土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

かすみがうら市 かすみがうら市で、外壁・付帯部の塗り替え工事を行いました

    施工内容
    外壁塗装
    部分塗装
    その他
    使用材料 外壁 シリコンフレックスⅡ(色8109ガルグレー)、付帯部 フッ素UVコート(ラセットブラウン)、軒天 マルチエース
    築年数 32年
    施工期間 3週間
    建坪
    約40坪

    工事のきっかけ

    弊社のHPをご覧になり、お電話くださったお客様です。

    お客様立ち会いの下、現地調査を行いました。

    外壁のクラック(ひび割れ)や破風板の傷みが確認され、補修後の塗装をご提案させて頂きました。

    高圧洗浄

    洗浄前の様子です。  汚れが気になります。
    洗浄前の様子です。 汚れが気になります。
    カビやコケなど長年の汚れをきれいに落とすため、高圧洗浄機でしっかり洗っていきます。
    カビやコケなど長年の汚れをきれいに落とすため、高圧洗浄機でしっかり洗っていきます。

    補修工事

    外壁にクラック(ひび割れ)を確認しました。  塗装する前に補修をしていきます。
    外壁にクラック(ひび割れ)を確認しました。 塗装する前に補修をしていきます。
    水の吸い上げを防ぐため、スムースエポを注入し、補修していきます。
    水の吸い上げを防ぐため、スムースエポを注入し、補修していきます。
    補修作業、完了です。
    補修作業、完了です。
    シリコン部の施工前の様子です。  外壁には設備系で使用する部分にシリコンを使っている箇所があります。シリコンは塗料をはじいてしまうのと可塑剤移行防止のため、逆プライマーを塗布する必要があります。
    シリコン部の施工前の様子です。 外壁には設備系で使用する部分にシリコンを使っている箇所があります。シリコンは塗料をはじいてしまうのと可塑剤移行防止のため、逆プライマーを塗布する必要があります。

    破風板塗装

    破風板のケレン前の様子です。  剥がれている箇所も確認できます。
    破風板のケレン前の様子です。 剥がれている箇所も確認できます。
    ケレン作業の様子です。  汚れや古い塗膜を、ケレンたわし等できれいに落としていきます。また、細かいキズを作る事により、塗料の密着を高める目的もあります。
    ケレン作業の様子です。 汚れや古い塗膜を、ケレンたわし等できれいに落としていきます。また、細かいキズを作る事により、塗料の密着を高める目的もあります。
    ケレン施工が完了しました。
    ケレン施工が完了しました。
    下塗りの様子です。  ローラー等を使用し、丁寧に施工いたしました。
    下塗りの様子です。 ローラー等を使用し、丁寧に施工いたしました。
    下塗り、施工完了しました。  塗装後、決められた時間、しっかり乾燥させていきます。
    下塗り、施工完了しました。 塗装後、決められた時間、しっかり乾燥させていきます。
    中塗りの様子です。  塗料は、フッ素UVコートを使用いたしました。耐候性、高光沢性、低汚染性、フレキシブル性に優れていますので、美しさが長持ちする塗料です。
    中塗りの様子です。 塗料は、フッ素UVコートを使用いたしました。耐候性、高光沢性、低汚染性、フレキシブル性に優れていますので、美しさが長持ちする塗料です。
    中塗りの施工が完了しました。
    中塗りの施工が完了しました。
    上塗りの様子です。  同じ塗料を2回塗ることにより、厚みを作り塗料の性能を発揮させていきます。この際、薄塗りや塗り残し、塗りムラが出ないように注意して施工していきます。破風板、上塗りが完了しました。  艶のある仕上がりになりました。
    上塗りの様子です。 同じ塗料を2回塗ることにより、厚みを作り塗料の性能を発揮させていきます。この際、薄塗りや塗り残し、塗りムラが出ないように注意して施工していきます。破風板、上塗りが完了しました。 艶のある仕上がりになりました。
    写真

    雨樋塗装

    雨樋のケレンの様子です。  汚れや古い塗膜を落としていきます。さらに、あえて細かいキズを作る事により、塗料の密着性を良くしていく目的もありますので、重要な作業になります。
    雨樋のケレンの様子です。 汚れや古い塗膜を落としていきます。さらに、あえて細かいキズを作る事により、塗料の密着性を良くしていく目的もありますので、重要な作業になります。
    上塗り1回目の様子です。
    上塗り1回目の様子です。
    上塗り1回目が塗り終わりました。
    上塗り1回目が塗り終わりました。
    上塗り2回目の様子です。  破風板同様、フッ素UVコートを使用して塗装いたしました。 雨樋、上塗り完了いたしました。
    上塗り2回目の様子です。 破風板同様、フッ素UVコートを使用して塗装いたしました。 雨樋、上塗り完了いたしました。
    写真

    軒天塗装

    軒天の下塗り施工前の様子です。
    軒天の下塗り施工前の様子です。
    下塗りの様子です。  塗り残しが無いように、丁寧に作業を進めていきます。
    下塗りの様子です。 塗り残しが無いように、丁寧に作業を進めていきます。
    下塗りが完了いたしました。
    下塗りが完了いたしました。
    中塗りの様子です。  塗料は、マルチエースを使用いたしました。高隠ぺい性と、カビの抑制効果で美観を保てる塗料で、安全性にも優れています。
    中塗りの様子です。 塗料は、マルチエースを使用いたしました。高隠ぺい性と、カビの抑制効果で美観を保てる塗料で、安全性にも優れています。
    中塗り、施工完了しました。
    中塗り、施工完了しました。
    上塗りの様子です。  同じ塗料を塗り重ねていきます 軒天上塗りが完了しました。
    上塗りの様子です。 同じ塗料を塗り重ねていきます 軒天上塗りが完了しました。
    写真

    外壁塗装

    外壁、下塗り施工前の様子です。
    外壁、下塗り施工前の様子です。
    下塗りの様子です。
    下塗りの様子です。
    中塗りの様子です。  塗料は、高耐候性を持つシリコンフレックスⅡを使用いたしました。紫外線などの劣化要因に強く、光沢保持率も高いので、美しさが長持ちします。汚れが付いても雨水で洗い流すことが出来るセルフクリーニング機能を持ち、カビや藻の発生を防ぐので、長期間美観を保つことが出来ます。また臭気も少なく人と環境に優しい安全な塗料です。
    中塗りの様子です。 塗料は、高耐候性を持つシリコンフレックスⅡを使用いたしました。紫外線などの劣化要因に強く、光沢保持率も高いので、美しさが長持ちします。汚れが付いても雨水で洗い流すことが出来るセルフクリーニング機能を持ち、カビや藻の発生を防ぐので、長期間美観を保つことが出来ます。また臭気も少なく人と環境に優しい安全な塗料です。
    中塗りの施工が完了しました。
    中塗りの施工が完了しました。
    上塗りの様子です。  中塗りと同じ塗料を塗っていきます。2回塗り、塗布量をしっかり守り、塗料の性能が発揮できるように丁寧に作業を進めていきます。
    上塗りの様子です。 中塗りと同じ塗料を塗っていきます。2回塗り、塗布量をしっかり守り、塗料の性能が発揮できるように丁寧に作業を進めていきます。
    外壁の上塗り、施工完了致しました。
    外壁の上塗り、施工完了致しました。

    霧避け塗装

    霧避けのケレン作業の様子です。  サビや汚れ、古い塗膜をしっかり落としていきます。また、塗料の密着性を高めるため、細かいキズを付けていきます。
    霧避けのケレン作業の様子です。 サビや汚れ、古い塗膜をしっかり落としていきます。また、塗料の密着性を高めるため、細かいキズを付けていきます。
    ケレンが終了し、下塗り施工前の様子です。
    ケレンが終了し、下塗り施工前の様子です。
    下塗りの様子です。
    下塗りの様子です。
    下塗りが完了いたしました。
    下塗りが完了いたしました。
    中塗りの様子です。  他の付帯部同様、フッ素UVコートを使用して塗装いたしました。
    中塗りの様子です。 他の付帯部同様、フッ素UVコートを使用して塗装いたしました。
    中塗りの施工完了しました。
    中塗りの施工完了しました。
    上塗りの様子です。
    上塗りの様子です。
    霧避けの上塗り施工完了いたしました。
    霧避けの上塗り施工完了いたしました。

    木枠塗装

    木枠、下塗り施工前の様子です。
    木枠、下塗り施工前の様子です。
    下塗りの様子です。
    下塗りの様子です。
    中塗り施工完了です。
    中塗り施工完了です。
    上塗りの様子です。  中塗りと同じ塗料を使用して施工いたしました。2階塗ることで塗布量を守り、厚みを作り性能を発揮できる状態にしていきます 木枠、上塗り完了です。  塗り残しが無いように、注意して施工いたしました。
    上塗りの様子です。 中塗りと同じ塗料を使用して施工いたしました。2階塗ることで塗布量を守り、厚みを作り性能を発揮できる状態にしていきます 木枠、上塗り完了です。 塗り残しが無いように、注意して施工いたしました。

    雨戸塗装

    写真
    写真
    下塗りの様子です。
    下塗りの様子です。
    下塗り、施工完了しました。
    下塗り、施工完了しました。
    中塗りの様子です。  他の付帯部同様、フッ素UVコートを使用して施工いたしました。
    中塗りの様子です。 他の付帯部同様、フッ素UVコートを使用して施工いたしました。
    中塗りの施工完了です。
    中塗りの施工完了です。
    上塗りの様子です。  中塗りと同じ塗料を使用して、施工いたしました。2回塗ることにより塗料の厚みが出て、塗料の性能を発揮することが出来ます。
    上塗りの様子です。 中塗りと同じ塗料を使用して、施工いたしました。2回塗ることにより塗料の厚みが出て、塗料の性能を発揮することが出来ます。
    雨戸、上塗り施工完了いたしました。
    雨戸、上塗り施工完了いたしました。
    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...