土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の外壁塗装は霞美装へお任せください

施工事例

素地が見えていたスレート屋根は、2回の下塗りとタスペーサーで丈夫でキレイな屋根に!

概要

素地が見えていたスレート屋根は、2回の下塗りとタスペーサーで丈夫でキレイな屋根に!

施工内容 屋根塗装
使用材料 【屋根】サーモテックメタルプライマー・UVルーフプライマー・無機UVコート遮熱
築年数 築25年

工事のきっかけ

ハウスメーカー及び、リフォーム会社と見積もりを比較した。他社では対応してくれない部分の施工も可能で、コスト面も良かったから。

屋根の施工を開始!

屋根の頂点のとがった部分を覆う板金を棟板金と呼びます。塗装を始める前に、棟板金の目地にシーリングを打ちます。 写真は、養生が終わったところです。
屋根の頂点のとがった部分を覆う板金を棟板金と呼びます。塗装を始める前に、棟板金の目地にシーリングを打ちます。 写真は、養生が終わったところです。
養生をした、目地にプライマーを塗っていきます。
養生をした、目地にプライマーを塗っていきます。
シーリングを打ち、押さえ均しているところの写真です。
シーリングを打ち、押さえ均しているところの写真です。
写真

棟板金の横に、いくつか白いまるが見えます。釘を厚みのあるシーリングで覆う、シーリングスライムという工法です。

写真
写真
写真

棟板金は金属製なので、サビ止めを塗る必要がります。サビ止めに使用するのは、サーモテックメタルプライマーです。棟板金全体にサビ止めを塗り広げていきます。

タスペーサー取り付け

写真
写真

屋根は、上下に少しづつ重なりあっています。雨漏りを防ぐためには、この隙間を確保しておかなければなりません。
下塗りの後にタスペーサーを取り付けるのが一般的ですが、今回は下塗りに使用するUVルーフプライマーがシリコン系の塗料です。塗装をしてからでは、タスペーサーの取り付けが難しくなるため、塗装をする前に取り付けをおこないました。

タスペーサーを取り付けの重要性

スレート屋根の断面図です。
緑で表した屋根材に赤の塗装をしています。
塗膜が隙間を塞いでいたり、隙間が不十分だと図のように、行き場をなくした雨水が屋根に染み込んで、雨漏りの原因になります。
タスペーサーを取り付ける事で、隙間を作り、繋がった塗膜を切る縁切り作業が不要になりました。隙間をきちんと作ることで、雨水が流れ落ち、雨漏りの心配は軽減されます。

写真
写真

屋根の下塗りに使用するのは、UVルーフプライマーです。塗料の缶が2つあるのは、この塗料が主剤と硬化剤を撹拌させて使用する2液型と呼ばれる塗料だからです。2液型の塗料は一般的に硬化までの時間が短く、重ね塗りが短時間でできます。

1回目の下塗り作業のようすです。
1回目の下塗り作業のようすです。
1回目の下塗りが完了しました。既定の時間乾燥させます。
1回目の下塗りが完了しました。既定の時間乾燥させます。
今回はスレート屋根の素地が見えてしまうほど、塗装が劣化していたので、下塗りを2回おこなうとこになりました。
今回はスレート屋根の素地が見えてしまうほど、塗装が劣化していたので、下塗りを2回おこなうとこになりました。
2回目の下塗りが完了しました。 屋根の状態によって下塗りの回数を変更し、丈夫な塗膜になるように調整します。
2回目の下塗りが完了しました。 屋根の状態によって下塗りの回数を変更し、丈夫な塗膜になるように調整します。
上塗りに使用する塗料、無機UVコート遮熱です。
上塗りに使用する塗料、無機UVコート遮熱です。
1回目の上塗りをおこなっている写真です。
1回目の上塗りをおこなっている写真です。
2回目の上塗りをおこなっているようすです。
2回目の上塗りをおこなっているようすです。
写真
写真

屋根の塗装が完了しました。タスペーサーを取り付けているので、隙間をきちんと確保しています。ツヤがある屋根に仕上がりました。

この記事の施工担当スタッフ

    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市築25年のスレート屋根。雨漏り原因になる棟板金の隙間を補修

      石岡市築25年のスレー...

    • 石岡市で外壁塗装、塗装前にシーリングの打ち替えで雨漏りに強い家に

      石岡市で外壁塗装、塗装...

    • 石岡市の外壁塗装現場で養生、工事交換日記チラ見せ!

      石岡市の外壁塗装現場で...

    • 石岡市で軒天塗装。マルチエースでカビに強い塗装を!

      石岡市で軒天塗装。マル...