土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の外壁塗装は霞美装へお任せください

ブログ

石岡市、塗装前の養生・補修工事、棟板金下塗りを行いました!

更新日 : 2021.05.31

石岡市で、屋根・外壁塗装工事を行いました。
屋根棟板金の下塗り、各所塗装前の下準備の様子をご紹介します。

屋根棟板金

屋根と屋根の接合部分、屋根の頂点部分を棟といいます。接合部分には貫板という木材を設置します。さらに、紫外線や風、雨水の侵入などを防ぐ為、金属製の板金、「棟板金」で覆いかぶせます。釘やビスなどで固定されていますが、強風や太陽の熱による膨張・収縮を繰り返し等によりすこしずつ抜けてきて棟板金が浮いてしまい、貫板が腐食してしまったり、板金が飛ばされることもあります。定期的なメンテナンスをお勧めしております。

棟板金下塗り

イメージ

塗膜の劣化が見られます。
ケレンを行い、下準備を整えます。

イメージ

下塗りを塗布していきます。

イメージ

素材と上塗り塗料との接着剤の役割を果たすものですので、塗り残しの無いように気を付けて施工していきます。

下塗りが完了しました。

釘頭打設・コーキング

イメージ

板金を押さえている釘が浮いてしまっています。
このまま放置しますと、板金が浮いてしまい雨水が侵入する可能性が高まります。

イメージ

しっかりと打ち込みます。

イメージ

コーキング材で、釘が抜けないようにさらに雨水が侵入しないように保護していきます。

イメージ

釘頭のコーキングが完了しました。

養生

イメージ

塗装しない箇所や汚してはいけない箇所を保護する為、シートやビニール等をかけて養生していきます。

イメージ

外壁にクラック(ひび割れ)がありました。一般的に0.3ミリ以下のヘアークラックと呼ばれるかなり細いものですと塗装で保護できますが、それ以上のものは補修が必要になります。

イメージ

クラック部分に補修剤を充填していきます。

イメージ

補修が完了しました。

クラックは、大きいものほど外壁内部に悪影響を及ぼしている可能性が高くなります。雨水が侵入し雨漏りしていたり、内部まで腐食が広がり建物自体の耐性が落ちてしまうことにもなり兼ねません。
気になるクラックを見つけましたら、お早めに専門業者にご相談下さい。

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市築25年のスレート屋根。雨漏り原因になる棟板金の隙間を補修

    石岡市築25年のスレー...

  • 石岡市で外壁塗装、塗装前にシーリングの打ち替えで雨漏りに強い家に

    石岡市で外壁塗装、塗装...

  • 石岡市の外壁塗装現場で養生、工事交換日記チラ見せ!

    石岡市の外壁塗装現場で...

  • 石岡市で軒天塗装。マルチエースでカビに強い塗装を!

    石岡市で軒天塗装。マル...