土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の外壁塗装は霞美装へお任せください

ブログ

かすみがうら市でスレート屋根の雨漏り防止対策!タスペーサー挿入

更新日 : 2022.11.01

こんにちは(^o^) 霞美装です。

かすみがうら市の屋根塗装現場で、今日は雨漏り防止のためのタスペーサーを挿入していきます。

かすみがうら市のお客様宅の屋根はスレート屋根です。

コロニアル屋根とも呼ばれますね。

スレート屋根の屋根塗装では縁切りと呼ばれる作業が必須です。

雨漏り修理もおこなっている霞美装では、タスペーサーの数も充分に作業をおこなっています!

 

スレート屋根には必須!タスペーサーで雨漏り対策

かすみがうら市のスレート屋根塗装をおこなうまえに、縁切り作業をしていきます。

タスペーサーと縁切りはニアリーイコール。

もともとスレート屋根の塗装をする際には、「縁切り」と呼ばれる作業がありました。

塗装をして乾いた塗膜に、カッターなどで切れ目を入れていくのです。

隙間を開けてしまって大丈夫?と思いますよね。

スレート屋根の屋根塗装の際に開ける隙間は、雨水の逃げ道となり、雨漏り防止のための作業なんです。

この縁切り作業、カッターで作業をすると、時間もかかります。

余計なところを傷つけないように、職人の腕にも左右されますね。

それを解決してくれたのが「タスペーサー」です。

スレート屋根にタスペーサーを挿入
スレート屋根にタスペーサーを挿入
差し込むことで雨漏り防止になります
差し込むことで雨漏り防止になります

こちらは屋根塗装をおこなう かすみがうら市の現場とは別現場の写真ですが

タスペーサーを差し込むところがよくみえていたのでご参考ください。

スレート屋根は、というか屋根瓦はすこしずつ重なって施工されています。

この隙間は空気穴のように、空気が入り込み、また雨水が伝って抜けるようになっています。

塗装をすると塗料でその隙間が塗膜でふさがってしまうんですね。

スレート屋根の雨漏りは、縁切りをしていないためというのが多いです。

 

さあ、縁切りの、タスペーサーの重要性がわかっていただけかたと思います。

写真はタスペーサーが挿入された後なのですが、どこに差し込まれたかわかりますか?

 

タスペーサーを挿入しています。どこでしょうか!
タスペーサーを挿入しています。どこでしょうか!

正解はこちらでした!

霞美装では、スレート屋根瓦一枚に対して2つは必ず使っています。

タスペーサーを差し込んで、隙間がしっかり確保された状態ですね。

これでスレート屋根塗装の雨漏り対策はバッチリです。

雨漏り修理で雨漏り再発件数ゼロ件の霞美装です。

ご心配事がありましたら、お気軽にお声がけください(^o^)

 

正解はこちら!
正解はこちら!
  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • かすみがうら市でALC外壁の家を調査。20年経過して外壁はどうなった?

    かすみがうら市でALC...

  • かすみがうら市で築20年の現地調査。棟板金の釘浮きと隙間に注意!

    かすみがうら市で築20...

  • かすみがうら市で現地調査。スレート屋根のセイバリービスタブラックが苔だらけです!

    かすみがうら市で現地調...

  • かすみがうら市で小さな屋根の霧除け塗装!遮熱効果で夏の暑さを軽減

    かすみがうら市で小さな...