土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

ブログ

つくばみらい市で水切り塗装。水切りは何故塗装が必要なの?水切りの役割と塗装方法

更新日 : 2021.05.19

つくばみらい市でおこなった、付帯部の 水切り板金塗装 の様子です。

水切りの塗装は何故必要なのか、水切りの役割と塗装方法についてお伝えしていきます!

水切り防錆塗装

イメージ
イメージ

つくばみらい市の水切り板金塗装、左の写真はケレン作業の様子です。

水切り板金も表面に塗膜があります。

劣化した塗膜を落とし、目荒し(ワザと細かいキズを付ける)することで
塗料の密着性を向上させます。


右の写真は下塗り塗装(サビ止め塗装)の様子です。

水切り板金は細く細かい作業です。

細い刷毛を使用して基礎や外壁に塗料が付着しないよう、
丁寧に塗装していきます。

塗り漏らしがあるとサビが発生してしまい、
新しい塗膜が早期剥離する原因になります。

イメージ
イメージ

つくばみらい市の水切り板金、中塗り塗装(上塗り1回目)の様子です。

塗料の種類は無機塗料を使用しています。

色も破風板や雨樋と同じ黒で塗装しました。

イメージ
イメージ

つくばみらい市の水切り板金、上塗り塗装2回目(仕上げ)の様子です。

外壁や他の付帯部にも言えることですが、
中塗りと上塗りは同じ塗料を使用しているため塗り漏らしが分かり辛くなります。

万が一、塗り漏らしがあると塗料の性能が充分に発揮できないため、
慎重に確認しながら塗装していきます。


塗装前は色アセや細かいキズ等がありました。

塗装後は色ムラもなく綺麗に仕上がります。

水切り塗装は何故おこなうの?水切りの役割とは

水切り板金はあまり目立たなく、気にする方も少ない部位です。

しかし、水切り板金が劣化し破損した場合、
基礎に直接雨水が当たり吸水してしまいます。

そうなると床下に湿気がこもりシロアリ被害や、
カビの被害が起こりやすくなります。

被害を防ぐ重要な役割をもった水切り板金ですが、
スチール(鉄)や塩ビ鋼板という金属でできています。

スチール(鉄)や塩ビ鋼板は塗膜が劣化すると錆びる恐れがあります。

サビると強度が弱くなり、破損の原因にもなります。

サビを防ぐためにも塗装は必要不可欠です。
※プラスチック製の水切りも紫外線で脆くなるので塗装が必要です。※


塗り替えを検討していなくても、水切りに破損やサビが発生した場合は
お気軽にご相談ください!

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...