土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の外壁塗装は霞美装へお任せください

ブログ

つくばみらい市の雨漏りをサーモグラフィー調査でみていきます

更新日 : 2021.04.22

つくばみらい市のお客様より、雨漏りのご相談がありました。

現地調査で建物の状態を確認していきます。

雨漏りの場合は、通常の現地調査と同様に調査をおこないます。

ある程度雨漏りの箇所を狭めた上で、更に散水調査をおこない雨漏り箇所の特定をしていきます。

今回はサーモグラフィー調査の様子です!

サーモグラフィー調査!

つくばみらい市で雨漏りにお困りのお客様の現場調査です。

今回は赤外線サーモグラフィーを使った調査の様子をご紹介していきます。

※こちらのつくばみらい市の現場ではお客様のご要望により全景写真をお出ししていません※

外壁の写真、一見何も問題ないようにみえる
こちらの外壁をサーモグラフィーでチェック
サーモグラフィーの画像、外壁の一部が青くシミが広がっている
青い箇所は温度が低くなっている=水分を含んでいる

つくばみらい市の雨漏り調査現場、外壁の赤外線サーモグラフィーの様子です。

外壁は窯業系サイディングでした。
前回のブログでも書いたとおり、外壁端部に細かい欠けやひび割れが確認されていました。

右の写真が通常の写真、左の写真がサーモグラフィーで撮影した写真です。
青い部分は温度が低い部分です。

中心付近が全体的に青く写っていますが基礎の部分は温度が高くなっています。
これは壁内結露や雨漏りでサイディングが水を含んでいることで温度が下がっています。

室内写真、カーテンレールと窓
室内でも確認をします
窓の部分だけ青くほかは中間値の黄色
窓の部分だけ温度が低くなっています

こちらはサッシのコーキングが切れてしまった箇所を内部から撮影したものです。

通常の写真では雨漏りしているようには見えません。

サーモグラフィーで撮影すると他の内部壁と比べ温度が低いことがわかります。
内部は雨漏りしている可能性が否定できません。

サッシはアルミで温度が低いため青く移ります。

室内写真、天井の壁紙が少しめくれている
壁紙の合わせ目がめくれています
サーモグラフィー画像、薄っすらと青が広がっている
窓と同じだけ青が広がり水を含んでいるのがわかります

つくばみらい市の雨漏りサーモグラフィー調査。
こちらもサッシまわりを内部から撮影した様子です。

クロスの痛みが見てとれます。
サーモグラフィーで上の写真と比べてみても更に温度が低くなっています。
内部で雨漏りが発生しているものと見て間違いないようです。

クロスにカビが発生していないことから、内部にカビが発生している可能性は低いと思われます。

雨漏りは被害が拡大する前に、早急に修繕する必要があります。

内部に関しては腐食、カビ等の被害がない場合はクロスの張替えだけと希望されるお客様もいらっしゃいます。

その際は防カビ材を塗布してからクロスを貼りますが、将来的に腐食やカビが出てくる可能性があります。

もう雨漏りで悩みたくない!という方は、やはり雨漏り原因の根本から修繕していくことをオススメいたします。

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市築25年のスレート屋根。雨漏り原因になる棟板金の隙間を補修

    石岡市築25年のスレー...

  • 石岡市で外壁塗装、塗装前にシーリングの打ち替えで雨漏りに強い家に

    石岡市で外壁塗装、塗装...

  • 石岡市の外壁塗装現場で養生、工事交換日記チラ見せ!

    石岡市の外壁塗装現場で...

  • 石岡市で軒天塗装。マルチエースでカビに強い塗装を!

    石岡市で軒天塗装。マル...