土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

その他エリア 鉄部はサビ止めを塗布し、雨樋はフッ素UVコートで仕上げました!

    担当スタッフ 内田 亮太(職人)

施工内容 その他の塗装
使用材料 雨樋:フッ素UVコート溶剤
鉄部:サーモテックメタルプライマー・フッ素UVコート溶剤

工事のきっかけ

築38年が経過し、外壁のひび割れが気になっていた。

雨樋の塗装をおこないます

施工前の雨樋です。雨樋に塗装は必要ないと思うかもしれませんが、雨樋自体も紫外線や風雨によって劣化をします。塗装をおこないことによって、劣化のスピードを緩めることができます。
【雨樋の役割】
雨樋は屋根から流れてきた雨水を受け止め、一カ所に集め、排水設備に流す役割を果たしています。雨樋があることで、スムーズに雨水が排水され、建物の外壁や土台に影響を与えないようにしています。
写真のように破風板に取り付けてある屋根と水平の雨樋を「横樋」や「軒樋」と呼び、垂直に設置されている雨樋を「縦樋」と呼びます。縦横両方の樋の塗装をおこないます。

写真
写真

フッ素UVコート溶剤を塗布していきます。風雨や紫外線に強い、高い耐候性があります。塗膜は光沢がありツヤのある質感に仕上がります。水となじみがよい親水性の高い塗膜ができるので、空気中のチリや埃、排気ガスなどによる汚れが付着しても、雨と一緒に汚れが流れ落ちるので、塗装をおこなった個所の汚染が低く済む低汚染性という機能があります。

写真
写真

左は2回目の塗装中の、右は塗装が完了した写真です。右の写真では、塗料の特徴であるツヤがでているのが分かりますね。このツヤのあるキレイな状態を維持し、汚れが付きにくい雨樋に仕上げることができました。

庇(ひさし)の塗装

写真
写真

鉄部と呼ばれている、金属部分の塗装をおこないます。写真は、庇(ひさし)のケレン作業のようすです。庇は、開口部、窓やドアの上に取り付けられた、日差しや雨から守る小さな屋根のことです。

写真
写真

金属部分なので、サビ止めの塗装から開始します。サーモテックメタルプライマーの塗布が完了したようすが左の写真です。右は、フッ素UVコート溶剤の塗布を開始したところです。

写真
写真

2回目のフッ素UVコート溶剤を塗布しているようすと、塗装が完了した写真です。

雨戸の塗装をおこないます

写真
写真
写真

雨樋も庇と同様に、サビ止めを塗布します。ピンクの縁取りは、養生としてテープで覆っているようすです。

写真
写真
写真

フッ素UVコート溶剤を塗布していきます。雨戸は凹凸があるので、きちんと塗料がいきわたるように気を付けています。右の写真は、2回目のフッ素UVコート溶剤の塗布が完了したようすです。

水切りの塗装

写真
写真
写真

水切りは、基礎の上に取り付けられた金属部分です。名前の通り屋根や壁から流れてくる雨水を基礎や土台、室内に水が入り込まないように、取り付けられています。この部分も金属製なので、ケレン作業をおこない、サビ止めを塗布し、上塗り2回をおこないました。
屋根の修理から始まった施工は、鉄部の塗装で全ての工事が完了しました。屋根と外壁のひび割れの修理で、雨漏りの心配から解放され、キレイな状態が長く続く塗料で美観維持も実現しました。
塗装でできること、意外と多いですよね。

写真
  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...