土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

ブログ

つくば市・軒天は防カビのケンエースG-Ⅱで雨樋は省エネ効果のスーパーシャネツサーモで塗装!

更新日 : 2021.09.22

【施工の状況】
前回、外壁のクラック(ひび割れ)とシーリングを打ち直しをおこないました。次に始まる軒天や外壁の塗装のために養生をおこないました。
それでは、詳しい軒天と雨樋の塗装のようすをご覧ください。

軒天の塗装を開始します

イメージ
イメージ

これから塗装を始める場所は、軒の天井で(のきてん)と呼ばれている部分です。軒天は湿気が溜まりやすく、カビが生えやすいところです。そこで、使用する塗料はケンエースG-Ⅱです。この塗料は強い防かび・ヤニ止め性・しみ止め効果があります。

イメージ
イメージ

軒天の塗装を開始します。軒天はケンエースG-Ⅱを2回塗り重ねます。塗装では、細かい所を先に塗ります。この事をダメ込みといいます。塗り忘れを防ぐためです。軒天もダメ込みをおこないから、広い範囲を塗ります。
写真は1回目の塗装のようすと塗装が1回目の塗装が完了したところです。

イメージ
イメージ

2回目の塗装のようすです。1回目は塗装した場所としていない部分の見た目が違うので、塗り忘れはありませんが、2回目は同じ塗料を使用しているので、注意深く塗装をおこなう必要があります。軒天の塗装をおこなう際は、床に養生をしています。

雨樋の塗装

イメージ
イメージ

雨樋の施工をおこないます。塗装を始める前にケレン作業をおこないます。ケレンとは、下地調整のことです。右の写真は、ケレン専用の器具を使用し、雨樋に塗料が密着しやすい状態にしているところです。
主に素地を滑らかな状態に整えますが、金属などではサビを落とし塗料がより密着するように細かい傷をつけることもあります。

イメージ
イメージ

雨樋に使用するのは、スーパーシャネツサーモです。特殊無機顔料を使用することにより、日差しを反射することができます。室内の温度を上昇させる赤外線を効率的に反射するので、省エネ・節電・光熱費削減など環境にも家庭にも優しい塗料です。
右の写真のように、刷毛を使い塗り広げていきます。

イメージ
イメージ

1回目の塗装が完了しました。もう一度スーパーシャネツサーモを塗り重ねるために、既定の時間乾燥させます。
右の写真は、ローラーを使用し、塗り広げているようすです。

イメージ

施工が完了した雨樋です。
雨樋の塗装は必要ないと思われる方もいらっしゃいますが、新しく塗装することで雨樋自体の劣化を緩やかにし、今ある雨樋を長く使用することができます。
【塗装は色を変えるだけじゃないんです】
塗装って色を変えてるだけじゃないの?と思ってる方、いらっしゃいませんか?塗装はそれだけじゃないんです。様々な塗料が開発されているので、今回使用した、ケンエースG-Ⅱのように、防カビなどの優れた機能を兼ね備えた塗料がたくさんあります。金属には、サビに強いもの、温度上昇を抑えるもの、木部には、防カビや防腐効果のあるもの、紫外線や風雨に強く、汚れが落ちやすいものなど、多岐に渡ります。
塗り替えの際に、どんな効果のある塗料を使用したいかで、塗料を選択することも可能です。是非、お気軽にお問い合わせください!

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...