土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

その他エリア 突風で棟板金が飛散・欠落したため補修工事を行ってほしいとのご相談。

    施工内容
    その他
    使用材料 貫板(杉材)、棟板金
    施工期間 1日

    工事のきっかけ

    突風で棟板金が飛散・欠落したため補修工事を行ってほしいとのご相談。

    写真

    龍ケ崎市のお客様から、棟板金の補修工事のご相談がありました。

    現場調査!

    まずは契約に先立って現場の状況を確認するため調査を行いました。
    施主さまからのご相談の通り、棟板金が取れてしまっています。
    棟板金の下に置かれている貫板(ぬきいた)も黒く変色していることから、棟の欠落は貫板の腐食ということがわかりました。
    このまま棟板金を取り付けてもまたすぐに取れてしまいかねないため、貫板ごとの交換をご提案させていただきました。

    写真

    貫板ごと取れてしまった場所もあります。

    写真

    棟板金がついている場所も、釘が抜けかかっているのか棟が浮いてしまっています。
    放っておくとこちらも飛んでいってしまうかもしれないので、貫板ごと剥がして交換します。

    写真

    補修工事のご依頼は屋根のみでしたが、今後の参考にでもなればと外壁もチェックしていきます。
    経年劣化でコーキングの劣化やサイディングボードの表面の傷みが目立ってきているので、メンテナンスを兼ねた補修が必要な時期に差し掛かっているようです。

    棟板金補修工事!

    棟板金の補修工事の様子をお伝えします。
    屋根という高所での作業のため、安全対策をしっかりと行って作業しました。

    写真

    今回の現場ではすべて新しく張り替えを行っていきまづけ。
    そのため、まずは古い棟板金と貫板をすべて撤去していきます。

    写真

    続いて、屋根の峰に沿って貫板(ぬきいた)を設置していきます。
    貫板とは幅約90mm、厚み約15mmほどの細長い板材の総称です。
    このような大きさの板材を使って柱同士を貫いて筋交いのように使っていたことから、貫板と言われています。
    汎用性の高い板材のため似たような規格のものをすべて貫板と呼び、住宅の様々なところで使用しています。

    写真

    今回の貫板は杉材でできています。
    様々な材質の貫板がありますが、杉材は湿気に強く防腐性があるため屋根などの雨水によって湿気やすい場所でもよく使われています。

    写真

    貫板の上から棟板金を釘で打ち止めて工事が完了しました。

    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...