土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の外壁塗装は霞美装へお任せください

ブログ

築40年の住宅の軒天と破風板は高機能塗料で丈夫に仕上げます

更新日 : 2021.03.31

軒天の施工をおこないます

軒天の張替えをおこないます

軒天アップの写真。白い軒天の角が破損して木部が見えている
破損した軒天を直していきます

軒の天井部分のことを軒天(のきてん)と呼びます。

軒天の一部が剥がれてしまっています。

このままでは、軒天から野生動物が侵入してしまう可能性があるので、きちんと補修をおこないます。

張り替えた軒天の写真。塗装はまだしておらず木目が見えている状態
軒天を張り替えました

弱っている部分を取り除き、木材で補修をおこないました。

住宅に穴があると、雨漏りの心配だけでなく、ハクビシンやコウモリなどの巣にされてしまうことがあります。

軒天の塗装をおこないます

青とシルバーの一斗缶、マルチエースと書いてある
軒天に使用した塗料、マルチエースⅡ
ローラーで白い塗料を塗っている
塗装開始です

軒天の塗装に使用する塗料は、アステックペイント社のマルチエースⅡです。

軒天は湿気が溜まりやすい場所なので、水性でありながら防カビ・防藻の効果があるマルチエースⅡは、この場所にピッタリな塗料です。

白さに厚みが出た軒天
塗りを重ねて充分な塗膜を作ります
ローラーでさらに塗装を重ねている様子
上塗りで完了です

軒天塗装、全体的に劣化が見られたので、今回軒天の塗装は下塗り・中塗り・上塗りの3回の重ね塗りをおこないます。

破風板の塗装をおこないます

茶色い雨樋の下の破風板を白く塗装している
ケレン作業をしてから下塗りをします
真っ白になった破風板
白くなっている箇所が破風板(鼻隠し)です

破風板と鼻隠しの塗装をおこないます。
破風板とは屋根を横から見た時に、屋根の先端を隠す部材です。神社仏閣や城などでは、彫刻が施されていたり、懸魚(げぎょ)という飾りが取り付けられています。一般の住宅の破風板はシンプルなものが多いですね。鼻隠しは、写真で塗装をおこなっている部分です。こちらは屋根の先端部分で、雨樋を取り付ける場所でもあります。
塗装工事では、2つの箇所を同時に施工をおこなうので、最近では両方を破風板と呼んでいる場合もあります。

一斗缶、シルバー・青・白・黒のライン。マックスシールド1500JY
雨樋と破風板に使用するマックスシールド1500JY

破風板塗装の上塗りに使用する塗料はマックスシールド1500Siです。

この塗料は高い耐候性を持っています。主成分であるシリコン樹脂はガラスや鉱石などと同じ特殊な結合をしています。結合が強いため紫外線劣化にとても強いのです。

ローラーで茶色く塗装される破風板
上塗りを2回おこないます
塗装が完了し茶色く落ち着いた色になった破風板
塗装で綺麗になりました

下塗りをおこなった破風板と鼻隠しに(2回目の)上塗りをおこないます。

1500Siを2回塗り重ね、施工が完了したようすが右の写真です。

現場調査で確認した際は、ところどころ剝がれていた鼻隠しも見違えるほどキレイになりました。

塗料の優れた効果である高耐候性で、紫外線劣化に強く、このキレイな状態を長く維持することができます。

外壁塗装について

外壁塗装はただ塗料塗るだけではなく、様々な規定を守ることで塗料の機能を発揮させ、
塗り残しがないように丁寧な作業をおこないうことで丈夫でキレイな仕上がりになります。

しかし、安い値段で選択した業者が塗布量を守らないということもあります。

見た目では、塗布量がきちんと守られているか確認は難しいので、外壁塗装工事でも相見積もりが重要になります。

分からないことが多いからこそ、いくつか見積もりを出し、比較検討が必要です!

霞美装では見積もり書・点検・調査報告書の作成を無料でおこなっております。
ご提案書とお見積もり書でじっくり検討ください。

弊社でご依頼いただけない場合でも、もちろん料金は一切かかりません!

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市築25年のスレート屋根。雨漏り原因になる棟板金の隙間を補修

    石岡市築25年のスレー...

  • 石岡市で外壁塗装、塗装前にシーリングの打ち替えで雨漏りに強い家に

    石岡市で外壁塗装、塗装...

  • 石岡市の外壁塗装現場で養生、工事交換日記チラ見せ!

    石岡市の外壁塗装現場で...

  • 石岡市で軒天塗装。マルチエースでカビに強い塗装を!

    石岡市で軒天塗装。マル...