土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の外壁塗装は霞美装へお任せください

施工事例

土浦市|スレート屋根の屋根材が欠けて雨漏りの危険性!火災保険適用で応急処置

概要

スレート屋根の屋根材が欠けて雨漏りの危険性!火災保険適用で応急処置

施工内容 その他

工事のきっかけ

大型台風の後、庭に何かが落ちていたそうです。よくみたらと屋根の一部であることに気づいたお客さまが雨漏りのご心配があるとのことで修理のご依頼をされました。

落下した屋根材!現地調査の様子です

庭に落ちていた屋根材です。  お客さまの推測通り、欠けたスレート屋根の一部でした。
庭に落ちていた屋根材です。 お客さまの推測通り、欠けたスレート屋根の一部でした。
スレート屋根は厚さ1センチ以下、もともとヒビが入っていたところに台風が来たのか、台風で飛来物が当たり欠け落ちてしまったものでしょう。
スレート屋根は厚さ1センチ以下、もともとヒビが入っていたところに台風が来たのか、台風で飛来物が当たり欠け落ちてしまったものでしょう。
少し歩いただけでこれだけの量が集まりました。ほぼ確実にお客さま宅のものと考えられますが、近隣のものが飛んできた可能性もあるため、高所カメラでも確認していきます。
少し歩いただけでこれだけの量が集まりました。ほぼ確実にお客さま宅のものと考えられますが、近隣のものが飛んできた可能性もあるため、高所カメラでも確認していきます。
塗膜が劣化して棟板金(むねばんきん)の浮きも見られます。
塗膜が劣化して棟板金(むねばんきん)の浮きも見られます。
欠落している箇所をみつけました。
欠落している箇所をみつけました。
材質や量からして間違いないようです。
材質や量からして間違いないようです。
こちらは日が当たりにくい上に、塗膜が劣化して防水性が低下しているため、屋根材が水を含んでいる状態です。
こちらは日が当たりにくい上に、塗膜が劣化して防水性が低下しているため、屋根材が水を含んでいる状態です。
この状態で放置していると雨漏りの可能性が高くなるため、早めの対処が必要です。
この状態で放置していると雨漏りの可能性が高くなるため、早めの対処が必要です。

火災保険適用のケースです

被害の写真とともに対策詳細を添えて、保険会社に提出をおこないます。

火災保険が適用となり、屋根補修塗装、外壁補修塗装、シーリングの打ち替え、その他の付帯部塗装が出来るだけの金額がおりました。



火災保険の目的は、原状回復です。

原状回復とは、被害に遭う前の状態に戻すことです。



今回はお客さまのご希望により、落下して欠けた屋根材の補修のみおこなうこととなりました。

屋根の応急処置!

屋根材が欠落した箇所に、新しい屋根材を嵌め込んでいきました。

写真
写真
写真
写真

屋根材のヒビ割れ(クラック)は、このままだと雨水が屋根内部に侵入して、また欠け落ちてしまう可能性があるため、補修材でヒビ割れの部分を繋いでいきます。

写真
写真
写真

黒く見える線がヒビ割れ(クラック)を埋めたところです。

今回の応急処置はこちらで完了となりました。

あくまでも応急処置です

今回は、欠落した屋根材を戻し、ヒビ割れを埋めていきました。

棟板金の浮きはそのままです。



また同じような勢力の台風が来たときに、今回と同じような被害がおこる可能性があります。

そして同じような被害が起きたときに保険を申請しても、申請が通らない可能性が高くなります。



弊社でもこの先のリスクについては、お客さまにしっかりとご説明をさせていただきました。



今回は雨漏りなどの被害は起こりませんでしたが、大きな被害に繋げないためにも、後々に困らないためにも、メンテナンスのご計画をたてることをオススメいたします。

この記事の施工担当スタッフ

    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市築25年のスレート屋根。雨漏り原因になる棟板金の隙間を補修

      石岡市築25年のスレー...

    • 石岡市で外壁塗装、塗装前にシーリングの打ち替えで雨漏りに強い家に

      石岡市で外壁塗装、塗装...

    • 石岡市の外壁塗装現場で養生、工事交換日記チラ見せ!

      石岡市の外壁塗装現場で...

    • 石岡市で軒天塗装。マルチエースでカビに強い塗装を!

      石岡市で軒天塗装。マル...