土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

その他エリア 錆て傷みがひどい鉄板屋根に、錆止めとガイナを塗布

    施工内容 屋根塗装
    部分塗装
    使用材料 屋根、ガイナ  屋根、ガイナ 軒天、マルチエース
    築年数
    約15年
    施工期間
    1週間
    保証年数 10年

    工事のきっかけ

    今回のお客様は同業者からご紹介にあずかりました。

    お客様のご意向は、外壁は建築会社に張り替えてもらうが、張り替えないところは 塗装で補いたいということでした。そこで弊社(つくば土浦店)で屋根周辺を承ることになりました。

    屋根板を擦り、出っ張った釘は打ちます

    家全体を高圧洗浄したら、塗装する面を擦ります。     洗浄しても取り切れなかった 汚れや付着物、サビ、油分などを取り除き、塗料が付きやすい状態を作るためです。
    家全体を高圧洗浄したら、塗装する面を擦ります。 洗浄しても取り切れなかった 汚れや付着物、サビ、油分などを取り除き、塗料が付きやすい状態を作るためです。
    地震や強風などで家が揺れたりするたびに、釘も徐々にズレて出てくることがあります。     塗装する前に打ち直しておきます。
    地震や強風などで家が揺れたりするたびに、釘も徐々にズレて出てくることがあります。 塗装する前に打ち直しておきます。

    溝を埋め直します

    壁と壁のつなぎ目(溝)は、雨水が入らないように専用の樹脂でふさいであります。

    劣化した樹脂は機能を果たさなくなるので、剥がして新しく付け替えます。

    樹脂を剥がした溝の中に、隅々まで接着剤を塗ります。
    樹脂を剥がした溝の中に、隅々まで接着剤を塗ります。
    溝に樹脂を隙間なく埋め込みます。
    溝に樹脂を隙間なく埋め込みます。
    樹脂打込み完了です。
    樹脂打込み完了です。
    コーキングについて

    この樹脂はコーキングと呼ばれる物です。(シーリングと呼ばれることもあります)



    初めは壁の歪みに対して伸縮していますが、何年も経つうちに固くなり柔軟さを失い、だんだん壁の動きについていけなくなります。



    すると剥がれたり細かいヒビが入りはじめ、そこから雨水が浸入し 壁の内部が湿って カビが生えたり腐ることにつながるのです。



    溝を埋めている樹脂は消耗品と言えましょう。

    劣化状態に応じて取付直した方が安心でしょう。

    サビて傷みの激しい鉄板屋根を塗装します

    サビの部分に水性塗料を直接塗ってしまうと、サビに塗料が吸い込まれてしまいます。



    そうなると せっかく良い塗料を選んでもその機能を発揮できず、すぐサビに侵され、短い期間で再び塗装することになってしまいます。



    そうならないよう 下塗り(錆止め)を塗り、しっかり塗膜をつくる必要があるのです。

    あまり痛みががひどい場合は下塗り(錆止め)を2回塗ることもあります。

    下地調整材(錆止め)を塗っています。     写真でいうと  白い塗料のほうです。
    下地調整材(錆止め)を塗っています。 写真でいうと 白い塗料のほうです。
    痛みが激しかったので、錆止めをもう一回塗り重ねました。
    痛みが激しかったので、錆止めをもう一回塗り重ねました。
    下塗り完了。     これで上塗りも綺麗に仕上がります。     何事も下地が肝心です!
    下塗り完了。 これで上塗りも綺麗に仕上がります。 何事も下地が肝心です!

    パラペットに下塗りします

    これは外壁ではなく「パラペット」と呼ばれる、外から見て屋根側に向いている壁の部分です。  (道路からは見えない所です)
    これは外壁ではなく「パラペット」と呼ばれる、外から見て屋根側に向いている壁の部分です。 (道路からは見えない所です)
    向こうのパラペットも塗ります。
    向こうのパラペットも塗ります。
    次に 上塗り塗料を一度塗ります。
    次に 上塗り塗料を一度塗ります。
    乾燥したら 同じ塗料をもう一回塗って、ここは完了。
    乾燥したら 同じ塗料をもう一回塗って、ここは完了。
    お客様がお選びになった塗料は…

    「外装用ガイナ」です。

    パラペット、屋根、軒天の三か所に使用しました。

    この塗料の特徴は最後に書きましたのでご参考下さい。

    屋根の塗装を仕上げます

    下塗りした錆止めが完全に乾いたら、上塗り用の塗料(外装用ガイナ)を塗っていきます。     まず一回目。
    下塗りした錆止めが完全に乾いたら、上塗り用の塗料(外装用ガイナ)を塗っていきます。 まず一回目。
    2回目も同じ塗料を塗ります。
    2回目も同じ塗料を塗ります。
    完了です。
    完了です。

    軒天も塗ります

    軒天も まず下塗りで 面を整えます。     ここは鉄板ではないので錆止めではなく、マルチエースという下地調整材をぬりました。
    軒天も まず下塗りで 面を整えます。 ここは鉄板ではないので錆止めではなく、マルチエースという下地調整材をぬりました。
    下塗りが乾燥したら 軒天にも上塗り(外装用ガイナ)を2回塗り重ねます。
    下塗りが乾燥したら 軒天にも上塗り(外装用ガイナ)を2回塗り重ねます。
    完了です!
    完了です!
    つくば市のお客様が選んだ「外装用ガイナ」について

    他の塗料に比べて ほんの少しだけ高いです。



    打ち上げロケットの先端部に塗布する断熱技術を民間に転用した塗料、ガイナ。



    その特徴は・・・

    人にやさしく、保温-遮熱・防音・空気質改善・防露・耐久・安全に優れた、国土交通省大臣認定の不燃材です。



    【外装用、内装用ガイナについて】

    外装用ガイナは 屋根や外壁に塗るため(室内空気環境の安全性の目安)F☆☆☆☆は取得していませんが、アルデヒド類や揮発性有機化合物(VOC)に対し、同程度の安全性能を確保しています。



    内装用ガイナは F☆☆☆☆を取得しています 。有機溶剤などの危険物を使用していません。



    外装用ガイナは紫外線に強く、断熱・遮熱性能により建物の膨張・収縮を最小限に抑えられるため、建物の維持費用は下がることが期待できます。通常の塗料の2~3倍の耐久性があり、建物を長寿命化させることができるといわれています。



    室内に塗れば 空気中の水分子がマイナスイオン化され、埃や花粉に代表される塵埃等を無害化し空気を浄化する働きを発揮するといいます。人体にとって理想的な空気環境を作り出すといわれています。



    冷暖房効果も高まるので 結露・底冷え・ランニングコストの軽減も期待できると言われています。

    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...