石岡市・小美玉市・かすみがうら市・土浦市の外壁塗装、屋根塗装は霞美装へお任せください

ブログ

土浦市ボロボロのスレート屋根を修繕!下地も腐ってしまっていたので合板から張替えました。

更新日 : 2022.10.07

 

地域のみなさまの 「家のかかりつけ医」を目指していますプロタイムズ 石岡店 土浦神立店 霞美装です!

土浦市・石岡市・かすみがうら市・小美玉市をメインとした茨城県南地域で、

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理など家のお困りごとのご相談を承っております。

 

土浦市にある空き家のリフォームをおこなっています。

余剰塗料を活用してゴミを減らして、空き家を住める状態にすることで地域の活性化を狙います。

今回は雨漏りしていた屋根を直していきます。

 

雨漏り箇所はこちら

土浦市の空き家リフォーム現場、屋根の雨漏り修理の箇所はこちらです。

棟板金が剥がれ下地の木材も腐ってしまっています。

本来板金があった部分はスレート同士の隙間があるので、
そこから雨水が内部に侵入してしまっています。

写真の上部のほうはスレートが歪んでいるように見えますね。

なくなった棟板金
なくなった棟板金

棟板金が飛んだ屋根の裏側

雨漏りした軒天
雨漏りした軒天

雨漏り箇所、屋根の下はこの状態でした。

ぱっと見で雨漏りとわかりますね。

雨が降ると軒天に水分が含みます。
晴れても乾燥しきれないほどの水分はやがてカビや藻の温床となり、被害は徐々に増えていきます。

雨漏りかなとおもったら早めに確認することをおすすめします!

軒天も修理していきますがこちらは後日。

まずは屋根を直していきましょう!

 

雨漏り修理開始!

土浦市の空き家リフォーム、屋根の修繕工事をおこなっていきます。

まずはスレート屋根瓦の状態を改めて確認します。

遠くから見た時は歪んでいるように見えたスレート屋根の瓦ですが、
間近で見てみると、変形だけでなく割れも酷い状態でした。

屋根瓦も破損しています
屋根瓦も破損しています

瓦を剥がして下地を露出

ボロボロの下地
ボロボロの下地

土浦市の空き家リフォーム、スレート屋根瓦を剥がし下地の確認をおこないました。

下地の合板は水を吸ってボロボロになってたので、
撤去して合板を新しくする必要があります。

垂木も一部腐ってしまっているので補強が必要です。

 

屋根の下地を新しくしました

土浦市の空き家リフォーム現場、屋根下地の合板を貼り終えた状態です。

合板を張り替えるため、スレート屋根瓦も範囲を広く剥がしています。

最近の住宅では屋根の下地に合板を使うことがほとんどですが、
以前はザラ板と呼ばれる杉板主流でした。

個人でやられてる古い大工さんが新築を建てる際に稀に見ることができます。

ザラ板は作業効率があまりよくありませんが、
耐久性が合板より高いため、古い大工さんは好んで使う傾向があるようですね。

合板に張り替え
合板に張り替え

スレート屋根瓦を張り直し

瓦の配置換えをして棟板金を設置します
瓦の配置換えをして棟板金を設置します

土浦市の空き家リフォーム現場、屋根の下地合板を新しくしたあとに、スレート屋根瓦を貼った後の様子です。

割れてしまっていたスレートも配置換えをおこなって再利用できる部分は再利用しています。

板金の周りはスレートをカットして使う場合も多いので、
割れてしまっていても再利用できたりします。

どうしても足りなくなった部分だけ新しいスレート屋根瓦を使用して施工しています。

新しいスレートと古いスレートで劣化具合が違うため色味が若干違いますが、
今回は塗装してしまうので分からなくなりまいます。

この後に板金を施工して屋根の修繕は完了になります。

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • かすみがうら市でALC外壁の家を調査。20年経過して外壁はどうなった?

    かすみがうら市でALC...

  • かすみがうら市で築20年の現地調査。棟板金の釘浮きと隙間に注意!

    かすみがうら市で築20...

  • かすみがうら市で現地調査。スレート屋根のセイバリービスタブラックが苔だらけです!

    かすみがうら市で現地調...

  • かすみがうら市で小さな屋根の霧除け塗装!遮熱効果で夏の暑さを軽減

    かすみがうら市で小さな...