土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

ブログ

つくばみらい市で雨漏り発生!雨漏り原因を散水調査でみつけていきます

更新日 : 2021.04.25

つくばみらい市で雨漏りに悩まされているお客様からのご依頼です。

現地調査をおこない、雨漏り箇所をある程度狭めた上で 散水調査 をおこなって雨漏り原因を特定していきます。


散水調査はご契約後におこなうこととなります。

つくばみらい市のお客様にもしっかりと内容を吟味していただき、ご契約をいただきました。

雨漏り原因を特定!散水調査開始

イメージ
イメージ

つくばみらい市のベランダ防水です。

防水の立ち上がり部分に隙間があるようで雨漏りの原因となっている可能性が高いので散水調査をおこないました。

イメージ
イメージ

つくばみらい市、ベランダ下のサッシ周りです。

目視ではなんとも無いようにみえますがサーモグラフィーを使用すると温度が下がっています。
内部で水が溜まっているものとおもわれます。

放置するとサッシまわりの木材やクロスにカビが発生したり腐ったりしてしまい大きな被害に発展してしまう恐れがあります。

イメージ
イメージ

こちらもサッシ周辺の写真です。

クロスも剥がれて痛みも激しい状態です。
下地の合板にもシミができています。

サーモグラフィーでみても温度が低いのがわかります。
照明も近くにあるので漏電による火災が心配です。

イメージ
イメージ

つくばみらい市の雨漏り現場、別の角度から見た写真です。

合板にできた雨染みがよく分かります。

サーモグラフィーでもかなり温度が下がっています。
水を吸ってしまっているのが良くわかります。

散水調査でもわからないことってあるの?

散水調査は雨漏りで良く使われる手法です。
ですがこれでも特定できない雨漏りも実際にあります。

その例としては、
台風などの吹き込みが原因で、普段雨水が流れない方向に流れてしまって雨水が侵入する場合です。

これは一過性の雨漏りになりまが、通常の雨漏りと違い緊急性はありません。
ですが発生した場合には念のため調査をしたほうが良いでしょう。


もうひとつが雨水の経路が複雑過ぎて、長時間の雨で起こる雨漏りと毛細管現象による雨漏りです。

実際に室内で雨漏りに発生するまでかなり時間がかかるうえ、雨漏りの原因特定が非常に困難になります。

実際に毛細管現象の雨漏りが10年解決できずにご相談にきたお客様もいらっしゃいました。

街の外壁塗装やさん つくば土浦店では、雨漏り鑑定士の資格を持ったスタッフをサーモグラフィーと散水調査を併用して調査するため、壁内の様子も調査し特定でき修繕することができました。

突然の雨漏りや長年解決できていない雨漏りがありましたらお気軽にご相談下さい!

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...