土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

その他エリア 屋根、外壁塗装を行い補修や下処理しっかり施工

    施工内容 外壁塗装
    屋根塗装
    シーリング打ち替え
    部分塗装
    使用材料 外壁、リファインMF-IR 屋根、シャネツサーモF
    築年数 24年
    施工期間 3週間
    保証年数 10年
    建坪 36坪

    工事のきっかけ

    塗り替え工事を施工させて頂いたお客さまからのご紹介でした。

    築年数が経ち気になっていたそうです。

    潮来市で屋根、外壁の塗装工事を行いました。  塗装前に屋根、外壁の水洗いを施工いたしました。長年にわたり溜まったゴミやコケなどを高圧洗浄機で洗い流していきます。  水洗いが不十分ですと塗料を塗った際に、異常を起こす危険がありますのでしっかり施工いたしました。
    潮来市で屋根、外壁の塗装工事を行いました。 塗装前に屋根、外壁の水洗いを施工いたしました。長年にわたり溜まったゴミやコケなどを高圧洗浄機で洗い流していきます。 水洗いが不十分ですと塗料を塗った際に、異常を起こす危険がありますのでしっかり施工いたしました。
    コーキングの撤去になります。  撤去には、カーター等で旧コーキングを剥がしていきます。この時に旧コーキングが残っていますと新しくしたコーキングが剥がれてしまったりする危険がありますので綺麗に取り除いていきます。
    コーキングの撤去になります。 撤去には、カーター等で旧コーキングを剥がしていきます。この時に旧コーキングが残っていますと新しくしたコーキングが剥がれてしまったりする危険がありますので綺麗に取り除いていきます。
    コーキングのプライマーになります。  撤去後、プライマー塗布になります。プライマーは付属の専用の物を使い塗り残しがない様に塗布していきます。
    コーキングのプライマーになります。 撤去後、プライマー塗布になります。プライマーは付属の専用の物を使い塗り残しがない様に塗布していきます。
    コーキングの打ち込みになります。  プライマー塗布後、乾燥させ打ち込んでいきます。打ち込みの際中に空気が入らないように打ち込んでいきます。  中に空気が入りますと、膨れやサイディングの揺れに耐えれず断裂してしまったりと本来の効力を発揮できませんので、注意し施工いたしました。
    コーキングの打ち込みになります。 プライマー塗布後、乾燥させ打ち込んでいきます。打ち込みの際中に空気が入らないように打ち込んでいきます。 中に空気が入りますと、膨れやサイディングの揺れに耐えれず断裂してしまったりと本来の効力を発揮できませんので、注意し施工いたしました。
    コーキングの押さえになります。  コーキングを打ち込んだ際、余分は部分が出てきますので専用のヘラ等で綺麗にならしていきます。
    コーキングの押さえになります。 コーキングを打ち込んだ際、余分は部分が出てきますので専用のヘラ等で綺麗にならしていきます。
    コーキングの撤去後の物になります。  しっかり撤去しているかの確認だけでなく、一か所にまとめることによりそのままでなく現場が綺麗に保てます。
    コーキングの撤去後の物になります。 しっかり撤去しているかの確認だけでなく、一か所にまとめることによりそのままでなく現場が綺麗に保てます。
    屋根の下処理になります。  屋根の棟板金の釘が揺れや風で少しずつ抜けてきてしまいますので、金槌で元に戻していきます。
    屋根の下処理になります。 屋根の棟板金の釘が揺れや風で少しずつ抜けてきてしまいますので、金槌で元に戻していきます。
    屋根の下処理になります。  金槌で戻した棟板金釘頭を、コーキングで抜けずらくする為押さえていきます。釘が抜けてしまいますと強い風で板金が剥がれてしまう危険がありますので必ず行う工程になります。
    屋根の下処理になります。 金槌で戻した棟板金釘頭を、コーキングで抜けずらくする為押さえていきます。釘が抜けてしまいますと強い風で板金が剥がれてしまう危険がありますので必ず行う工程になります。
    屋根のタスペーサー取り付けになります。  コロニヤル屋根には元々隙間があります。塗装を行いますと厚みが付きこの隙間が埋まってしまいます。  埋まってしまいますと毛細管現象により雨水が吸い上げられ現象が起き,内部に水が侵入し雨漏りや内部が傷んでしまいますので隙間確保の為、コロニアル屋根には必ずタスペーサー取り付けを行い施工を進めていきます。
    屋根のタスペーサー取り付けになります。 コロニヤル屋根には元々隙間があります。塗装を行いますと厚みが付きこの隙間が埋まってしまいます。 埋まってしまいますと毛細管現象により雨水が吸い上げられ現象が起き,内部に水が侵入し雨漏りや内部が傷んでしまいますので隙間確保の為、コロニアル屋根には必ずタスペーサー取り付けを行い施工を進めていきます。
    屋根の下塗りになります。  下塗りを塗装の際は、しっかり表面に膜が張る様にしっかり施工させていただきました。薄塗りになりますとトップ材塗装後、早い段階で剥がれてしまったりと危険がありますのでよく塗装をしていきます。
    屋根の下塗りになります。 下塗りを塗装の際は、しっかり表面に膜が張る様にしっかり施工させていただきました。薄塗りになりますとトップ材塗装後、早い段階で剥がれてしまったりと危険がありますのでよく塗装をしていきます。
    屋根の下塗り完了になります。  たっぷり下塗りを塗ることにより屋根を保護していきます。屋根の下塗りには、浸透性のエポキシ系の下塗りを使用し施工いたしました。
    屋根の下塗り完了になります。 たっぷり下塗りを塗ることにより屋根を保護していきます。屋根の下塗りには、浸透性のエポキシ系の下塗りを使用し施工いたしました。
    屋根の中塗りになります。  下塗り塗装後、乾燥時間を設けちゃんと乾燥後中塗り作業に入ります。薄塗りになりならぬ様注意し施工いたしまし。
    屋根の中塗りになります。 下塗り塗装後、乾燥時間を設けちゃんと乾燥後中塗り作業に入ります。薄塗りになりならぬ様注意し施工いたしまし。
    屋根の中塗り完了になります。  塗布量を守り薄塗りにならぬように注意し施工いたしました。
    屋根の中塗り完了になります。 塗布量を守り薄塗りにならぬように注意し施工いたしました。
    屋根の上塗りになります。  中塗り同様に薄塗りにならぬように注意し施工いたしました。ローラーの入らないような細かい部分はハケ等でしっかり塗装いたしました。
    屋根の上塗りになります。 中塗り同様に薄塗りにならぬように注意し施工いたしました。ローラーの入らないような細かい部分はハケ等でしっかり塗装いたしました。
    屋根の上塗り完了になります。  屋根は常に太陽の日が当たりその分紫外線の浴びています。ので屋根には遮熱塗料を使用し施工いたしました。  タスペーサーは塗装後もそのまま付けた状態で完了になります。抜いてしまいますと塗料と塗料が、日の熱でくっ付いてしまい埋まってしまいますのでそのままになります。
    屋根の上塗り完了になります。 屋根は常に太陽の日が当たりその分紫外線の浴びています。ので屋根には遮熱塗料を使用し施工いたしました。 タスペーサーは塗装後もそのまま付けた状態で完了になります。抜いてしまいますと塗料と塗料が、日の熱でくっ付いてしまい埋まってしまいますのでそのままになります。
    幕板の補修になります。  今回潮来市の物件の幕板がボロボロになってしまっていますのでモルタルで補修を行いました。密着を良くする為モルタル専用の接着剤を塗っていきます。
    幕板の補修になります。 今回潮来市の物件の幕板がボロボロになってしまっていますのでモルタルで補修を行いました。密着を良くする為モルタル専用の接着剤を塗っていきます。
    幕板の下塗りになります。  モルタルで補修後、下塗りを入れていきます。下塗りを入れることにより密着を良くするだけでなく、表面に膜を形成する為に行いました。
    幕板の下塗りになります。 モルタルで補修後、下塗りを入れていきます。下塗りを入れることにより密着を良くするだけでなく、表面に膜を形成する為に行いました。
    幕板の一回目になります。  下塗りを二回目も入れ一回目の塗装を行いました。薄塗りにならぬように注意し施工いたしました。
    幕板の一回目になります。 下塗りを二回目も入れ一回目の塗装を行いました。薄塗りにならぬように注意し施工いたしました。
    幕板の二回目になります。  中塗りが十分に乾燥後、上塗りを塗装していきます。溶剤を使用していますので、塗り継ぎ目が出ないように注意施工いたしました。
    幕板の二回目になります。 中塗りが十分に乾燥後、上塗りを塗装していきます。溶剤を使用していますので、塗り継ぎ目が出ないように注意施工いたしました。
    軒天の塗装になります。  薄塗りにならぬように注意し施工しローラーの入りずらい個所はハケでしっかり塗装を行いました。  一回目が乾燥後、塗料の厚みを作るため二回目も施工を行いました。
    軒天の塗装になります。 薄塗りにならぬように注意し施工しローラーの入りずらい個所はハケでしっかり塗装を行いました。 一回目が乾燥後、塗料の厚みを作るため二回目も施工を行いました。
    軒天の完了になります。  軒天は湿気が溜まりやすい場所になります。なので使用する材料は防カビの物使い、軒天に適したアクリル樹脂系非水分散形の塗料を使用し施工いたしました。
    軒天の完了になります。 軒天は湿気が溜まりやすい場所になります。なので使用する材料は防カビの物使い、軒天に適したアクリル樹脂系非水分散形の塗料を使用し施工いたしました。
    破風板と雨樋のケレンになります。  密着を良くする為に、ケレンで細かい傷を作り塗料の食いつき気を良くする為の施工になります。
    破風板と雨樋のケレンになります。 密着を良くする為に、ケレンで細かい傷を作り塗料の食いつき気を良くする為の施工になります。
    破風板の下塗りになります。  しっかりケレンをした後、表面に膜を形成し密着を良くする為塗りにならぬように注意し施工いたしました。
    破風板の下塗りになります。 しっかりケレンをした後、表面に膜を形成し密着を良くする為塗りにならぬように注意し施工いたしました。
    破風板の塗装になります。  塗りずらい雨樋などの裏側は、ハケや専用の道具などでしっかり塗装いたしました。  一回目を塗装後、十分に乾燥させ二回目も施工いたしました。
    破風板の塗装になります。 塗りずらい雨樋などの裏側は、ハケや専用の道具などでしっかり塗装いたしました。 一回目を塗装後、十分に乾燥させ二回目も施工いたしました。
    雨樋の塗装になります。  破風板と同じ材料を使用していますので、同時進行で施工をさせていただきました。  雨樋も一回目乾燥後、二回目を施工いたしました。
    雨樋の塗装になります。 破風板と同じ材料を使用していますので、同時進行で施工をさせていただきました。 雨樋も一回目乾燥後、二回目を施工いたしました。
    雨樋と破風板の完成になります。  二回塗装することにより、ムラがなくなり見た目も綺麗に仕上がりました。  雨樋は塗装しても耐久性は、上がりません!!美観の為塗装を行っています。  材質が塩ビなので紫外線で硬くなっていってしまいますもし気になる方は交換をお勧めしています。
    雨樋と破風板の完成になります。 二回塗装することにより、ムラがなくなり見た目も綺麗に仕上がりました。 雨樋は塗装しても耐久性は、上がりません!!美観の為塗装を行っています。 材質が塩ビなので紫外線で硬くなっていってしまいますもし気になる方は交換をお勧めしています。
    外壁の下処理になります。  サイディングのジョイントが経年劣化で少しずつ広がってしまいます。この隙間も毛細管現象により雨水が吸い上げられ内部に水が侵入してしまいますので、サイディングとサイディングの隙間を埋めて対策していきます。
    外壁の下処理になります。 サイディングのジョイントが経年劣化で少しずつ広がってしまいます。この隙間も毛細管現象により雨水が吸い上げられ内部に水が侵入してしまいますので、サイディングとサイディングの隙間を埋めて対策していきます。
    外壁の下塗りになります。  外壁の下処理を全て行い乾燥後、下塗りになります。  下塗りになりますので、薄塗りに注意し施工いたしました。
    外壁の下塗りになります。 外壁の下処理を全て行い乾燥後、下塗りになります。 下塗りになりますので、薄塗りに注意し施工いたしました。
    外壁の下塗り完了になります。  2F、1Fとも外壁の下地が違いますが同じ材料と使用で工事を行いました。  どちらも塗り残しや薄塗りに注意し施工いたしました。
    外壁の下塗り完了になります。 2F、1Fとも外壁の下地が違いますが同じ材料と使用で工事を行いました。 どちらも塗り残しや薄塗りに注意し施工いたしました。
    外壁の塗装になります。  塗布量計算で出した缶数を使用し適切な塗料の厚みになるように施工を進めていきます。  薄塗りになりますと使用した塗料の特性を十分に発揮できないだけでなく、早い段階で外壁が傷んでしまいますので塗布量はしっかり守り施工いたしました。
    外壁の塗装になります。 塗布量計算で出した缶数を使用し適切な塗料の厚みになるように施工を進めていきます。 薄塗りになりますと使用した塗料の特性を十分に発揮できないだけでなく、早い段階で外壁が傷んでしまいますので塗布量はしっかり守り施工いたしました。
    外壁の完了になります。  中塗りが乾燥後、上塗りを施工いたしました。  塗布量に注意し施工いたしました。
    外壁の完了になります。 中塗りが乾燥後、上塗りを施工いたしました。 塗布量に注意し施工いたしました。
    外壁の完了になります。  2F同様に、中塗り後、乾燥時間を設け上塗りを施工いたしました。  塗り残しがない様に注意し塗布量計算で出した缶数を使用したか確認後完了になります。
    外壁の完了になります。 2F同様に、中塗り後、乾燥時間を設け上塗りを施工いたしました。 塗り残しがない様に注意し塗布量計算で出した缶数を使用したか確認後完了になります。
    鉄部の下処理になります。  材質が鉄になりますので、ケレンで細かい傷を作り密着あげるだけでなく、さびや塗料の浮きなどを取り除いていきます。
    鉄部の下処理になります。 材質が鉄になりますので、ケレンで細かい傷を作り密着あげるだけでなく、さびや塗料の浮きなどを取り除いていきます。
    鉄部の下塗りになります。  鉄部の下塗りには、エポキシ系のさび止めを使い塗膜自体がさび付き下地にさびが行かないように保護していきます。
    鉄部の下塗りになります。 鉄部の下塗りには、エポキシ系のさび止めを使い塗膜自体がさび付き下地にさびが行かないように保護していきます。
    鉄部の塗装になります。  鉄部の塗装には溶剤を使用していますので、塗り継ぎ目が出ないように注意し薄塗りになりならぬように施工いたしました。
    鉄部の塗装になります。 鉄部の塗装には溶剤を使用していますので、塗り継ぎ目が出ないように注意し薄塗りになりならぬように施工いたしました。
    鉄部の塗装完了になります。  一回目の塗装完了後、二回目も施工いたしました。二回塗装することにより塗料の厚みが付き、ムラなどがなくなり綺麗に仕上がりました。
    鉄部の塗装完了になります。 一回目の塗装完了後、二回目も施工いたしました。二回塗装することにより塗料の厚みが付き、ムラなどがなくなり綺麗に仕上がりました。
    水切りの塗装になります。  材質がこちらも鉄なので、鉄と同じ工程で施工いたしました。水切りは目に入りやすい場所にありますので、色の取り合いをしっかりとり真っ直ぐ塗装することにより綺麗に仕上がりました。
    水切りの塗装になります。 材質がこちらも鉄なので、鉄と同じ工程で施工いたしました。水切りは目に入りやすい場所にありますので、色の取り合いをしっかりとり真っ直ぐ塗装することにより綺麗に仕上がりました。
    塗装完了後の窓ふきになります。  塗装完了後足場がありますので、最後に窓等の拭き掃除していきます。塗装をしていない部分も綺麗にしてから全ての工事を完了にしています。
    塗装完了後の窓ふきになります。 塗装完了後足場がありますので、最後に窓等の拭き掃除していきます。塗装をしていない部分も綺麗にしてから全ての工事を完了にしています。
    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...