土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

土浦市 築40年の住宅。屋根塗装工事と雨樋の交換を行いました。

    施工内容 屋根塗装
    その他
    使用材料 超低汚染リファインSi
    築年数 約40年
    施工期間 約1週間
    建坪 約20坪

    工事のきっかけ

    屋根等の汚れが気になっていたところ、弊社のチラシをご覧になり連絡をいただきました。

    現地調査

    土浦市の築40年のお宅です。

    弊社のチラシをご覧になり連絡をいただきましたので、まずはお客様立会いのもと、現地調査に伺いました。現状を把握し、お客様のご要望に沿いながら塗装のご提案をさせて頂きます。

    築年数が経っておりますので、長年蓄積された汚れやコケなどが目立ちました。
    築年数が経っておりますので、長年蓄積された汚れやコケなどが目立ちました。
    塗膜が劣化して剥がれていたり、変色している箇所もありました。雨樋のゆがみも確認されました。
    塗膜が劣化して剥がれていたり、変色している箇所もありました。雨樋のゆがみも確認されました。
    雨樋の劣化が激しかったため、塗装ではなく新しいものに交換することをご提案させていただきました。
    雨樋の劣化が激しかったため、塗装ではなく新しいものに交換することをご提案させていただきました。
    全体的に経年劣化が見られますが、雨漏りが確認されましたので屋根の塗装をお勧めいたしました。
    全体的に経年劣化が見られますが、雨漏りが確認されましたので屋根の塗装をお勧めいたしました。

    足場組立

    洗浄を行う前に足場を設置しました。  今回のお宅は、近隣住宅との距離が近く洗浄の水やコケやゴミなどが飛ぶ恐れがありました。それを防ぐ為にネットを設置する必要があったため、足場を設置いたしました。
    洗浄を行う前に足場を設置しました。 今回のお宅は、近隣住宅との距離が近く洗浄の水やコケやゴミなどが飛ぶ恐れがありました。それを防ぐ為にネットを設置する必要があったため、足場を設置いたしました。
    足場にネットを設置しました。このネットはとても優秀で、洗浄水やゴミ、塗料の飛散をしっかりと防いでくれます。
    足場にネットを設置しました。このネットはとても優秀で、洗浄水やゴミ、塗料の飛散をしっかりと防いでくれます。

    高圧洗浄

    長年蓄積された汚れが溜まっています。このまま塗装してしまいますと見栄えが悪くなるだけでなく、ごみと一緒に塗膜も剥がれてしまいます。また、古い塗膜など油分が浮き出てしまい、新しい塗膜を剥がしてしまう事もあります。
    長年蓄積された汚れが溜まっています。このまま塗装してしまいますと見栄えが悪くなるだけでなく、ごみと一緒に塗膜も剥がれてしまいます。また、古い塗膜など油分が浮き出てしまい、新しい塗膜を剥がしてしまう事もあります。
    コケが生えているのがお分かりいただけると思います。コケは想像以上にへばりついて簡単には落ちません。高圧洗浄機を至近距離であてて、しっかりと落とさなくてはいけません。
    コケが生えているのがお分かりいただけると思います。コケは想像以上にへばりついて簡単には落ちません。高圧洗浄機を至近距離であてて、しっかりと落とさなくてはいけません。
    高圧洗浄の様子です。  かなりの水圧になり、斜面での作業になりますので、バランスを崩さないように慎重に作業を進めていきます。コケは濡れると滑りやすくなりますので、濡れたコケに乗らないように注意をしながら施工します。  高圧洗浄中(5)300015 高圧洗浄でしっかりと汚れが落ちているのがお分かりいただけるでしょうか!
    高圧洗浄の様子です。 かなりの水圧になり、斜面での作業になりますので、バランスを崩さないように慎重に作業を進めていきます。コケは濡れると滑りやすくなりますので、濡れたコケに乗らないように注意をしながら施工します。 高圧洗浄中(5)300015 高圧洗浄でしっかりと汚れが落ちているのがお分かりいただけるでしょうか!
    高圧洗浄でしっかりと汚れが落ちているのがお分かりいただけるでしょうか!
    高圧洗浄でしっかりと汚れが落ちているのがお分かりいただけるでしょうか!
    近隣住宅に剥がれたごみを飛ばさないようにする為、水の向きを考えながら洗浄していきます。
    近隣住宅に剥がれたごみを飛ばさないようにする為、水の向きを考えながら洗浄していきます。
    全ての面の洗浄が終わりましたら、水圧を下げて取れたごみを流していきます。
    全ての面の洗浄が終わりましたら、水圧を下げて取れたごみを流していきます。
    写真
    写真

    しっかりときれいに汚れが落ちました。

    濡れたまま塗装を行いますと、早期の剥がれに繋がり兼ねませんので、洗浄後は丸一日以上置きしっかりと乾燥させてから次の工程へと移ります。

    屋根コーキング

    汚れもきれいに落ち、水分も残っておらず、塗装前の下準備が整いました。
    汚れもきれいに落ち、水分も残っておらず、塗装前の下準備が整いました。
    雨漏りが確認されましたので、屋根瓦の棟の部分にコーキング処理を行っていきます。下地とコーキングの密着性を高める為、しっかりとプライマーを塗布してからコーキング材を打ち込んでいきます。専用のヘラで、中に空洞が出来ないように押し込むようにしながら表面もきれいに均します。
    雨漏りが確認されましたので、屋根瓦の棟の部分にコーキング処理を行っていきます。下地とコーキングの密着性を高める為、しっかりとプライマーを塗布してからコーキング材を打ち込んでいきます。専用のヘラで、中に空洞が出来ないように押し込むようにしながら表面もきれいに均します。
    写真

    屋根棟瓦のコーキング工事が完了しました。

    屋根下塗り

    屋根の下塗りの様子です。  ローラーを使用して丁寧に塗っていきます。塗りにくい細かな箇所は、ハケなどを使用して塗り残しの無いように施工していきます。
    屋根の下塗りの様子です。 ローラーを使用して丁寧に塗っていきます。塗りにくい細かな箇所は、ハケなどを使用して塗り残しの無いように施工していきます。
    シーラーとは、塗装面と上塗り塗料との密着性を高める接着剤の役割を果たすものです。シーラーを吸い込ませることで劣化した屋根材を補強したり、上塗り塗料の吸い込みを防ぐ役割も持ちます。
    シーラーとは、塗装面と上塗り塗料との密着性を高める接着剤の役割を果たすものです。シーラーを吸い込ませることで劣化した屋根材を補強したり、上塗り塗料の吸い込みを防ぐ役割も持ちます。
    写真

    下塗りが完了しました。



    しっかりと下地を整えることで、上塗り塗料の下地への吸い込みを防ぎ塗りムラが出にくくなり、密着性も増して上塗り塗料の機能性や耐久性等を十分に発揮できる状態になります。

    屋根上塗り

    上塗り1回目の様子です。  超低汚染リファインSiを使用しました。高い耐候性を持ち、建物の美観を保持する美観保持機能に優れた屋根用塗料です。汚れにくく紫外線にも強いので塗膜の劣化進行を抑えてくれるだけでなく、遮熱性にも優れているので夏の室内の温度上昇も抑えてくれます。
    上塗り1回目の様子です。 超低汚染リファインSiを使用しました。高い耐候性を持ち、建物の美観を保持する美観保持機能に優れた屋根用塗料です。汚れにくく紫外線にも強いので塗膜の劣化進行を抑えてくれるだけでなく、遮熱性にも優れているので夏の室内の温度上昇も抑えてくれます。
    1回目の上塗りが完了しました。
    1回目の上塗りが完了しました。
    上塗り2回目の様子です。  同じ塗料を使用して2回塗る事により、塗膜の厚みを出し塗料の性能を発揮できる状態にしていきます。
    上塗り2回目の様子です。 同じ塗料を使用して2回塗る事により、塗膜の厚みを出し塗料の性能を発揮できる状態にしていきます。
    屋根の上塗りが完了しました。  塗装の目的は、保護・美観・機能の三つが基本です。屋根は常に熱や紫外線・風雨などにさらされており、とても劣化しやすい箇所です。不具合が起きる前に定期的にメンテナンスを行う事をお勧めしております。
    屋根の上塗りが完了しました。 塗装の目的は、保護・美観・機能の三つが基本です。屋根は常に熱や紫外線・風雨などにさらされており、とても劣化しやすい箇所です。不具合が起きる前に定期的にメンテナンスを行う事をお勧めしております。

    古い雨樋を撤去していきます。  外壁や他の箇所を傷つけないように、丁寧に作業を進めていきます。
    古い雨樋を撤去していきます。 外壁や他の箇所を傷つけないように、丁寧に作業を進めていきます。
    撤去後の雨樋です。  外してみますと、ひび割れており穴が開いている箇所もありました。雨樋としての機能が低下しており、このまま放置しますと外壁や基礎まで汚してしまい、家屋自体の劣化を早めてしまう事になり兼ねません。また落下の危険性も高まりますので、ご注意ください。
    撤去後の雨樋です。 外してみますと、ひび割れており穴が開いている箇所もありました。雨樋としての機能が低下しており、このまま放置しますと外壁や基礎まで汚してしまい、家屋自体の劣化を早めてしまう事になり兼ねません。また落下の危険性も高まりますので、ご注意ください。
    写真

    新しい雨樋を取り付けました。

    取り付け後は、実際に水を流してみて機能に問題が無いかきちんとチェックいたします。

    施工完了

    写真

    施工後は、ごみや塗料による汚れが無いかなどよく確認をします。

    足場を外して、塗装工事の完了です。

    今回のお宅は、保護のための屋根塗装も同時に行いましたが、保護はもちろん遮熱性も高い塗料を使用しましたので、夏の暑さ対策にもなり省エネ効果が期待できます。

    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...