土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

ブログ

土浦市マンションで外壁シーリング打ち替え!タイル外壁もシーリングの打ち替えは定期的に!

更新日 : 2021.05.20
イメージ

土浦市のマンション屋根塗装・外壁補修をおこないました。

今回はその中から外壁のシーリング工事の様子をご紹介します。

サッシ周りシーリング

イメージ

土浦市マンション、外壁タイル サッシ周りのシーリング工事の様子です。

サッシ周りは入隅なのでシーリングを増し打ちで施工します。

入隅は打ち替えは雨漏りの危険があります。
既存のシーリングに接着不良などがなければ、
増し打ちの方が雨漏りの心配がありません。

またサッシ周りには内部に防水テープが貼ってあり、
シーリングを撤去する際に傷つけてしまうことがあります。

このようなリスクを回避するために増し打ちで施工することが多くなります。

イメージ
イメージ

土浦市マンションのシーリング工事、外壁タイル目地のシーリング部分です。

左の写真はシーリング撤去の様子です。

シーリングにカッターを入れて除去していきます。


右の写真はプライマーを塗布している様子です。

プライマーは外壁材とシーリングの密着性を上げる接着材の役割です。

イメージ
イメージ

土浦市マンションのタイル外壁シーリング打ち替え工事。

新しいシーリングを打ち込んでいきます。

右の写真は専用のガン(鉄砲みたいな道具)を使用して充填します。

外壁面より少し膨らむように充分な量を充填し、
押さえの際に外壁とシーリングの隙間、内部に隙間ができないようにします。


右の写真は充填したシーリングの押さえ作業の様子です。

押さえることで内部まで隙間なく充填できます。

表面も慣らされて平らになり綺麗に仕上がります。

タイル外壁はシーリング使うの?

タイル外壁はメンテンスフリーといわれています。

ですが、それはタイル外壁の本体のお話です。

タイル外壁には目地と呼ばれるモルタルを使った繋ぎ目、
シーリングを使った目地、サッシ周りなどのシーリングがあります。

タイル以外の材質の部分は定期的なメンテンスが必要になります。

何故タイルにシーリングを使うのかというと、耐震性のためです。

シーリングは緩衝材の役割をするので建物が揺れた際、
タイルに負荷が掛かり難くなり、ヒビ割れを防止します。

定期的なメンテンスをおこなうようにしましょう。


外壁に関してご不安やご質問がありましたら、お気軽にご相談ください。

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...