった
玄関まわりも白く明るくなりました

つくば市の空き家再生現場の、玄関屋根(庇)塗装と玄関ポーチの塗装です。

玄関庇は板金屋根なので、下塗りもサビ止め塗装をしています。

玄関ポーチの塗装は軒天の塗装と同様に塗装していきます。

玄関ドア等は塗料が付着しないようにマスカーという養生材で
保護して塗装していきます。

ポリカーボネートってどんなもの?交換時期は?

ポリカーボネートはドイツで開発された素材です。
身近なところでいうとDVDのディスクポリカーボネートでできています。
(記録媒体部分は別です。)

特徴としては耐衝撃性、耐熱性、難燃性、寸法安定性が高いこと。
特に耐衝撃性は通常のガラスに比べ250倍以上とも言われます。

その特徴から航空機、自動車、医療機器、防弾ガラスの素材として
幅広く使用されている優秀な素材で、住宅でも長く使われて来ました。

デメリットは薬品耐性が低く、接着材やアルカリ性の洗剤、溶剤に非常に
弱い点。
引張強度を超えると白化する、硬度は低く鉛筆のHB程度で
硬いブラシを使用すると傷がついてしまうといった点があります。

ポリカーボネート平板やポリカーボネート波板は価格も安価で
施工もしやすいため選びやすい素材です。

耐用年数は約10年です。

透明だったポリカーボネートが、透明性が低下したり、黄ばんだりしていると劣化している状態です。

劣化が進むと、破損しやすくなります。

台風など飛来物による破損を防ぐためにも、劣化してきたなと思ったら交換や撤去の検討をするとよいでしょう。

 

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市築25年のスレート屋根。雨漏り原因になる棟板金の隙間を補修

    石岡市築25年のスレー...

  • 石岡市で外壁塗装、塗装前にシーリングの打ち替えで雨漏りに強い家に

    石岡市で外壁塗装、塗装...

  • 石岡市の外壁塗装現場で養生、工事交換日記チラ見せ!

    石岡市の外壁塗装現場で...

  • 石岡市で軒天塗装。マルチエースでカビに強い塗装を!

    石岡市で軒天塗装。マル...