土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

石岡市 築45年の木造住宅。各所適した塗料を使用し汚れに強く美しい仕上がりに!

    施工内容 外壁塗装 部分塗装 現場調査・点検 その他
    使用材料
    《外壁》セラマックスSi(上塗り)サーモテックメタルプライマー(下塗り)、《軒天》マルチエース、《破風板》フッ素UVコート、《木部》キシラデコール、《木部戸袋》フッ素UVコート、《鉄部・水切り》フッ素UVコート(上塗り)サーモテックメタルプライマー(下塗り)
    築年数
    約45年
    施工期間
    約5週間
    建坪
    約〇坪

    工事のきっかけ

    塗装後10年以上が経過しており、全体的に色あせが気になっておられました。

    弊社のチラシをご覧になり、お問い合わせいただきました。

    現地調査

    塗装工事受注前の現地調査に伺いました。

    前回の塗装より10年が経過しています。 色褪せが気になるとのご相談でしたが、やはり塗装の劣化が見られます。
    前回の塗装より10年が経過しています。 色褪せが気になるとのご相談でしたが、やはり塗装の劣化が見られます。
    外壁には汚れが目立ち、全体的に暗い印象になってしまっています。
    外壁には汚れが目立ち、全体的に暗い印象になってしまっています。
    軒天部分が傷んでいるのが分かります。
    軒天部分が傷んでいるのが分かります。
    軒天の素材が、汚れていたり剥がれている箇所もありました。
    軒天の素材が、汚れていたり剥がれている箇所もありました。
    木部の塗装が剥がれてしまっています。
    木部の塗装が剥がれてしまっています。
    戸袋部分です。 こちらも、塗装が剥がれており見た目も悪くなっていますが、このまま放置しますと素材まで腐食してしまい交換が必要となってしまいます。
    戸袋部分です。 こちらも、塗装が剥がれており見た目も悪くなっていますが、このまま放置しますと素材まで腐食してしまい交換が必要となってしまいます。
    木部は定期的なメンテナンスが必要不可欠な箇所です。
    木部は定期的なメンテナンスが必要不可欠な箇所です。
    雨戸も塗膜の劣化が見られましたので、塗り替えをお勧めしました。
    雨戸も塗膜の劣化が見られましたので、塗り替えをお勧めしました。

    足場設置

    写真
    写真

    塗装前には必ず足場を設置します。足場があることで足元が安定し、高所での作業も安全に行うことが出来ます。丁寧に施工出来ますので、作業効率も上がります。また、ネットを張ることで洗浄時の水や塗装時の塗料の飛散を防止することも出来ます。強風時には倒壊の危険がありますのでたたみます。

    高圧洗浄

    写真
    写真

    高圧洗浄機を使用して、長年蓄積された汚れやカビ、古い塗膜までをしっかりと洗い流していきます。この作業を怠りますと、新しく塗る塗料の早期剝離に繋がりますので丁寧に作業していきます。

    写真
    写真

    洗浄後の様子です。汚れがすっきりと落ち、きれいになりました。
    塗装には水分が大敵ですので、丸一日以上時間をおき、しっかりと乾燥させてから次の工程へと移ります。

    養生

    写真
    写真

    養生の様子です。
    塗装しない箇所や汚してはいけない箇所を保護する為に行う作業です。仕上がりに影響していきますので、丁寧に施工していきます。

    今回は、屋根の塗装を行いませんので、屋根もしっかりと養生します。
    今回は、屋根の塗装を行いませんので、屋根もしっかりと養生します。

    軒天補修

    軒天とは、外壁から外側にのびている屋根の裏側の天井のことを言います。
    今回は、傷みが進んでおりましたので、張り替えや貼りまし、補修などをして塗装を行いました。

    写真
    写真

    汚れや塗膜の劣化が顕著に見られます。塗膜だけでなく、素材自体も浮いていたり剥がれている箇所もありました。

    写真
    写真

    傷みの激しい箇所は、傷んでいるものを先に撤去していきます。

    写真
    写真

    新しい材料で、張り替えや打ち増しを行いました。

    写真
    写真

    こちらも、ひび割れ等劣化が激しかった為、新しいもので張り替えました。

    下地補修

    外壁にクラック(ひび割れ)がありましたので、塗装前に補修します。小さいものでしたら塗装で済みますが、今回の大きさのものは補修いたします。
    外壁にクラック(ひび割れ)がありましたので、塗装前に補修します。小さいものでしたら塗装で済みますが、今回の大きさのものは補修いたします。
    クラック部分にスムースエポを充填し埋めていきます。
    クラック部分にスムースエポを充填し埋めていきます。
    軒天と外壁との境い目の隙間部分も、スムースエポで補修していきます。
    軒天と外壁との境い目の隙間部分も、スムースエポで補修していきます。
    充填後はヘラで表面を均し、きれいに仕上げます。
    充填後はヘラで表面を均し、きれいに仕上げます。
    写真
    写真

    外壁と付帯部のつなぎ目です。こちらも、雨水の侵入を防ぐ為、補修剤を充填していきます。

    補修した軒天材のつなぎ目も、雨水が入り込まないように補修剤で埋めていきます。
    補修した軒天材のつなぎ目も、雨水が入り込まないように補修剤で埋めていきます。
    写真
    写真
    軒天の塗装の様子です。 軒天に適したマルチエースを使用して、1回目の塗装を行います。
    軒天の塗装の様子です。 軒天に適したマルチエースを使用して、1回目の塗装を行います。

    補修後、ケレン作業で下地を整えていきます。 汚れを落とすだけでなく、細かなキズを付けることにより、新しく塗る塗料の密着性を高めていきます。

    軒天の塗装の様子です。 軒天に適したマルチエースを使用して、1回目の塗装を行います。
    軒天の塗装の様子です。 軒天に適したマルチエースを使用して、1回目の塗装を行います。
    1回目の塗装が完了しました。
    1回目の塗装が完了しました。
    同じ塗料を使用して、2回目の上塗りを行います。
    同じ塗料を使用して、2回目の上塗りを行います。
    軒天の塗装工事が完了しました。
    軒天の塗装工事が完了しました。

    破風板塗装

    屋根と外壁との間にある部材、破風板を塗装していきます。 まずは、ケレンたわし等で汚れやカビ、古い塗膜をしっかりと落としていきます。
    屋根と外壁との間にある部材、破風板を塗装していきます。 まずは、ケレンたわし等で汚れやカビ、古い塗膜をしっかりと落としていきます。
    写真
    写真

    割れていたり傷んでいる箇所がありましたので、塗装前にシーリング材で補修していきます。
    塗装時きれいに仕上がるように、表面をきれいに均して仕上げます。

    下塗りの様子です。
    下塗りの様子です。
    下塗りが完了しました。
    下塗りが完了しました。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    1回目の上塗りが完了しました。
    1回目の上塗りが完了しました。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    破風板の塗装工事が完了しました。
    破風板の塗装工事が完了しました。

    外壁塗装

    写真
    写真

    外壁も、まずケレンから行います。汚れやカビなど、更に古い塗膜までしっかりと擦り落としていきます。この作業を怠りますと、新しく塗る塗料の早期剝離に繋がりますので丁寧に施工していきます。

    下塗りのだめ込みの様子です。 溝やつなぎ目等、ローラーが入りにくい細かな箇所を先にハケで塗っていきます。
    下塗りのだめ込みの様子です。 溝やつなぎ目等、ローラーが入りにくい細かな箇所を先にハケで塗っていきます。
    遮熱効果も持つサーモテックメタルプライマーを使用しました。 大きな面はローラーで塗布していきます。
    遮熱効果も持つサーモテックメタルプライマーを使用しました。 大きな面はローラーで塗布していきます。
    下塗りが完了しました。
    下塗りが完了しました。
    上塗りもだめ込みから行います。 耐候性や低汚染性に優れたシリコン塗料であるセラマックスSiを使用しました。
    上塗りもだめ込みから行います。 耐候性や低汚染性に優れたシリコン塗料であるセラマックスSiを使用しました。
    だめ込み後はローラーで塗布していきます。
    だめ込み後はローラーで塗布していきます。
    1回目の上塗りが完了しました。
    1回目の上塗りが完了しました。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。だめ込みから丁寧に作業します。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。だめ込みから丁寧に作業します。
    同じ塗料を塗り重ねることにより塗膜の厚みを作り、塗料の性能を発揮できる状態にしていきます。
    同じ塗料を塗り重ねることにより塗膜の厚みを作り、塗料の性能を発揮できる状態にしていきます。
    外壁の塗装工事が完了しました。
    外壁の塗装工事が完了しました。

    漆喰塗装

    漆喰が浮いている箇所がありましたので、補修してから塗装していきます。
    漆喰が浮いている箇所がありましたので、補修してから塗装していきます。
    下地がモルタルでしたので、浸透性のある塗料を使用して下塗りを行っていきます。
    下地がモルタルでしたので、浸透性のある塗料を使用して下塗りを行っていきます。
    同じ塗料を使用して2回目の下塗りを行います。
    同じ塗料を使用して2回目の下塗りを行います。
    下塗りが完了しました。
    下塗りが完了しました。
    上塗りの様子です。
    上塗りの様子です。
    1回目の上塗りが完了しました。
    1回目の上塗りが完了しました。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    漆喰部分の外壁塗り替え工事が完了しました。
    漆喰部分の外壁塗り替え工事が完了しました。

    鉄部・付帯部塗装

    鉄部も、まずはケレンから行います。ケレンたわし等で汚れやサビなどをしっかりと落とします。
    鉄部も、まずはケレンから行います。ケレンたわし等で汚れやサビなどをしっかりと落とします。
    サーモテックメタルプライマーで下塗りを行います。
    サーモテックメタルプライマーで下塗りを行います。
    高機能塗料のフッ素UVコートで上塗りを行います。
    高機能塗料のフッ素UVコートで上塗りを行います。
    1回目の上塗りが完了しました。
    1回目の上塗りが完了しました。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    2回目の塗装が完了しました。
    2回目の塗装が完了しました。
    こちらの箇所は、ハケで作業していきます。 下塗りを行った後、フッ素UVコートで上塗りを行います。
    こちらの箇所は、ハケで作業していきます。 下塗りを行った後、フッ素UVコートで上塗りを行います。
    1回目の上塗りが完了しました。
    1回目の上塗りが完了しました。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    鉄部の塗装工事が完了しました。
    鉄部の塗装工事が完了しました。
    付帯部の塗装の様子です。 こちらもケレン後、フッ素UVコートで上塗りを行います。
    付帯部の塗装の様子です。 こちらもケレン後、フッ素UVコートで上塗りを行います。
    1回目の塗装が完了しました。
    1回目の塗装が完了しました。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    付帯部の塗装工事が完了しました。
    付帯部の塗装工事が完了しました。

    木部塗装

    写真
    写真

    木部塗装のご紹介です。
    吹き付けで行う箇所がありましたので、塗装後の箇所や汚してはいけない箇所を保護する為、また塗料の飛散防止に養生を行います。

    写真
    写真

    こちらは、吹き付けで施工しました。隅々まで防腐剤が行き渡るように、丁寧に作業していきます。

    写真
    写真

    こちらは、ハケで塗布していきます。高い防腐・防カビ・防虫効果を持つキシラデコールを使用しました。木材内部によく浸透し表面に余分な塗膜を作らないため、木の通気性が保たれ塗膜の膨れや割れが起こりません。

    写真
    写真

    1回目の塗装が完了しました。

    写真
    写真

    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。

    写真
    写真

    木部の防腐剤塗装工事が完了しました。

    戸袋の塗装の様子です。 同じ木部ですが、こちらはフッ素UVコートを使用して塗装していきます。 まずは、ケレンを丁寧に行います。
    戸袋の塗装の様子です。 同じ木部ですが、こちらはフッ素UVコートを使用して塗装していきます。 まずは、ケレンを丁寧に行います。
    下塗りを行った後、耐候性・低汚染性に優れたフッ素UVコートで上塗りを行います。
    下塗りを行った後、耐候性・低汚染性に優れたフッ素UVコートで上塗りを行います。
    1回目の塗装が完了しました。
    1回目の塗装が完了しました。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    戸袋の塗装工事が完了しました. 艶やかな仕上がりになりました。
    戸袋の塗装工事が完了しました. 艶やかな仕上がりになりました。

    雨戸塗装

    ケレンたわし等で汚れやサビ、古い塗膜をしっかりと落としていきます。
    ケレンたわし等で汚れやサビ、古い塗膜をしっかりと落としていきます。
    サーモテックメタルプライマーで下塗りを行います。
    サーモテックメタルプライマーで下塗りを行います。
    下塗りが完了しました。
    下塗りが完了しました。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    フッ素UVコートで上塗りを行います。
    1回目の塗装が完了しました。
    1回目の塗装が完了しました。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    同じ塗料を使用して2回目の上塗りを行います。
    雨戸の塗装工事が完了しました。
    雨戸の塗装工事が完了しました。

    その他工事

    写真
    写真

    雨樋の金具がサビていましたので、新しいものに交換しました。

    エアコンホースがボロボロになっていましたので、新しく巻きなおしました。
    エアコンホースがボロボロになっていましたので、新しく巻きなおしました。
    屋根瓦も一部補修しました。
    屋根瓦も一部補修しました。
    写真
    写真

    塗り残しや、塗装後に誤って傷つけてしまった箇所などを修正していく塗装をタッチアップと呼びます。塗装後にしっかりとチェックを行い、修正塗装していきます。

    タッチアップ補修の様子です。
    タッチアップ補修の様子です。
    タッチアップ補修の様子です。
    タッチアップ補修の様子です。

    工事完了!

    写真
    写真

    全ての塗装工事が完了し、全体的に明るい印象になりました。
    汚れに強い塗料で塗り替えましたので、塗りたての美しさが長持ちしてくれます。さらに遮熱機能を持つ塗料も使用していますので、夏の暑さ軽減も期待できます。

    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...