土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

石岡市 外壁・屋根が断熱塗料で夏場が快適になりました

    施工内容 外壁塗装
    屋根塗装
    使用材料 屋根 GAINA 外壁サーモブロック
    築年数 15年
    施工期間
    2週間
    保証年数
    10年
    建坪
    20坪

    工事のきっかけ

    築年数が15年になりコーキングの劣化が気になりお問い合わせをいただきました。

    石岡市のお客様宅が完了しました。

    問い合わせ当初は、コーキングが傷んでいて、塗替えを検討していて、知り合いに紹介してもらったそうです。

    弊社は、非常にお客様からの紹介のお客様が多く注文をいただいています。

    今回のお客様宅は、夏場に向けて、断熱仕様の住宅に生まれ変わりました。

    屋根高圧洗浄
    まずは、足場を建ててから高圧洗浄になります。
    まずは、足場を建ててから高圧洗浄になります。
    洗ったところと、洗っていないところでは、一目瞭然ですね。  もちろんこの時に、雨どいの中も一緒に洗っていきます。
    洗ったところと、洗っていないところでは、一目瞭然ですね。 もちろんこの時に、雨どいの中も一緒に洗っていきます。
    外壁高圧洗浄
    外壁の高圧洗浄の様子です。  今回のお客様宅は、周りが畑なので、長年の土埃による汚れがすごく落ちます。
    外壁の高圧洗浄の様子です。 今回のお客様宅は、周りが畑なので、長年の土埃による汚れがすごく落ちます。
    汚れも落ちてだいぶきれいになってきました。
    汚れも落ちてだいぶきれいになってきました。
    コーキング工事
    コーキング撤去の様子です。  外壁の繋ぎ合わせの部分の間にあるコーキングは、すべて撤去して、新たに打ち込みます。
    コーキング撤去の様子です。 外壁の繋ぎ合わせの部分の間にあるコーキングは、すべて撤去して、新たに打ち込みます。
    撤去したコーキングになります。かなりの量になります。
    撤去したコーキングになります。かなりの量になります。
    撤去した所にプライマーを塗っていきます。  これは、コーキングと外壁の密着を良くするために塗り込んでいきます。
    撤去した所にプライマーを塗っていきます。 これは、コーキングと外壁の密着を良くするために塗り込んでいきます。
    写真
    写真

    コーキングを打ち込んだ後に、ヘラを使いきれいにならしていきます。

    屋根のスレート部分の下塗りになります。  このスレート部分は、スポンジのように、下塗り剤を吸収してしまうので、2回下塗りを塗装します。
    屋根のスレート部分の下塗りになります。 このスレート部分は、スポンジのように、下塗り剤を吸収してしまうので、2回下塗りを塗装します。
    屋根板金部分の下塗りになります。  こちらは、鉄になるので、サビ止めを塗って行きます。
    屋根板金部分の下塗りになります。 こちらは、鉄になるので、サビ止めを塗って行きます。
    細かなところですが屋根のケラバの部分もサビ止めを塗装していきます。  こちらは、屋根と同じ色で、塗装します。
    細かなところですが屋根のケラバの部分もサビ止めを塗装していきます。 こちらは、屋根と同じ色で、塗装します。
    屋根の上塗り1回目の様子です。  今回は、断熱仕様なので、屋根はガイナを塗ります。
    屋根の上塗り1回目の様子です。 今回は、断熱仕様なので、屋根はガイナを塗ります。
    屋根上塗り1回目が終わったらタスペーサーを使用していきます。  このタスペーサーは、雨漏りをしないようにするために挿入します。
    屋根上塗り1回目が終わったらタスペーサーを使用していきます。 このタスペーサーは、雨漏りをしないようにするために挿入します。
    屋根の上塗り2回目の様子です。
    屋根の上塗り2回目の様子です。
    軒天塗装工事
    軒天上塗り1回目の様子です。  こちらの軒天は、防カビ系の上塗り材を使用していきます。
    軒天上塗り1回目の様子です。 こちらの軒天は、防カビ系の上塗り材を使用していきます。
    軒天上塗り2回目の様子です。
    軒天上塗り2回目の様子です。
    雨どい破風塗装工事
    雨樋と破風板の上塗り1回目のようすです。  この付帯部も外壁のグレードによって、使用する塗料を変えていきます。  今回は、フッ素を使用しました。
    雨樋と破風板の上塗り1回目のようすです。 この付帯部も外壁のグレードによって、使用する塗料を変えていきます。 今回は、フッ素を使用しました。
    雨どいと破風板の上塗り2回目の様子です。
    雨どいと破風板の上塗り2回目の様子です。
    外壁塗装工事
    外壁の下塗りの様子です。  今回は、外壁が窯業系のサイディングでしたので、カチオン系のシーラーを使用しました。
    外壁の下塗りの様子です。 今回は、外壁が窯業系のサイディングでしたので、カチオン系のシーラーを使用しました。
    外壁の上塗り1回目の様子です。  外壁も断熱仕様のため、サーモブロックを使用しました。
    外壁の上塗り1回目の様子です。 外壁も断熱仕様のため、サーモブロックを使用しました。
    上塗り2回目の様子です。  断熱仕様なので、塗布量が非常に重要となります。
    上塗り2回目の様子です。 断熱仕様なので、塗布量が非常に重要となります。
    外壁の上塗りが完了しました。
    外壁の上塗りが完了しました。
    鉄部塗装工事
    水切りの下塗りの様子です。  水切りは、鉄で出来ているので、下塗りは、サビ止め塗料になります。
    水切りの下塗りの様子です。 水切りは、鉄で出来ているので、下塗りは、サビ止め塗料になります。
    水切りの上塗り作業になります。  細かなところなので、刷毛を使い塗装していきます。
    水切りの上塗り作業になります。 細かなところなので、刷毛を使い塗装していきます。
    写真

    水切りの上塗りが完了しました。

    基礎塗装工事
    基礎の塗装になります。  今回のお客様宅は、基礎部分に細かなヒビ割れが多数あったので、基礎の塗装も提案させて頂きました。
    基礎の塗装になります。 今回のお客様宅は、基礎部分に細かなヒビ割れが多数あったので、基礎の塗装も提案させて頂きました。
    基礎の上塗り2回目の様子です。
    基礎の上塗り2回目の様子です。
    ベランダ塗装工事
    ベランダの下処理の様子です。  ベランダは、FRPで出来ているので、表面のロウを削り取っていきます。
    ベランダの下処理の様子です。 ベランダは、FRPで出来ているので、表面のロウを削り取っていきます。
    削り取ったロウをアセトンで拭き上げて行きます。  ロウが残っている状態で塗装してしまうと、後々、剥がれてしまうので、この拭き上げが重要となります。
    削り取ったロウをアセトンで拭き上げて行きます。 ロウが残っている状態で塗装してしまうと、後々、剥がれてしまうので、この拭き上げが重要となります。
    ベランダ上塗り塗装の様子です。
    ベランダ上塗り塗装の様子です。
    ベランダの床塗装が完了しました。
    ベランダの床塗装が完了しました。
    写真

    足場をばらして、工事が完了しました。

    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...