土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

ブログ

土浦市・外壁のひび割れの補修と軒天・破風板は木目を生かした塗装をおこないました

更新日 : 2021.07.01

築24年の和風住宅の軒天・破風板の塗装をおこないます。前回の塗装から10年以上が経ち、メンテナンスの時期が来ていました。外壁にはクラック(ひび割れ)ができ、放置すると雨漏りの原因になるので、補修が必要になります。
軒天と破風板は木製なので、高圧洗浄をおこなわず、換気口カバーを外し、水拭きをおこないました。
それでは、外壁の補修のようすと塗装のようすをご覧ください。

外壁の補修をおこないます

イメージ

外壁のクラック(ひび割れ)の補修をおこないます。
補修剤はこちらのスムースエポを使います。

イメージ

クラック(ひび割れ)の中に詰まっている埃などをカッターを使い取り除いていきます。このとき、刃で外壁をキズつけないようにしています。埃が詰まっていると、クラックの中をスムースエポで満たし、クラックを埋めることができません。

イメージ
イメージ

スムースエポをクラックに注入していきます。このスムースエポにお優れている点は、クラックに対しUカット・Vカットをせず直接注入することができることです。クラックの幅を広げさせないので、補修跡がほとんど目立ちません。

下塗りをおこないます

塗料の紹介と軒天の下塗り

イメージ
イメージ

軒天(のきてん)は木目を生かすため、クリア塗料のUVクリヤープライマーを下塗りに使用します。左の写真は使用するUVクリヤープライマーですが、2つの缶がありますね。2つを混ぜ合わせることによって、UVクリヤープライマーになります。このように2つの材料・主剤と硬化剤を合わせて使用する塗料のことを2液型の塗料と呼ばれています。

破風板の下塗り

イメージ
イメージ

破風板(はふいた)の下塗りをおこないます。破風板も軒天と同じUVクリヤープライマーを使用します。
2液型の塗料は、一般的に硬化するまでの時間が早いので、作業時間を短くすることが可能です。また耐久性が高く丈夫な塗膜を形成することができます。

軒天上塗りの塗料と塗装開始

イメージ

軒天と破風板の上塗りに使用するのは、無機UVクリヤーコートです。この塗料には無機という成分が配合せれています。無機は紫外線で劣化を起こさないので、強い塗膜を維持し、汚れが付きにくくなります。

イメージ
イメージ

無機UVクリヤーコートをローラーで塗り広げていきます。左の写真は上塗りをおこなっているようすです。右は上塗りが終わった軒天の写真です。上塗りの作業中からツヤがでて、景色を反射してしているように見えますね。
軒天も破風板も木目を生かし、光沢のある塗膜が完成しました。

破風板の上塗り

イメージ
イメージ

こちらは破風板の上塗りのようすです。破風板は横樋が付いている箇所もあるので、塗り残しがないように気を付けながら作業を進めていきます。

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...