土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

土浦市 ベランダ防水工事!シート防水にウレタン防水をして複合防水をおこないました

    施工内容 防水工事
    使用材料
    ウレタン樹脂、トップコート
    施工期間 約5日間

    工事のきっかけ

    台風対策のためベランダ防水をしておきたいとのことでした。

    今回、現状のシート防水にプラスしてウレタン防水をする、複合防水をおこなうことになりました。

    一般住宅で多く採用されているベランダ防水は、「FRP防水」と呼ばれるものです。

    FRPは繊維強化プラスチックの略称で、耐水性があり衝撃に強いのが特徴です。



    今回のお客さま宅はベランダに「シート防水」を採用されていました。

    シート防水は、防水性のあるシートをベランダに敷設していく防水工法です。

    高耐候性があり、乾燥時間なども不要なため工期が短くてすみますが、衝撃に弱く繋ぎ目からの浸水などのデメリットがあります。

    築年数も経っており、近年大型台風も多いことから、台風対策として防水施工のご依頼をいただきました。



    柔らかいシート防水の上に固いFRP防水をおこなうと不具合が起きる可能性があるため、ウレタン防水を施していきます。

    複合防水 施工開始!

    塗装前にエアコンの室外機をあげて、室外機の下も施工できるようにしています。

    洗浄や清掃は完了した状態です。

    まずはウレタン樹脂を塗布していきます。  ダメ込みで、凹凸のあるところや端から樹脂を塗っていきます。
    まずはウレタン樹脂を塗布していきます。 ダメ込みで、凹凸のあるところや端から樹脂を塗っていきます。
    ダメ込みが終わったら、面を塗っていきます。  防水のために、ウレタン樹脂に厚みを付けていかなければなりません。  ローラーではなく、コテで厚みが出るように整えながら広げていきます。
    ダメ込みが終わったら、面を塗っていきます。 防水のために、ウレタン樹脂に厚みを付けていかなければなりません。 ローラーではなく、コテで厚みが出るように整えながら広げていきます。
    乾燥のために翌日、ウレタン樹脂塗装の2回めをおこないました。  前回同様、側面の塗装からおこないます。
    乾燥のために翌日、ウレタン樹脂塗装の2回めをおこないました。 前回同様、側面の塗装からおこないます。
    再び面の塗装、コテで厚みをとりながら塗っていきます。  段差が出来ないように注意して作業をおこないます。
    再び面の塗装、コテで厚みをとりながら塗っていきます。 段差が出来ないように注意して作業をおこないます。
    写真

    最後ベランダの端は、ローラーに長柄(ながえ)という棒をつけて、家の周りに設置した足場に逃げて塗っていきます。

    塗装期間中に雨が降ってしまいました。  水気を切って塗装をしていくため、水切りをしていきます。
    塗装期間中に雨が降ってしまいました。 水気を切って塗装をしていくため、水切りをしていきます。
    拭いた後は乾燥時間を設けて、水分がない状態をつくっていきました。  水分が少しでも残った状態で塗装をしてしまうと、水分があった箇所が乾燥して空洞になり、塗膜のヒビ割れなどが発生してしまいます。
    拭いた後は乾燥時間を設けて、水分がない状態をつくっていきました。 水分が少しでも残った状態で塗装をしてしまうと、水分があった箇所が乾燥して空洞になり、塗膜のヒビ割れなどが発生してしまいます。
    乾燥したことを確認して、トップコートを塗っていきます。
    乾燥したことを確認して、トップコートを塗っていきます。
    トップコートはウレタン樹脂を保護する役割をもっています。  万が一塗り残しがあると塗り残し部分から劣化をしていくため、丁寧に作業をおこないます。
    トップコートはウレタン樹脂を保護する役割をもっています。 万が一塗り残しがあると塗り残し部分から劣化をしていくため、丁寧に作業をおこないます。
    ベランダをしっかりと保護するように、トップコートを塗っていきました。
    ベランダをしっかりと保護するように、トップコートを塗っていきました。
    写真

    最後に、室外機の下を塗装するための「馬」と呼ばれる道具の足の塗装をおこないます。

    足を外したときに塗膜が剥がれてしまわないよう、カッターで切れ込みをいれていきます。

    馬を外したところです。  足のあとが4点残っているので、こちらを埋めていきます。
    馬を外したところです。 足のあとが4点残っているので、こちらを埋めていきます。
    速乾性のあるシーリングで、穴を埋めていきます。  注入後は床面と同じになるよう、手早く平らにしていきます。
    速乾性のあるシーリングで、穴を埋めていきます。 注入後は床面と同じになるよう、手早く平らにしていきます。
    成形が完了しました。  シーリングの乾燥が終わるまで、少し待ちます。
    成形が完了しました。 シーリングの乾燥が終わるまで、少し待ちます。
    成形が完了しました。  シーリングの乾燥が終わるまで、少し待ちます。
    成形が完了しました。 シーリングの乾燥が終わるまで、少し待ちます。
    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...