石岡市・小美玉市・かすみがうら市・土浦市の外壁塗装、屋根塗装は霞美装へお任せください

ブログ

かすみがうら市で塗装が出来ないノンアスベスト屋根にカバー工法をおこないました

更新日 : 2024.02.14

 

こんにちは!プロタイムズ 石岡店 土浦神立店 霞美装です。

茨城県南地域で、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理など家のお困りごとのご相談を承っております。

 

かすみがうら市のお客様よりご依頼いただいた 屋根カバー工法の現場をご紹介していきます。

 

屋根はスレート屋根の一種、ノンアスベスト屋根のシルバスです

今回はスレート屋根カバー工法をおこないます。

まずは施工前の様子をみていきましょう。

屋根材はスレート屋根のシルバスという商品です。アスベストが問題になったあと、アスベストを含まないノンアスベストの屋根材として開発された屋根材です。

白と茶色で斑模様に見えるのは、スレートが経年劣化で退色してしまったために起こる現象です。

スレートの切断面である小口と呼ばれる箇所も劣化してギザギザになってしまっています。

退色や苔でまだら模様にみえるスレート屋根
退色や苔でまだら模様にみえるスレート屋根

高圧洗浄で汚れを落とす!洗浄前と後では大違い

高圧洗浄で真っ白になった屋根
高圧洗浄で真っ白になった屋根

カバー工法をおこなう前に、高圧洗浄をおこないました。

高圧洗浄前はブラウンだったスレートが白くなってしまいました。

表面の劣化が激しく、高圧洗浄により全て剥離してしまったためです。

一部スレートが割れてしまっている箇所もありますね。

ノンアスベストの屋根材割れやすいのが特徴です。屋根瓦の破損が多いと、カバー工法ではなく葺き替えのご提案になることがあります。

費用面でも変わってくるので、なるべくなら劣化が進む前にメンテナンスをおこないたいですね。

 

カバー工法開始

スレート屋根にシーガードを設置していきます
スレート屋根にシーガードを設置していきます

かすみがうら市でおこなった屋根のカバー工法開始です。

塗装できないノンアスベスト屋根のため、今回はカバー工法でシーガードを使用します。

シーガードガルバリウム鋼板で作られたカバー工法用の屋根材です。

シーガードの工法は、既存スレートシーガード専用の接着剤を塗布して貼り付けます。

既存の屋根・防水層に穴を開けることがないため、雨漏りのリスクもなく安心です。

 

カバー工法の施工がほとんど終わりました

軽量で建物への負荷もほとんどないシーガード
軽量で建物への負荷もほとんどないシーガード

シーガードはガルバリウム鋼板で出来ていますが、スレートにピッタリと被せていくため、板金屋根とはいえ、仕上がりがスレートに近いものになります。

また、軽量なので建物本体への負荷も殆どありません

屋根材は建築されてからの年数もそうですが、屋根材が作られた時期によって塗装できないものがあるため、比較的費用が抑えられ、耐久が高く、施工性の良いシーガードはオススメです。

施工完了!

カバー工法施工完了
カバー工法施工完了

施工完了後の写真です。

新しいため光の反射が激しく分かりづらい写真となってしまいましたが、シーガード本体には釘が一切使われていないのがわかります。

カバー工法のビフォアアフターがわかります

施工前
施工前
施工後
施工後

同じく完了後の写真です。

こちらは光の反射がないため、仕上がりがスレートのように見えます。

白くなっている部分は施工中の汚れですので、後ほど綺麗に掃除をします。

玄関庇にもカバー工法をおこないました

玄関庇のカバー工法も完了
玄関庇のカバー工法も完了

かすみがうら市の屋根カバー工法の現場、玄関庇の部分もしっかりとシーガードで施工しました。

シーガードは加工が簡単なため小さい屋根でも難なく施工できます。

これで塗装が出来なかったノンアスベスト・スレート屋根カバー工法が完了し、雨漏りの心配がない屋根になりました!

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 小美玉市:築24年の一戸建て塗装工事!色褪せしにくいマックスシールド1500SI-JYで付帯部を塗り替え!

    小美玉市:築24年の一...

  • 【コラム】石岡市で令和6年度リフォーム支援事業費補助金が始まります!

    【コラム】石岡市で令和...

  • 石岡市の屋根塗装現場で霧除け塗装。小さな屋根にも遮熱塗装で快適に!

    石岡市の屋根塗装現場で...

  • 石岡市で築40年のモルタル外壁塗装。遮熱塗料で家を守る塗膜が出来上がりました

    石岡市で築40年のモル...