土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

石岡市 築16年のお宅を美観保持機能&遮熱効果が高い塗料で塗り替えました!

    施工内容 外壁塗装
    屋根塗装
    防水工事
    シーリング打ち替え
    部分塗装
    その他
    使用材料 《屋根》スーパーシャネツサーモF(上塗り)サーモテックシーラー(下塗り) 《外壁》超低汚染リファイン1000MF-IR(上塗り)ホワイトフィラーA(下塗り) 《軒天》マルチエースⅡ 《破風板等その他付帯部》フッ素UVコート 《シーリング》アステックシール2000
    築年数 約16年
    施工期間 約6週間
    建坪 約40坪

    工事のきっかけ

    雨漏りがすると弊社にご相談いただきました。

    現地調査

    ご依頼を受けましたら、お客さ立会いのもと現地調査に伺います。

    現状を把握しお客様のお話を聞き、後日報告書をまとめて塗装工事のご提案をさせて頂いております。

    全体的に長年蓄積された汚れがあり、雨だれの跡なども付いていました。
    全体的に長年蓄積された汚れがあり、雨だれの跡なども付いていました。
    シーリングの傷みや、外壁にひび割れなども確認できました。
    シーリングの傷みや、外壁にひび割れなども確認できました。
    屋根の最上部にある棟板金が、浮いてしまっています。
    屋根の最上部にある棟板金が、浮いてしまっています。
    屋根瓦も傷みが激しいのが分かります。
    屋根瓦も傷みが激しいのが分かります。
    窓周りの幕板部分の塗装が剥がれてしまっています。
    窓周りの幕板部分の塗装が剥がれてしまっています。
    軒天の汚れも気になります。  雨樋の接合部分が割れています。
    軒天の汚れも気になります。 雨樋の接合部分が割れています。
    シャッターボックスの塗膜が劣化し、サビも気になります。
    シャッターボックスの塗膜が劣化し、サビも気になります。
    雨樋の塗膜劣化や、シーリングのひび割れも確認できました。
    雨樋の塗膜劣化や、シーリングのひび割れも確認できました。
    写真
    写真
    水の侵入を確認するため、サーモグラフィーを使用して、温度を測定します。
    水の侵入を確認するため、サーモグラフィーを使用して、温度を測定します。
    温度が低いところが水が侵入していたり、水が溜まっている箇所です。
    温度が低いところが水が侵入していたり、水が溜まっている箇所です。

    足場組立

    足場は、安全や作業効率を上げる為、塗装工事に必要不可欠なものです。

    洗浄時の水の飛び散りや、塗料の飛散防止のため、防風ネットを設置します。

    高圧洗浄

    長年蓄積された汚れやコケなどを、高圧洗浄機を使用してきれいに洗い流していきます。下地を整えるのにとても重要な作業になります。
    長年蓄積された汚れやコケなどを、高圧洗浄機を使用してきれいに洗い流していきます。下地を整えるのにとても重要な作業になります。
    洗浄後は、しっかりと汚れが落とされているのがお分かりいただけると思います。
    洗浄後は、しっかりと汚れが落とされているのがお分かりいただけると思います。
    かなり汚れています。
    かなり汚れています。
    すっきりきれいになりました。  汚れだけでなく、旧塗膜もしっかりと落としていきます。
    すっきりきれいになりました。 汚れだけでなく、旧塗膜もしっかりと落としていきます。
    外壁も同様に洗浄作業を行っていきます。
    外壁も同様に洗浄作業を行っていきます。
    サッシからは真っ黒な水が流れてきました。
    サッシからは真っ黒な水が流れてきました。
    外壁洗浄前です。
    外壁洗浄前です。
    水圧を調整しながら隅々まで洗浄していきます。
    水圧を調整しながら隅々まで洗浄していきます。
    建物全体を隅々まで洗浄していきます。
    建物全体を隅々まで洗浄していきます。
    ベランダもしっかり洗います。
    ベランダもしっかり洗います。
    最後に汚れてしまった外回りも泥を流していきます。
    最後に汚れてしまった外回りも泥を流していきます。
    洗浄後は丸一日以上おき、水分が残らないようにしっかりと乾燥させていきます。
    洗浄後は丸一日以上おき、水分が残らないようにしっかりと乾燥させていきます。

    シーリング打ち替え

    シーリングはゴム状のもので出来ています。

    経年劣化等でひび割れなど起こしやすく、劣化を放置すると壁の内部に雨水が侵入し雨漏りに繋がってしまいます。古いものを取り除き新しいシーリングに打ち替えていきます。

    ひび割れています。
    ひび割れています。
    カッターで壁を傷つけないように切れ目を入れます。
    カッターで壁を傷つけないように切れ目を入れます。
    古いシーリングを引っ張り外していきます。
    古いシーリングを引っ張り外していきます。
    シーリング撤去後です。
    シーリング撤去後です。
    写真

    除去したシーリング材は散乱させずひとまとめにし、常に現場をきれいな状態に保つよう意識して作業していきます。

    接着剤の役割を果たすプライマーを塗布していきます。
    接着剤の役割を果たすプライマーを塗布していきます。
    シーリング材を打ち込んでいきます。
    シーリング材を打ち込んでいきます。
    専用のヘラで、押し込むようにしながら表面を均していきます。
    専用のヘラで、押し込むようにしながら表面を均していきます。
    シーリング打ち込み後の様子です。
    シーリング打ち込み後の様子です。
    シーリングが交差している箇所です。  まず、一度シーリングを打ち込みます。
    シーリングが交差している箇所です。 まず、一度シーリングを打ち込みます。
    交差部分には、地震や強風などで家が揺れますと負担がかなりかかります。  シーリングは2度打ちしました。
    交差部分には、地震や強風などで家が揺れますと負担がかなりかかります。 シーリングは2度打ちしました。

    外壁補修

    ヘアークラックと呼ばれる軽微なひび割れについては塗装で補修することも可能ですが、今回のひび割れはシーリング材での補修が必要と判断しました。

    シーリング材を均等に充填するため、カッターで溝をきれいにカットしていきます。
    シーリング材を均等に充填するため、カッターで溝をきれいにカットしていきます。
    接着剤の役割を果たすプライマーを塗布していきます。
    接着剤の役割を果たすプライマーを塗布していきます。
    シーリング材を打ち込みます。
    シーリング材を打ち込みます。
    ヘラで押さえ、表面を均していきます。
    ヘラで押さえ、表面を均していきます。
    クラック補修が完了しました。
    クラック補修が完了しました。
    伸縮しやすく衝撃を吸収しやすい、アステックシール2000を使用しました。
    伸縮しやすく衝撃を吸収しやすい、アステックシール2000を使用しました。

    屋根 タスペーサー取付

    雨漏りや内部結露を防ぐ為、縁切り部材タスペーサーを取り付けていきます。
    雨漏りや内部結露を防ぐ為、縁切り部材タスペーサーを取り付けていきます。
    丁寧に設置します。
    丁寧に設置します。
    取り付けが完了しました。
    取り付けが完了しました。
    ダブル工法で行いました。
    ダブル工法で行いました。

    屋根下塗り

    下地と上塗り塗料との密着性を高めるため、下塗りを行います。

    ローラーが入りにくい箇所を先にハケを使い塗装していきます。

    下塗り1回目の様子です。
    下塗り1回目の様子です。
    1回目の下塗りが完了しました。
    1回目の下塗りが完了しました。
    傷みが激しかったので、下塗りをもう一度行いました。
    傷みが激しかったので、下塗りをもう一度行いました。
    下塗りが完了しました。
    下塗りが完了しました。
    写真

    下塗り材は、サーモテックシーラーを使用しました。

    屋根棟板金交換

    板金部分の塗装が劣化しており、浮きも確認された為、新しいものに交換していきます。
    板金部分の塗装が劣化しており、浮きも確認された為、新しいものに交換していきます。
    板金を丁寧に撤去していきます。
    板金を丁寧に撤去していきます。
    貫板も傷みが激しかったので、交換いたします。
    貫板も傷みが激しかったので、交換いたします。
    屋根を傷つけないように、丁寧に撤去します。
    屋根を傷つけないように、丁寧に撤去します。
    新しいものを設置しました。
    新しいものを設置しました。
    板金を設置し交換工事の完了です。
    板金を設置し交換工事の完了です。

    棟板金シーリング

    棟板金を新しいものに交換しましたので、接続部分にシーリングを施していきます。

    まずは、養生テープを貼っていきます。
    まずは、養生テープを貼っていきます。
    接着剤の役割を果たすプライマーを塗布していきます。
    接着剤の役割を果たすプライマーを塗布していきます。
    シーリングを打ち込みます。
    シーリングを打ち込みます。
    ヘラで押さえ、表面を均します。
    ヘラで押さえ、表面を均します。
    写真

    棟板金のシーリングが完了しました。

    板金を押さえているビス部分も水が入らないように、そして抜けないように、シーリングを打ちます。
    板金を押さえているビス部分も水が入らないように、そして抜けないように、シーリングを打ちます。
    施工完了しました。
    施工完了しました。

    各所シーリング

    破風板部分も隙間やビス部分をシーリングを打っていきます。
    破風板部分も隙間やビス部分をシーリングを打っていきます。
    屋根瓦の割れている部分も補修していきます。
    屋根瓦の割れている部分も補修していきます。

    養生

    塗らない箇所や、汚れてはいけない箇所を保護する為に、養生を行います。

    写真
    写真
    写真
    写真
    フードは換気を妨げないように養生します。
    フードは換気を妨げないように養生します。
    のりが残らないようにテープの種類を考えながら、養生工事を施工していきます。
    のりが残らないようにテープの種類を考えながら、養生工事を施工していきます。

    棟板金サビ止め

    サビ止め効果のある塗料で下塗りを行います。
    サビ止め効果のある塗料で下塗りを行います。
    下塗りが完了しました。
    下塗りが完了しました。

    屋根上塗り

    下塗り後、決められた時間をおきしっかりと乾燥させてから、上塗り作業を行っていきます。

    ローラーが入らないような細かな箇所を先にハケで塗っていきます。
    ローラーが入らないような細かな箇所を先にハケで塗っていきます。
    上塗り1回目の様子です。
    上塗り1回目の様子です。
    上塗り1回目が完了しました。
    上塗り1回目が完了しました。
    同じ塗料を使用してもう一度上塗りを行います。
    同じ塗料を使用してもう一度上塗りを行います。
    2回塗り重ねることにより、塗膜の厚みを作り塗料の性能を発揮できる状態にしていきます。
    2回塗り重ねることにより、塗膜の厚みを作り塗料の性能を発揮できる状態にしていきます。
    スーパーシャネツサーモFを使用しました。
    スーパーシャネツサーモFを使用しました。

    破風板塗装

    雨や風から屋根を守る役割のある破風板を塗装していきます。

    長年蓄積された汚れやサビなどをケレンたわし等でしっかりと擦り落としていきます。
    長年蓄積された汚れやサビなどをケレンたわし等でしっかりと擦り落としていきます。
    サビ止め効果のある塗料で下塗りを行います。
    サビ止め効果のある塗料で下塗りを行います。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    1回目の上塗りが完了しました。
    1回目の上塗りが完了しました。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    破風板の塗装工事が完了しました。
    破風板の塗装工事が完了しました。

    幕板塗装

    窓周りの飾りの部分です。水が溜まりやすく傷みやすい箇所です。

    写真

    ケレン作業を行います。

    汚れだけでなく、古い塗膜もしっかりと落としていきます。

    下地と上塗り塗料との密着性を高めるため、シーラーを塗布していきます。
    下地と上塗り塗料との密着性を高めるため、シーラーを塗布していきます。
    1回目の下塗りが完了しました。
    1回目の下塗りが完了しました。
    2回目の下塗りの様子です。
    2回目の下塗りの様子です。
    下塗り(シーラー)が完了しました。
    下塗り(シーラー)が完了しました。
    上塗りの様子です。  フッ素UVコートを使用しました。
    上塗りの様子です。 フッ素UVコートを使用しました。
    こちらも、同じ塗料を使用して2回上塗りを行い、幕板塗装工事の完了です。
    こちらも、同じ塗料を使用して2回上塗りを行い、幕板塗装工事の完了です。

    雨漏り箇所補修

    雨漏り箇所の補修を行います。隙間をコーキング材で埋めていきます。

    写真
    写真
    写真

    軒天補修

    クラック部分にプライマーを塗布していきます。
    クラック部分にプライマーを塗布していきます。
    ボンドコークで埋めていきます。
    ボンドコークで埋めていきます。
    補修完了です。
    補修完了です。
    大きめのクラック部分はシーリングで補修しました。
    大きめのクラック部分はシーリングで補修しました。

    軒天塗装

    軒天は、直射日光が当たらないため、湿気がこもりやすくカビやすい箇所です。

    写真

    塗りにくい細かな箇所を先に塗る、だめ込みを行います。

    大きな面はローラーで作業します。
    大きな面はローラーで作業します。
    1回目の塗装が完了しました。
    1回目の塗装が完了しました。
    同じ塗料をもう一度塗布していきます。
    同じ塗料をもう一度塗布していきます。
    軒天の塗装工事が完了しました。
    軒天の塗装工事が完了しました。
    写真

    防カビ・防藻効果の高い軒天に適した、マルチエースⅡを使用しました。

    雨樋塗装

    雨樋自体は丈夫に出来ていますが、塗膜部分が先に劣化してしまいますので、美観の為にも外壁等と同時の塗り替えをお勧めしております。

    まずは、しっかりケレン作業を行います。
    まずは、しっかりケレン作業を行います。
    高機能塗料のフッ素UVコートを使用しました。
    高機能塗料のフッ素UVコートを使用しました。
    写真

    1回目の塗装が完了しました。

    こちらも、2回上塗りを行います。

    写真

    縦樋も同様にケレンから施工していきます。

    塗りムラや塗り残しの無いように気を付けて施工します。
    塗りムラや塗り残しの無いように気を付けて施工します。
    1回目の塗装が完了しました。
    1回目の塗装が完了しました。
    2回塗りし、塗膜の厚みをしっかり作ります。
    2回塗りし、塗膜の厚みをしっかり作ります。
    雨樋塗装工事が完了しました。
    雨樋塗装工事が完了しました。

    外壁塗装

    外壁は常に、紫外線や風雨にさらされていますので、塗膜が劣化しやすい箇所です。

    まずは、ホワイトフィラーAを使用して下塗りを行います。
    まずは、ホワイトフィラーAを使用して下塗りを行います。
    下塗りが完了しました。
    下塗りが完了しました。
    写真

    細かな箇所を先に塗る、だめ込みを行います。

    ローラーを使用して1回目の上塗りを行います。
    ローラーを使用して1回目の上塗りを行います。
    1回目の上塗りが完了しました。
    1回目の上塗りが完了しました。
    だめ込みも2回丁寧に行います。
    だめ込みも2回丁寧に行います。
    上塗りも2回行い、外壁塗装工事の完了です。
    上塗りも2回行い、外壁塗装工事の完了です。
    上塗り塗料は、超低汚染リファイン1000MF-IRを使用しました。
    上塗り塗料は、超低汚染リファイン1000MF-IRを使用しました。
    塗料は機械で良く攪拌して使用します。
    塗料は機械で良く攪拌して使用します。

    鉄部塗装

    鉄部は塗膜が劣化するとサビが発生し、素材自体の耐久性が落ちてしまいます。色あせやチョーキング現象など劣化症状がありましたら、塗り替えのサインです。

    ケレン作業を行います。
    ケレン作業を行います。
    サビ止め効果のある塗料で下塗りを行います。
    サビ止め効果のある塗料で下塗りを行います。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    1回目の上塗りが完了しました。
    1回目の上塗りが完了しました。
    同じ塗料を使用して2回上塗りします。
    同じ塗料を使用して2回上塗りします。
    鉄部の塗装工事が完了しました。
    鉄部の塗装工事が完了しました。

    水切り塗装

    水の侵入を防ぐ箇所ですので、サビなどが発生しやすい部材です。定期的にメンテナンスを行って頂きたい箇所です。

    写真

    ケレンをしっかりと行います。

    サビ止め効果のある下塗りを塗布していきます。
    サビ止め効果のある下塗りを塗布していきます。
    下塗りが完了しました。
    下塗りが完了しました。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    1回目の上塗りが完了しました。
    1回目の上塗りが完了しました。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    水切りの塗装工事が完了しました。
    水切りの塗装工事が完了しました。

    ベランダ防水

    ベランダは、雨漏りを防ぐ為定期的に防水工事を行う必要があります。

    まずは、機械を使用して表面の汚れや古い塗膜を落としていきます。
    まずは、機械を使用して表面の汚れや古い塗膜を落としていきます。
    機械で出来ない箇所は、手で作業していきます。
    機械で出来ない箇所は、手で作業していきます。
    写真

    余計な油分を残さないように、シンナーで拭き上げていきます。

    プライマーを塗布していきます。
    プライマーを塗布していきます。
    プライマー塗布が完了しました。
    プライマー塗布が完了しました。
    トップコートを塗っていきます。
    トップコートを塗っていきます。
    塗りムラや塗り残しの無いように気を付けて施工しました。
    塗りムラや塗り残しの無いように気を付けて施工しました。
    室外機は専用のもので上げて施工します。
    室外機は専用のもので上げて施工します。
    道具の足跡の補修を行います。
    道具の足跡の補修を行います。
    写真

    速乾性のコーキングで穴埋めしていきます。

    シャッターボックス塗装

    シャッターボックスは鉄部の為、保護する為に塗装をしていきます。

    ケレン作業後、サビ止め効果のある塗料で下塗りを行います。
    ケレン作業後、サビ止め効果のある塗料で下塗りを行います。
    下塗りが完了しました。
    下塗りが完了しました。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    1回目の上塗りが完了しました。
    1回目の上塗りが完了しました。
    同じ塗料を使用して2回上塗りを行います。
    同じ塗料を使用して2回上塗りを行います。
    シャッターボックスの塗装が完了しました。
    シャッターボックスの塗装が完了しました。

    その他付帯部塗装

    その他付帯部も塗装を行っていきます。

    フードです。  こちらも、ケレン作業をしっかりと行います。
    フードです。 こちらも、ケレン作業をしっかりと行います。
    鉄部はサビ止め効果のある塗料で下塗りを行います。
    鉄部はサビ止め効果のある塗料で下塗りを行います。
    写真

    フッ素UVコートで上塗りを2回行います。

    エアコン設備

    写真

    エアコンパテを新しく取り付けました。

    エアコンカバーもフッ素UVコートで上塗りを2回行います。
    エアコンカバーもフッ素UVコートで上塗りを2回行います。
    塗装が完了しました。
    塗装が完了しました。

    タッチアップ

    塗装が仕上がった後の塗装面にキズや塗り残しがあった場合に修正処理を行うことをタッチアップと言います。

    各所、点検しながら行っていきます。

    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...