土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

ブログ

かすみがうら市で塗り替え工事!軒天は湿気に負けないように防カビ塗装を!

更新日 : 2021.04.27

こんにちは、すまいのかかりつけ医・霞美装です。
かすみがうら市のお客様より、一戸建て住宅の塗り替え工事をご依頼されました。
今回は、軒天の塗り替えについてご紹介します。
是非ご覧になっていってください。

イメージ

軒天材を止める釘頭をサビ止め塗料で保護していきます。
金属は水分や空気によって錆びついてしまいます。
サビた金属はボロボロに腐食してしまうので、しっかり保護しましょう。

イメージ

軒天(のきてん)1回目の塗り替えです。
まず、端の部分をハケで塗っていくダメ込みという作業をします。
先に細かな部分を塗ることで、ローラーで広範囲を塗ったときに、塗のこしが減っていきます。

イメージ

軒天の1回目の塗替えが完了しました。

軒天塗装、注意する点は?

軒天は、外壁より外側にせり出した屋根の真下に設置された天井のことです。
軒先を見上げると、白い板が貼られていることがありますよね。
それが軒天です。
屋根によって直射日光が遮られ、軒天は湿気が構造的にたまりやすい場所になっています。
恒常的に湿気が溜まっていると、腐食やカビが発生しやすくなってしまいます。
放っておくと軒天が腐ってボロボロになってしまうため、防カビ・防腐処理が軒天塗装では重要とされています。
最近では腐りにくいケイカル板で軒天を貼っていくこともありますが、塗り替えの現場ではまだまだ合板の軒天が現役のところも多いです。
そのため、塗り替え工事のときは専用の防カビ塗料を使って軒天材を湿気から守っていくことが重要になります。

イメージ

2回目の塗り替えの様子です。
たっぷりとローラーに塗料をつけて塗装します。
塗膜の厚みを作ることで、防カビ効果を高めていきます。

イメージ

軒天の塗り替えが完了しました。
しっかりすみずみまで防カビ塗料を塗って、腐食や湿気に負けない軒天にしていきました。

イメージ

外壁塗装の前に、モルタルの補修をしていきます。
モルタルは塗り壁の主だった仕上げ方法です。
現在ではサイディングボードが主流ですが、それ以前の日本ではモルタル塗りが盛んに行われていました。

ジョリパットで傷んだ表面を補修

モルタル自体にはじつは防水機能がありません。
塗ったモルタルの上から更に仕上げ剤を塗ってコーティングしていきます。
ジョリパットもモルタル壁専用の仕上げ剤です。
1975年にアイカ工業から発売され、非常に高い耐久性があると人気の商材です。
今回の現場の外壁も、築年数がたち、仕上げの表面が傷んできていました。
塗り替え塗料を使う前に傷みが激しいところはジョリパットで補修していきます。

イメージ

まず下塗りです。
下地の保護・補強という意味合いだけでなく、上塗りの仕上げ剤がしっかりくっつくような機能も持っています。

イメージ

外壁の下塗りが完了しました。
しっかり乾燥させて、上塗りに入っていきます。

感染症対策を徹底し安全安心をお届けします!

霞美装では、感染症予防のため、ご相談・お見積りをすべてリモートで執り行っています。
家の補修もしたいけれど、感染症も気になる、とご不安なお客さまに安心と安全をお届けします。
工事期間中も、マスク着用、手洗いうがい、消毒を徹底し、感染症予防をしっかり行っていきます。
これから、梅雨や台風の季節になります。
家屋のメンテナンスをしっかり行い、天災に備えていきましょう。

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...