石岡市・小美玉市・かすみがうら市・土浦市の外壁塗装、屋根塗装は霞美装へお任せください

ブログ

石岡市で築8年の破風板を補修。シーリングで防水性を上げていきます

更新日 : 2023.10.05

 

ご覧いただきありがとうございます。

プロタイムズ 石岡店 土浦神立店霞美装です。

今回は 霞美装 石岡店 のある、石岡市のお客様よりいただいた外壁塗装現場のご紹介です!

石岡店は 石岡市の国道6号沿い、サイゼリヤ石岡店さんの斜向かいにあります。

「(株)かすみびそう 」「プロタイムズ石岡店」の看板が目印です。

 

石岡市のお客様宅は新築施工から8年経った、築8年でした。

新築時からの外壁塗装の目安は、8~11年です。

築年数よりも、建物の状態をみて塗装が必要かどうかを判断していきます。

 

今回は築8年の石岡市現場から、破風板シーリングについてご紹介していきます。

 

劣化していた破風板のシーリングを増し打ちしていきます

プライマー後にシーリングを打ち込んでいく
プライマー後にシーリングを打ち込んでいく

築8年の石岡市現地です。

破風板は屋根の下にある、下からの雨風から屋根を守るための部位です。

山型の部分を「破風板」、横樋がついている部分を「鼻隠し」が正式な名称ですが、まとめて破風板と呼んでいます。

屋根を守る破風板ですが、重ね目のシーリングが劣化してひび割れていました。

雨水が入り込んではいけないので、塗装の前にシーリングで防水性を上げていきます。

重ね目シーリング、ヘラで圧着
重ね目シーリング、ヘラで圧着

築8年の石岡市の現場では、紫外線などの劣化要因に強い「アステックシール2000」を使っています。

プライマーで接着性を上げて、アステックシール2000を打ち込んだら、シーリング専用のヘラで形を整えていきます。

ひび割れにも行き渡るように浸透させて、雨水の入り込む隙間をなくしていきます。

釘周りに雨水が入り込まないよう、シーリングでカバー

釘頭にシーリングを打つ
釘頭にシーリングを打つ

同じ石岡市現地の破風板、釘頭にもシーリングをしていきます。

棟板金と違って、浮いてくることはありませんが、釘と破風板の間に雨水がたまることがあります。

釘頭にシーリングを打って、釘が錆びることの内容対策をしていきましょう。

釘頭シーリング抑え
釘頭シーリング抑え

石岡市現地の破風板シーリング補修。

釘頭にシーリングを打ったらヘラで抑えて完了です。

周りと馴染み、段差がないように気をつけます。

破風板シーリング補修完了
破風板シーリング補修完了

こちらで釘頭シーリング補修が完了しました!

破風板はこのあと塗装をして、丈夫な塗膜で保護をしていきます。

補修のビフォアフター

補修前
補修前
補修後
補修後

ツギハギだらけにみえますが、このあと塗装をおこなうので気にならなくなります!

防水性も上がり、雨漏りの心配もなくなりました。

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 小美玉市:倉庫兼用建物の壁から雨漏り!外壁の防水不備をシーリング補修!

    小美玉市:倉庫兼用建物...

  • 小美玉市:倉庫兼用建物から雨漏りSOS!原因はどこ!?雨漏り原因を探ります!

    小美玉市:倉庫兼用建物...

  • かすみがうら市でモルタル軒天の塗装。外壁と色を変えて変化をつけていきます

    かすみがうら市でモルタ...

  • かすみがうら市で外壁塗装。リシン仕上げのモルタル外壁にひび割れが起こりにくい塗装をおこないました

    かすみがうら市で外壁塗...