石岡市・小美玉市・かすみがうら市・土浦市の外壁塗装、屋根塗装は霞美装へお任せください

ブログ

かすみがうら市で現地調査。ALC外壁に空いた隙間!サーモグラフィーで確認します

更新日 : 2024.02.28

 

お家のお困りごとはおまかせ!プロタイムズ 石岡店 土浦神立店 霞美装です。

 

霞美装は、土浦市・石岡市・かすみがうら市・小美玉市を中心とした茨城県南地域

外壁塗装・屋根塗装雨漏り修理、などおうちに関するお困りごとのご相談を承っております。

 

かすみがうら市にお住まいのお客様より、現地調査のご依頼をいただきました。

築20年のALC外壁の家、サッシ周りには隙間が空いていました!雨漏りが心配です。

 

黒くなったシーリング?!

シーリングのブリード現象
シーリングのブリード現象

引き続きサッシ周りの様子です。

こちらはシーリング箇所の汚れです。

シーリングは施工直後は柔らかく時間が経つと硬化して表面はツルツルで弾力性が出てきます。劣化すると硬化して弾力性と防水性が失われひび割れていきます。

かすみがうら市現地のサッシ周りシーリングは、ひび割れてはいませんでしたが、黒く汚れがついていました。

シーリングに含まれる可塑剤が塗膜表面に出て汚れが付着することをブリード現象といいます。

 

サッシ周りは雨漏り原因に多い箇所です

経年で起きやすいサッシ周りの隙間
経年で起きやすいサッシ周りの隙間

かすみがうら市、築20年のALC外壁の家でおこなった現地調査です。

サッシ周りと外壁の間隙間が空いているのをみつけました。

新築時には、ALCパネルを打ち、パネルとパネルの間をシーリングで防水されています。

はじめはしっかりとしていた防水も、紫外線や雨で劣化していきます。劣化と地震などの揺れが重なり、写真のような隙間が空いてしまうのです。

サッシ周りは室内結露などの雨漏りの原因としても多い箇所です。

かすみがうら市の現地は大丈夫でしょうか。

赤外線サーモグラフィーで見えない内部を調査します

サッシ水切り上部に隙間
サッシ水切り上部に隙間
サッシ水切り下部の温度が低くなっている
サッシ水切り下部の温度が低くなっている

かすみがうら市、築20年ALC外壁の現地調査。

外壁とサッシの間に隙間があった部分を赤外線サーモグラフィーでみていきます。

サッシ下の横長の板水切りと呼ばれるものです。

サーモグラフィーの画像では、サッシ水切りの下の色が緑がかっていて、温度が低くなっていることが分かります。

隙間から雨水が入り込んだのでしょう。

早めに補修をおこなって防水性をあげていきたいですね。

ベランダの表面塗膜も劣化

ベランダ塗膜の劣化は経年によるもの
ベランダ塗膜の劣化は経年によるもの

ドローンでベランダの状態も確認できます。

ベランダは一戸建て住宅で一般的なFRP防水ですね。

表面のトップコート紫外線に晒されて劣化していきます。

防水層にダメージが出る前に、外壁塗装のタイミングで塗装をおこなうといいでしょう。

 

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 小美玉市:築24年の一戸建て塗装工事!色褪せしにくいマックスシールド1500SI-JYで付帯部を塗り替え!

    小美玉市:築24年の一...

  • 【コラム】石岡市で令和6年度リフォーム支援事業費補助金が始まります!

    【コラム】石岡市で令和...

  • 石岡市の屋根塗装現場で霧除け塗装。小さな屋根にも遮熱塗装で快適に!

    石岡市の屋根塗装現場で...

  • 石岡市で築40年のモルタル外壁塗装。遮熱塗料で家を守る塗膜が出来上がりました

    石岡市で築40年のモル...