土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

ブログ

土浦市塗装現場!倉庫の板金屋根を塗り替え、すべての工事が完了しました!

更新日 : 2021.09.29

瓦屋根棟漆喰補修工事!

イメージ

瓦屋根の棟補修を行っていきます。
高温で焼成した瓦屋根自体は破損がない限りは塗装や補修はいりませんが、その屋根を支える棟の漆喰は経年劣化で痩せていってしまうので、都度チェックし補修します。
棟瓦は屋根全体を押さえる役目があります。
しっかり漆喰で抑えることで強風でも飛ばされないようにしていきます。

イメージ

漆喰は棟瓦の下にあるので、剥がして補修します。
この基礎がしっかりしていると台風の季節でも安心です。

イメージ

もう一度棟瓦を葺き直して完了です。
棟瓦と屋根瓦の隙間がしっかりと確保されました。

倉庫屋根塗り替え!

イメージ

倉庫の屋根も塗装します。
こちらは母屋の屋根とは違い、金属板を曲げて作った折板屋根でした。
表面に浮かんだサビをケレン処理で落としていきます。

イメージ

まずはサビ止めを塗っていきます。
板金屋根は金属製なので、サビが発生してしまいます。
そのまま放置してしまうと腐食が進み穴が開いてしまうこともあるのでしっかり防サビ塗装します。

金属部材にはサビ止めを!

金属部材は空中や水中の酸素と結びつくと、酸化という化学反応を起こします。
この、酸化という反応によって酸化鉄などのサビが生まれ、金属部材がボロボロになってしまうのです。
ボロボロに腐食した金属は、穴が開くなど、甚大なトラブルを引き起こします。
金属をサビから守るためには、酸素をシャットアウトすることが必要なのです!
そのために、金属部材には、エポキシ樹脂系のサビ止めを塗って、下地を保護する必要があるのです!

イメージ

防サビ塗装が完了しました!

イメージ
イメージ

サビ止めが乾燥したら2度トップ剤を塗っていきます。
こうして仕上げの塗料を重ねて塗ることで、金属下地をしっかり保護します。

外壁補修&タッチアップ

イメージ
イメージ

外壁にあいた排気口にもカバーをしていきます。

イメージ

最後、家屋全体をチェックして塗り残しや傷などがないかチェックして行きます。
塗り残しなどを見つけたら、タッチアップをおこなって補修します。

イメージ

これですべての工事が、完了しました!

イメージ

艶のある塗膜が蘇りました。
耐用年数が15年以上ある塗料を塗って行ったので、施主さまのご要望どおり、きれい長く続くでしょう。
今回の工期は約1ヶ月です。

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...