土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の外壁塗装は霞美装へお任せください

ブログ

歪んでしまった雨樋は交換し高耐候性のマックスシールドで塗装しました

更新日 : 2023.01.10

こんにちは、霞美装です。
つくば市の軽量鉄骨造スレート葺のアパートの雨樋の施工のようすを紹介します。

前回までで、屋根・シーリングの打ち換え・外壁、軒天、破風板の塗装まで紹介しました。

今回は雨樋の施工のようすを紹介します。

アパートの雨樋の一部が交換が必要な状態まで劣化してしまっていました。

その雨樋の交換のようすと雨樋全体の塗装のようすを紹介したいと思います。

雨樋の交換をおこないます

足場から撮影したアパートベランダ側。青空に屋根と足場が見える
写真真中部分の白く伸びるものが雨樋です

霞美装がおこなったアパート塗装。雨樋の交換と塗装をおこないます。

施工前の雨樋です。写真では確認が難しいのですが、劣化して歪んでしまっています。

雨樋のアップ。白い雨樋に黒い部分が見える
洗浄が完了している雨樋。変色している部分は塗膜が剥げた箇所とサビが発生した箇所

霞美装のアパート塗装。

こちらも施工前の雨樋の中の状態です。

黒っぽく変色しているところがありますね。高圧洗浄で汚れは落としているので、塗膜の劣化が見られます。

アパート入口側。雨樋が撤去されている
雨樋を撤去してました

雨樋の交換が必要な部分を全て取り外しました。
雨樋は20年から25年で交換が必要と言われています。

定期的な塗装は、雨樋本体の劣化を守るために必要な工事なのです。

新しい雨樋が設置されたアパートの入口部分
しっかりとした新しい雨樋を設置しました

新しい雨樋を取り付けました。

雨樋は屋根に平行に取り付けられている部分を横樋、屋根と垂直に取り付けられている部分を縦樋と呼ぶことがあります。
横樋も縦樋も交換をおこないました。

雨樋の塗装をおこないます

刷毛で雨樋に塗装をしている様子
雨樋塗装1回目
塗料で艶が出た雨樋
雨樋塗装1回目が完了

雨樋の塗装に使用している塗料は、マックスシールド1500Siです。

この塗料は、主成分のシリコン樹脂が特殊なシロキサン結合をしているので紫外線や風雨などの劣化に強い高耐候性があるいう特徴があります。
左は、細かい部分を刷毛で塗装しているようすと右は1回目のマックスシールド1500Siの塗装が完了した写真です。

雨樋も2回塗りの塗り重ねで完了します。

ローラーで塗装された雨樋
雨樋塗装2回め

規定の時間を置き、乾燥が完了した雨樋に、小さいローラーを使用して2回目の塗装をおこなっているようすです。

塗装が完了し白く美しい雨樋の写真
雨樋塗装2回め完了

2回目の塗装が完了した雨樋です。2回塗り重ねることで塗膜の厚みが増し、マックスシールド1500Siの高耐候性を発揮させることができます。
塗布量を守り塗装が完了したました。

塗装工事は何のためにおこなうのか

塗装と聞くと美観の維持のためにおこなっているような感じがしませんか?

色が褪せたからおこなう工事のように思えますが、色が褪せるのは紫外線や風雨によって塗膜が劣化しているのです。

塗膜は素地が直接紫外線や風雨に当たらないように守っているのです。

今回の雨樋のように塗膜の劣化が進むと、素地が紫外線によって、脆くなったり、歪みが発生したりと多くの影響がでてしまうのです。

 

建物全体で考えると建て替えが必要になる前に、塗装で屋根や外壁が守り、安心して住み続けたですよね。
築10年、前の塗装工事からも15年が経過したら屋根や外壁に変化がないか、プロの目で調査をしてもらうことをおすすめしています。

霞美装では、見積もり・点検・調査報告書の作成は無料でおこなっております。
ご提案書とお見積もり書でじっくり検討ください。

弊社でご依頼いただけない場合でも、もちろん料金は一切かかりません!

 

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 小美玉市、10年ぶりの塗装工事!破風板&雨樋を高耐候性塗料で塗り替え!

    小美玉市、10年ぶりの...

  • 小美玉市の10年ぶりの塗装メンテナンス現場!霧除け庇をマックスシールド1500で塗り替え!

    小美玉市の10年ぶりの...

  • 小美玉市、一戸建て塗り替え工事!家のまわりの塀を塗り替えて約1ヶ月の工事が完了しました!

    小美玉市、一戸建て塗り...

  • 石岡市、築10年の一戸建て住宅の塗装前の現場調査を行います!

    石岡市、築10年の一戸...