土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

石岡市 石岡市でおこなった一軒家のリフォーム現場です。 屋根塗装のほか、外壁塗装、室内の床から天井までリフォームをおこないました。 今回は錆びてしまった金属屋根の防サビ塗装を中心にご紹介していきます。

    施工内容 屋根塗装
    使用材料 サーモテックメタルプライマー
    築年数 40年超
    施工期間 約7週間(すべての施工)
    建坪 約80坪

    工事のきっかけ

    石岡市のお客様より一軒家のリフォーム工事のご依頼をいただきました。

    築40年以上経ち、人が住まなくなってから5年は経過していました。

    ボロボロの屋根を綺麗にしていきます!

    石岡市の物件、板金屋根の施工前写真です。  塗膜の傷みや錆びが目立ちます。  色が濃い部分が錆ている部分です。
    石岡市の物件、板金屋根の施工前写真です。 塗膜の傷みや錆びが目立ちます。 色が濃い部分が錆ている部分です。
    同じく施工前の写真です。  こちらは錆による腐食が激しく雨漏りが心配です。
    同じく施工前の写真です。 こちらは錆による腐食が激しく雨漏りが心配です。
    金属屋根のケレン作業をおこなっていきます。  錆による腐食が激しい箇所はスクレーパーを使って一気に除去していきます。
    金属屋根のケレン作業をおこなっていきます。 錆による腐食が激しい箇所はスクレーパーを使って一気に除去していきます。
    大まかな除去が終わったらスコッチブライトで全体をケレンしていきます。  サンダーでケレンをおこなってしまうと腐食が激しい場所は貫通してしまう可能性もあるので手作業で行なうことにしました。
    大まかな除去が終わったらスコッチブライトで全体をケレンしていきます。 サンダーでケレンをおこなってしまうと腐食が激しい場所は貫通してしまう可能性もあるので手作業で行なうことにしました。
    腐食や傷みが激しい場所は補修をおこなっていきます。  将来的に不安な箇所は補強を行っておきます。
    腐食や傷みが激しい場所は補修をおこなっていきます。 将来的に不安な箇所は補強を行っておきます。
    コーナー部分も雨漏りの心配があるためシリコンを充填していきます。
    コーナー部分も雨漏りの心配があるためシリコンを充填していきます。
    全体のケレン作業が終わったらプライマーを塗っていきます。  プライマーは下地と塗料の接着剤の役割があるので必ず塗布します。
    全体のケレン作業が終わったらプライマーを塗っていきます。 プライマーは下地と塗料の接着剤の役割があるので必ず塗布します。
    下塗りで使う錆止め塗料です。  アステックペイントのサーモテックメタルプライマーを使用しました。  防サビ効果にプラスして、遮熱効果もある優れた下塗り材です!
    下塗りで使う錆止め塗料です。 アステックペイントのサーモテックメタルプライマーを使用しました。 防サビ効果にプラスして、遮熱効果もある優れた下塗り材です!
    石岡市の一軒家リフォーム現場、金属屋根の下塗りをおこなって防サビ効果を付与していきます。  今回の錆止めは白を使用しています。  用途や希望によって色は変更しています。
    石岡市の一軒家リフォーム現場、金属屋根の下塗りをおこなって防サビ効果を付与していきます。 今回の錆止めは白を使用しています。 用途や希望によって色は変更しています。
    ボロボロだった金属屋根、防サビの下塗り2回目です。
    ボロボロだった金属屋根、防サビの下塗り2回目です。
    手摺のケレン作業をおこなっていきます。  手摺は腐食も少ないのでサンダー使用を使ってケレン作業をおこないます。
    手摺のケレン作業をおこなっていきます。 手摺は腐食も少ないのでサンダー使用を使ってケレン作業をおこないます。
    下屋部分のケレン作業です。  錆は多いですが腐食は少ないのでサンダーで作業を進めます。     もちろん腐食が激しい場所もありますのでそういった場所は手作業でケレンを行います。
    下屋部分のケレン作業です。 錆は多いですが腐食は少ないのでサンダーで作業を進めます。 もちろん腐食が激しい場所もありますのでそういった場所は手作業でケレンを行います。
    写真にはありませんが補修が必要箇所は補修し、プライマーも塗りおわりました。  続けて手摺、下屋根にも錆止め塗装をおこなっていきます。
    写真にはありませんが補修が必要箇所は補修し、プライマーも塗りおわりました。 続けて手摺、下屋根にも錆止め塗装をおこなっていきます。
    手摺、下屋根の防サビ下塗り塗装が完了しました。  ベランダの床も一度撤去して下屋根を塗装しています。  ベランダは塗装が完了したあとに復旧します。
    手摺、下屋根の防サビ下塗り塗装が完了しました。 ベランダの床も一度撤去して下屋根を塗装しています。 ベランダは塗装が完了したあとに復旧します。
    石岡市の屋根塗装・上塗りをおこなっておきます。  広い面はローラーで、細かい部分は刷毛で塗装していきます。
    石岡市の屋根塗装・上塗りをおこなっておきます。 広い面はローラーで、細かい部分は刷毛で塗装していきます。
    小口や見えにくい部分は細い刷毛を使って塗装していきます。
    小口や見えにくい部分は細い刷毛を使って塗装していきます。

    破風板塗装

    石岡市でおこなったリフォーム塗装現場、破風板のケレン作業をおこなっていきます。  スクレーパーを使い剥がすようにおこないます。
    石岡市でおこなったリフォーム塗装現場、破風板のケレン作業をおこなっていきます。 スクレーパーを使い剥がすようにおこないます。
    古い塗膜が残らないよう丁寧におこないます。  残ってしまうと剥離の原因になるので重要な作業です。  また、スクレーパーで木材を刳ってしまうことが無いよう力加減に注意も必要です。
    古い塗膜が残らないよう丁寧におこないます。 残ってしまうと剥離の原因になるので重要な作業です。 また、スクレーパーで木材を刳ってしまうことが無いよう力加減に注意も必要です。
    最後にスコッチブライトを使って全体のケレンをおこないます。  細かいササクレ等はこれで落としておきます。
    最後にスコッチブライトを使って全体のケレンをおこないます。 細かいササクレ等はこれで落としておきます。
    破風板の下塗りをおこないます。
    破風板の下塗りをおこないます。
    下塗り中に発覚した補修が必要な箇所です。  通常ならケレン作業中出来てもおかしく無いのですが、塗料の水分を含んで脆くなり現れたようです。
    下塗り中に発覚した補修が必要な箇所です。 通常ならケレン作業中出来てもおかしく無いのですが、塗料の水分を含んで脆くなり現れたようです。
    シリコンを充填してタッチアップ塗装をおこないます。  その後上塗り塗装を行なうので全く分からなくなります。
    シリコンを充填してタッチアップ塗装をおこないます。 その後上塗り塗装を行なうので全く分からなくなります。
    破風板の塗装下塗りが完了しました。  写真にはありませんでしたが雨樋のケレン作業も完了しているので、  同時に雨樋の塗装もおこなっています。
    破風板の塗装下塗りが完了しました。 写真にはありませんでしたが雨樋のケレン作業も完了しているので、 同時に雨樋の塗装もおこなっています。
    破風板の塗装上塗りと雨樋の塗装です。
    破風板の塗装上塗りと雨樋の塗装です。

    雨樋補修

    雨樋の破損箇所です。  交換での対応も可能ですが、今回は補修で対応しました。
    雨樋の破損箇所です。 交換での対応も可能ですが、今回は補修で対応しました。
    裏当てを当てて接着、シリコンを充填してその上から塗装し完了です。
    裏当てを当てて接着、シリコンを充填してその上から塗装し完了です。

    テラス塗装

    テラスのケレン作業をおこないます。  サンダーでおこなってしまうと波板に傷を付けてしまう恐れがあるので手作業でおこないます。  塗膜の傷みは比較的少なく綺麗でした。
    テラスのケレン作業をおこないます。 サンダーでおこなってしまうと波板に傷を付けてしまう恐れがあるので手作業でおこないます。 塗膜の傷みは比較的少なく綺麗でした。
    下塗りをおこなっていきます。  波板に塗料が着かないよう慎重に行います。
    下塗りをおこなっていきます。 波板に塗料が着かないよう慎重に行います。
    テラスの下塗りが完了しました。
    テラスの下塗りが完了しました。
    上塗りは2回おこないます。
    上塗りは2回おこないます。

    縁側補修塗装

    石岡市の一軒家では縁側もありました。  ボロボロになった縁側の施工前の写真です。  受け桟が腐ってしまっていますが他は問題がないので再利用し塗装し再利用します。
    石岡市の一軒家では縁側もありました。 ボロボロになった縁側の施工前の写真です。 受け桟が腐ってしまっていますが他は問題がないので再利用し塗装し再利用します。
    受け桟は一度撤去して、新しいものと入れ替えます。  他の部材はケレンをおこないます。
    受け桟は一度撤去して、新しいものと入れ替えます。 他の部材はケレンをおこないます。
    ケレン作業が終わり、縁側の下塗りをおこないました。  受け桟が新しくなり強度も問題ありません。
    ケレン作業が終わり、縁側の下塗りをおこないました。 受け桟が新しくなり強度も問題ありません。
    上塗りをして縁側の塗装が完了しました。  木材を再利用しているのでいい味を出しています。
    上塗りをして縁側の塗装が完了しました。 木材を再利用しているのでいい味を出しています。
    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...