土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の外壁塗装は霞美装へお任せください

施工事例

石岡市|雨漏りに悩むツタの絡まる家。ツタを除去して雨漏り修理・防水塗装

概要

雨漏りに悩むツタの絡まる家。ツタを除去して雨漏り修理・防水塗装

施工内容 外壁塗装
屋根塗装
防水工事
その他
ツタ除去
使用材料
《屋根》無機UVコート 《外壁》アステックプラス(添加)超低汚染リファイン・ホライゾンブルー(上塗り) 《付帯部》フッソUVコート 《軒天》マルチエース 《防水》FRP

工事のきっかけ

雨漏りの被害に遭ったお客さまが、弊社のホームページをご覧になり、お問い合わせをいただいたのがきっかけです。

現地調査!

お問い合わせをいただいて、早速現地調査にお伺いしました。

雨漏り鑑定士の資格を持ったスタッフが、現地の様子をみていきます!

現地外観です。外壁右端、遠目からでもツタの跡がみえます。
現地外観です。外壁右端、遠目からでもツタの跡がみえます。
ツタは除草剤で枯らしたそうですが、枯れてもなお外壁にしっかりと張り付いています。
ツタは除草剤で枯らしたそうですが、枯れてもなお外壁にしっかりと張り付いています。
太陽の光があまり当たらない、湿度が高くなる場所は苔が生えやすいです。
太陽の光があまり当たらない、湿度が高くなる場所は苔が生えやすいです。
ウッドデッキは色あせています。ツタの被害は広範囲にみられました。
ウッドデッキは色あせています。ツタの被害は広範囲にみられました。
切妻屋根の破風板部分(濃いグレーの箇所)、シーリングが劣化しています。  隙間から雨水が入り込んで雨漏りの原因となります。
切妻屋根の破風板部分(濃いグレーの箇所)、シーリングが劣化しています。 隙間から雨水が入り込んで雨漏りの原因となります。
屋根は高所カメラでみていきます。  歪んでみえるのは、強風で煽られて浮いてしまった部分です。  こちらも放置しておくと雨漏りの原因となります。
屋根は高所カメラでみていきます。 歪んでみえるのは、強風で煽られて浮いてしまった部分です。 こちらも放置しておくと雨漏りの原因となります。

雨漏りの原因はココ!

写真
写真

サーモグラフィーで水分含有をみていきます。

水分を含んでいる箇所は温度が低く=青くなります。



雨漏り原因は、外壁材を繋ぐシーリングが劣化した部分でした。

劣化したシーリングの隙間から雨水が入り込み、内部に侵入したのでしょう。

雨漏り修理・塗装前に、邪魔になるツタを除去します

カワスキというヘラのような道具で、外壁にこびりついたツタを剥がしていきます。  枯れたツタでも密着度はかなりのものです。     気根が残っていると、日光と雨水などの水分で生長してしまいます。なんという生命力!
カワスキというヘラのような道具で、外壁にこびりついたツタを剥がしていきます。 枯れたツタでも密着度はかなりのものです。 気根が残っていると、日光と雨水などの水分で生長してしまいます。なんという生命力!
ツタは生命力がつよいため、剥がしたとしても「気根(きこん)」と呼ばれる根は消滅しません。  そのためガスバーナーで炙って、ツタを焼き切っていきます。     焼いた後は、ブラシで焼けたツタをとっていきます。
ツタは生命力がつよいため、剥がしたとしても「気根(きこん)」と呼ばれる根は消滅しません。 そのためガスバーナーで炙って、ツタを焼き切っていきます。 焼いた後は、ブラシで焼けたツタをとっていきます。
ツタの除去が完了しました。     外壁にツタが生えていると、外壁の劣化や破損に気づきにくくなります。  ツタの根は深く、例えばシーリング部分に根を張られると雨漏りの原因に、室外機や給湯器などに入り込むと機器の故障にも繋がります。
ツタの除去が完了しました。 外壁にツタが生えていると、外壁の劣化や破損に気づきにくくなります。 ツタの根は深く、例えばシーリング部分に根を張られると雨漏りの原因に、室外機や給湯器などに入り込むと機器の故障にも繋がります。

高圧洗浄で汚れを落とします

写真
写真

こちらも修理・塗装の前準備です。

今回の雨漏り原因はシーリングの劣化でしたので、高圧洗浄が先ですが、雨漏り原因・箇所によっては高圧洗浄より先におこないます。

屋根塗装は汚れに強い塗料でおこないます

屋根は金属屋根でした。  そのため、下塗りには防サビ効果のある下塗り材を使っていきます。
屋根は金属屋根でした。 そのため、下塗りには防サビ効果のある下塗り材を使っていきます。
はじめに細かい部分を塗装するダメ込みをおこない、その後にローラーで塗っていきます。
はじめに細かい部分を塗装するダメ込みをおこない、その後にローラーで塗っていきます。
上塗り塗料には「無機UVコート」という汚れに強い塗料を使用しました。
上塗り塗料には「無機UVコート」という汚れに強い塗料を使用しました。
中塗り完了したところです。乾燥を待って上塗りをしていきます。
中塗り完了したところです。乾燥を待って上塗りをしていきます。
上塗り塗料は2回に分けて塗ることで、屋根を守る厚みのある塗膜をつくることができます。
上塗り塗料は2回に分けて塗ることで、屋根を守る厚みのある塗膜をつくることができます。
色あせていた屋根が美しさを取り戻しました!  劣化に強く汚れにくい塗料で、美しさを長期間保ちます。
色あせていた屋根が美しさを取り戻しました! 劣化に強く汚れにくい塗料で、美しさを長期間保ちます。

雨漏り原因となったシーリングを修理!シーリング打ち替え

雨漏りの原因となった外壁のシーリング箇所のほか、全体的に打ち替えをしていきます。

シーリングは種類にもよりますが、7~10年程度で寿命といわれます。

最近では長寿命のシーリングも出ているので、屋根や外壁の塗料と耐用年数を合わせるとよいでしょう。

写真
写真
写真

雨漏りの原因となった外壁のシーリング箇所のほか、全体的に打ち替えをしていきます。

シーリングは種類にもよりますが、7~10年程度で寿命といわれます。

最近では長寿命のシーリングも出ているので、屋根や外壁の塗料と耐用年数を合わせるとよいでしょう。

屋根と外壁以外の場所も塗装!付帯部(ふたいぶ)塗装

こちらは軒天の塗装です。  軒天の状態も経年劣化の範囲で激しい痛みはないため、下塗り不要の「フッ素UVコート」で塗っていきます。
こちらは軒天の塗装です。 軒天の状態も経年劣化の範囲で激しい痛みはないため、下塗り不要の「フッ素UVコート」で塗っていきます。
防カビ効果のある塗料なので、湿気が溜まりやすい軒天をカビなどの侵食から守ります。
防カビ効果のある塗料なので、湿気が溜まりやすい軒天をカビなどの侵食から守ります。
雨樋・破風板ともにケレン作業をして、塗料が密着するように下準備をします。
雨樋・破風板ともにケレン作業をして、塗料が密着するように下準備をします。
破風板は下塗りにサビ止めをしたあと、上塗り塗料を2回塗っていきます。
破風板は下塗りにサビ止めをしたあと、上塗り塗料を2回塗っていきます。
紫外線による劣化に強く、汚れにくい「フッ素UVコート」を使用しました。
紫外線による劣化に強く、汚れにくい「フッ素UVコート」を使用しました。
雨樋・破風板ともに2回塗装をおこない完了です。
雨樋・破風板ともに2回塗装をおこない完了です。
写真
写真
写真

シャッターボックスにもツタの跡がありました。

防サビ効果のある下塗り材を塗っていきます。

フッ素UVコートを2回塗っていきます。
フッ素UVコートを2回塗っていきます。
ツタの跡はもうみえません。
ツタの跡はもうみえません。

ベランダ防水塗装

ベランダも経年で防水性が失われていきます。  古い塗膜を削って、新しい防水塗料が密着する下準備です。
ベランダも経年で防水性が失われていきます。 古い塗膜を削って、新しい防水塗料が密着する下準備です。
「アセトン」という揮発性の高い有機溶剤で拭き取り作業をしていきます。  油膜を拭き取って、塗料の早期剥離を予防します。
「アセトン」という揮発性の高い有機溶剤で拭き取り作業をしていきます。 油膜を拭き取って、塗料の早期剥離を予防します。
プライマー、トップコートを塗っていきます。  今回はFPR工法で防水塗装をしていきました。
プライマー、トップコートを塗っていきます。 今回はFPR工法で防水塗装をしていきました。
ベランダ防水塗装、完了です。
ベランダ防水塗装、完了です。

外壁塗装、塗料には防カビ・防水効果をプラス!

写真
写真
写真

ツタと苔で侵食されていた外壁、塗装には防カビと防水の効果を追加していきます。

「アステックプラス」という添加剤を下塗り材にいれていきました。

703種類の細菌やカビ・藻などに効果を発揮する優れた防カビ添加剤です。

写真

上塗材には、汚れがつきにくく・汚れを洗い流すセルフクリーニング機能がついた・高い遮熱効果をもつ「超低汚染リファイン」を使用しました。

カラーはホライゾンブルーです。

外壁塗装の上塗りが完了。  その他付帯部塗装も完了した段階で、塗装がきちんとされているかの確認をします。
外壁塗装の上塗りが完了。 その他付帯部塗装も完了した段階で、塗装がきちんとされているかの確認をします。
色の取り合いの滲みがないか、塗装しない面が汚れていないか、塗料垂れや透けがないか、をみていきます。  マスキングテープは修正部分がわかるように貼っていきます。
色の取り合いの滲みがないか、塗装しない面が汚れていないか、塗料垂れや透けがないか、をみていきます。 マスキングテープは修正部分がわかるように貼っていきます。
写真
写真
写真

途中でついてしまう小さいキズなどもタッチアップの対象です。

見落とさないよう、細心の注意を払ってみていきます。

サービスでウッドデッキ塗装!

写真
写真
写真

色あせていたウッドデッキを、綺麗にしていきます。

はじめにケレン作業でささくれなどを落としていき、塗装をしていきます。

今回は浸透するタイプの塗料で塗装をしていきました。

ウッドデッキの塗装は防カビ・防虫・防腐に役立ちます。

この記事の施工担当スタッフ

    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 小美玉市、10年ぶりの塗装工事!破風板&雨樋を高耐候性塗料で塗り替え!

      小美玉市、10年ぶりの...

    • 小美玉市の10年ぶりの塗装メンテナンス現場!霧除け庇をマックスシールド1500で塗り替え!

      小美玉市の10年ぶりの...

    • 小美玉市、一戸建て塗り替え工事!家のまわりの塀を塗り替えて約1ヶ月の工事が完了しました!

      小美玉市、一戸建て塗り...

    • 石岡市、築10年の一戸建て住宅の塗装前の現場調査を行います!

      石岡市、築10年の一戸...