土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

土浦市 土浦市で低コストのシリコンプランにて塗装工事を行いました

    施工内容 外壁塗装
    屋根塗装
    シーリング打ち替え
    部分塗装
    使用材料 外壁、シリコンフレックスⅡ屋根、シリコンフレックJY
    築年数 約15年
    ハウスメーカー
    panahome
    施工期間 三週間
    保証年数 5年
    建坪 32坪

    工事のきっかけ

    同業者の紹介になります。家の築年数やシーリング部の劣化などが気になり塗装お願いしたそうです。

    写真

    洗浄の施工になります。

    塗装前に屋根、壁と高圧洗浄機で洗い流していきます。汚れやコケが残っていますと塗料が剥がれてしまったりと異常が起こりますので綺麗に洗い流していきます。

    高所での作業と水の作業で足元が滑りやすくなっていますので十分に注意し施工していきます。

    写真

    シーリングの施工になります。

    古くなってしまったシーリング部を撤去し新しいシーリングを打ち込んでいきます。

    サッシ周りなどは撤去の際サッシを傷つけてしまいますので増し打ちで補強していきます。

    屋根の下塗りになります。  屋根の下塗りは二回施工させて頂いています。痛みの具合で塗料の浸透が違いますので、二回施工する事によりしっかり浸透し表面に膜を形成し屋根をしっかり保護していきます。
    屋根の下塗りになります。 屋根の下塗りは二回施工させて頂いています。痛みの具合で塗料の浸透が違いますので、二回施工する事によりしっかり浸透し表面に膜を形成し屋根をしっかり保護していきます。
    屋根の板金部のシーリングになります。  板金部のジョイントは、風などで長い時間をかけ広がってしまう部分がありますので、シーリングを打ち込み中に雨水が入らないようにしていきます。
    屋根の板金部のシーリングになります。 板金部のジョイントは、風などで長い時間をかけ広がってしまう部分がありますので、シーリングを打ち込み中に雨水が入らないようにしていきます。
    屋根の釘頭のシーリングになります。  板金を押さえている釘も長い時間をかけ緩んで最悪の場合取れてしまうケースもあります。釘は板金を押さえているので強い風の時に板金が剥がれてしまわぬように釘をシーリングで押さえて対策していきます。
    屋根の釘頭のシーリングになります。 板金を押さえている釘も長い時間をかけ緩んで最悪の場合取れてしまうケースもあります。釘は板金を押さえているので強い風の時に板金が剥がれてしまわぬように釘をシーリングで押さえて対策していきます。
    屋根のタスペーサー取り付けになります。  屋根がコロニアル屋根でしたのでタスペーサーは必ず取り付けていきます。屋根には元々隙間があり塗装をいたしますと、塗料の厚みが付き隙間が埋まってしまい雨水の抜ける所がなくなってしまいますので、隙間確保の為タスペーサー取り付けを行います。
    屋根のタスペーサー取り付けになります。 屋根がコロニアル屋根でしたのでタスペーサーは必ず取り付けていきます。屋根には元々隙間があり塗装をいたしますと、塗料の厚みが付き隙間が埋まってしまい雨水の抜ける所がなくなってしまいますので、隙間確保の為タスペーサー取り付けを行います。
    屋根の中塗りになります。  今回屋根の塗装にはシリコンにて施工させて頂きました。一回で施工する塗料の量を明確に出し使い切る様に施工していきます。
    屋根の中塗りになります。 今回屋根の塗装にはシリコンにて施工させて頂きました。一回で施工する塗料の量を明確に出し使い切る様に施工していきます。
    屋根の上塗りになります。  中塗りがしっかり乾燥後上塗りになります。塗料を二回施工するのは適切な塗料の厚みがあり一回の塗装では出せないので二回施工し適切な塗料の厚みを作り塗料の性能を出していきます。
    屋根の上塗りになります。 中塗りがしっかり乾燥後上塗りになります。塗料を二回施工するのは適切な塗料の厚みがあり一回の塗装では出せないので二回施工し適切な塗料の厚みを作り塗料の性能を出していきます。
    写真

    屋根の塗装完了になります。

    しっかり施工し、綺麗にし家を守っていきます。

    外壁の下塗りになります。  今回外壁の下塗りにはエポキシ系のシーラーを使って施工いたしました。
    外壁の下塗りになります。 今回外壁の下塗りにはエポキシ系のシーラーを使って施工いたしました。
    外壁の中塗りになります。  今回外壁の塗装にはシリコンフレックスⅡと言う、水性のシリコンにて施工いたしました。
    外壁の中塗りになります。 今回外壁の塗装にはシリコンフレックスⅡと言う、水性のシリコンにて施工いたしました。
    外壁の上塗りになります。  屋根同様に使う塗料に量を使い切り適切な塗料の厚みを作る様に施工いたしました。ベランダの内壁や目立たない場所もしっかり二回施工してきます。
    外壁の上塗りになります。 屋根同様に使う塗料に量を使い切り適切な塗料の厚みを作る様に施工いたしました。ベランダの内壁や目立たない場所もしっかり二回施工してきます。
    外壁の中塗りになります。  デザインで部分で色が違う部分がありましたので、色を変え施工していきます。
    外壁の中塗りになります。 デザインで部分で色が違う部分がありましたので、色を変え施工していきます。
    外壁の上塗りになります。
    外壁の上塗りになります。
    写真

    軒天の塗装になります。

    軒天にはつや消しで防カビの塗料を使用し施工いたしました。軒天も二回施工し細かい部分はハケで施工しました。

    写真

    破風板の塗装になります。

    細か部分はハケや細かい部分用の道具を使い施工いたしました。乾燥後二回目も施工し完了になりま

    雨樋の塗装一回目になります。  サンドペーパー等を使いケレンをしてからの塗装になります。
    雨樋の塗装一回目になります。 サンドペーパー等を使いケレンをしてからの塗装になります。
    雨樋の塗装二回目になります。  雨樋の塗装には、ハケで塗装を行い部分で塗装を行う道具を変え仕上がりを綺麗にしていきます。
    雨樋の塗装二回目になります。 雨樋の塗装には、ハケで塗装を行い部分で塗装を行う道具を変え仕上がりを綺麗にしていきます。
    水切りの塗装一回目になります。  下塗り後塗装をしていきます。水切りは鉄部になりますので下塗りにはエポキシ系のさび止めを使用しています。塗装には破風や雨樋と一緒の塗料を使っています。
    水切りの塗装一回目になります。 下塗り後塗装をしていきます。水切りは鉄部になりますので下塗りにはエポキシ系のさび止めを使用しています。塗装には破風や雨樋と一緒の塗料を使っています。
    水切りの二回目の塗装になります。  水切りは細かい作業になりますのでハケで塗装していきます。
    水切りの二回目の塗装になります。 水切りは細かい作業になりますのでハケで塗装していきます。
    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...