石岡市・小美玉市・かすみがうら市・土浦市の外壁塗装、屋根塗装は霞美装へお任せください

ブログ

石岡市、塗装前の養生・補修工事、棟板金下塗りをおこないました!

更新日 : 2021.05.31

 

土浦市・石岡市・かすみがうら市・小美玉市をメインとした茨城県南地域で、

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理など家のお困りごとのご相談を承っております。

すまいのかかりつけ医・プロタイムズ 石岡店 土浦神立店 霞美装です!

 

石岡市で、屋根・外壁塗装工事をおこないました。

屋根棟板金の下塗り、各所塗装前の下準備の様子をご紹介します。

 

屋根棟板金

屋根と屋根の接合部分、屋根の頂点部分を といいます。

接合部分には貫板という木材を設置し、紫外線や風、雨水の侵入などを防ぐ為に金属製の板金である「棟板金」で覆いかぶせます。

釘やビスなどで固定されていますが、強風や太陽の熱による膨張・収縮を繰り返すことにより、固定している釘やビスが少しずつ抜けてきてしまいます。

棟板金が浮いてしまい、貫板が腐食してしまったり、板金が飛ばされることもありますので、定期的なメンテナンスをお勧めしております。

 

棟板金下塗り

屋根板金下塗り
屋根板金下塗り

長年雨風にさらされて付着してしまっていた汚れや錆などを、ケレン作業によって綺麗にし、その後で下塗りをしていきます。

素材と上塗り塗料との接着剤の役割を果たすものですので、塗り残しの無いように気を付けて施工していきます。

ケレン作業を丁寧におこなうことで、付着物を出来るかぎり取り除き、塗膜が被塗面にしっかり密着することで、今後錆や汚れといったダメージから保護することができます。

比較してみましょう

下塗り施工前の写真を見てみますと、塗膜の劣化により、ところどころ色が薄くなっているのが見てとれます。

下塗り施工後では、ムラなく、全体的に綺麗に塗布されています。

屋根板金_下塗り前
屋根板金_下塗り前
屋根板金_下塗り後
屋根板金_下塗り後

釘頭打設・コーキング

下塗りが終わった後ですが、板金を押さえている釘が浮いてしまっているのを発見しました。

このまま放置しますと、板金が浮いてしまい雨水が侵入する可能性が高まりますので、金槌でたたきしっかり打ち込んでいきます。

また、釘がぬけないように、打ち込んだ上から更にコーキング材で覆い、雨水が侵入しないようにしっかりと保護していきます。

釘頭の固定

屋根板金_釘頭
屋根板金_釘頭
屋根板金_釘頭コーキング
屋根板金_釘頭コーキング

浮いてしまっていた釘が、しっかりと打ち付けられました。
打ち込んだ部分だけ色が変わってしまっていますが、この後塗装するので特に問題ありません。

屋根板金_釘頭前
屋根板金_釘頭前
屋根板金_釘頭後
屋根板金_釘頭後

養生とクラック補修

塗装しない箇所や汚してはいけない箇所を保護する為、シートやビニール等をかけて養生していきます。
また、外壁にクラック(ひび割れ)がありましたので、クラック部分に補修剤を充填していきます。

養生
養生
クラック補修
クラック補修

クラック補修完了です

一般的に0.3ミリ以下のヘアークラックと呼ばれるかなり細いものですと塗装で保護できますが、それ以上のものは補修が必要になります。
今回の場合も補修が必要となりましたので、しっかり補修していきます。
目立っていた隙間も綺麗に補修する事が出来ました。

クラック補修前
クラック補修前
クラック補修後
クラック補修後

 

クラックは、大きいものほど外壁内部に悪影響を及ぼしている可能性が高くなります。

雨水が侵入雨漏りしていたり、内部まで腐食が広がり建物自体の耐性が落ちてしまうことにもなり兼ねません。

気になるクラックを見つけましたら、プロタイムズ 石岡店 土浦神立店 霞美装 までご相談ください!

 

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • かすみがうら市でモルタル外壁の木部が腐食!!虫や雨が入らないよう補修と塗装をおこないます

    かすみがうら市でモルタ...

  • かすみがうら市で塗り替え!汚れていた家が高圧洗浄で綺麗になりました

    かすみがうら市で塗り替...

  • かすみがうら市でスレート屋根塗装。棟板金の重ね目を塞いで雨漏り防止

    かすみがうら市でスレー...

  • かすみがうら市で現地調査。赤外線サーモグラフィーでモルタル外壁に雨漏りがないか確認!

    かすみがうら市で現地調...