土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

施工事例

小美玉市 事務所の屋根、外壁、付帯部の塗装を行いました

    施工内容 外壁塗装
    屋根塗装
    シーリング打ち替え
    部分塗装
    使用材料 外壁、シリコンフレックスⅡ屋根、フッソUVコート
    築年数
    16年
    施工期間 2週間
    保証年数
    5年

    工事のきっかけ

    知り合いの紹介になります。外壁や屋根が色褪せてきたため塗り替えを行いました。

    小美玉市で掃除屋さんの事務所の屋根、外壁の塗装を行いました。

    屋根の洗浄になります。  塗装前に建物全体を洗います。屋根の洗浄の際、コケや汚れをしっかり洗い流していきます。  洗浄が不十分ですと塗料の剥がれなどの原因になりますので、しっかり施工していきます。
    屋根の洗浄になります。 塗装前に建物全体を洗います。屋根の洗浄の際、コケや汚れをしっかり洗い流していきます。 洗浄が不十分ですと塗料の剥がれなどの原因になりますので、しっかり施工していきます。
    外壁の洗浄になります。  屋根同様に施工をし外壁に溜まった埃やコケなどをしっかり洗い流していきます。  この時に、塗装をやらないサッシや窓なども綺麗にしていきます。
    外壁の洗浄になります。 屋根同様に施工をし外壁に溜まった埃やコケなどをしっかり洗い流していきます。 この時に、塗装をやらないサッシや窓なども綺麗にしていきます。
    シーリングの撤去になります。  カッターを使い古くなったシーリングを撤去していきます。
    シーリングの撤去になります。 カッターを使い古くなったシーリングを撤去していきます。
    プライマー塗布になります。  新しく打ち込む場所に専用のプライマーを塗っていきます。接着剤の代わりになっており剥離防止の為塗り残しがない様に施工していきます。
    プライマー塗布になります。 新しく打ち込む場所に専用のプライマーを塗っていきます。接着剤の代わりになっており剥離防止の為塗り残しがない様に施工していきます。
    シーリングの打ち込みになります。  シーリングを打ち込み際に中に空気が入りますと膨れや断裂の原因になりますので、注意し施工を行いました。  シーリングには高耐久のオートンイクシードを使用しています。
    シーリングの打ち込みになります。 シーリングを打ち込み際に中に空気が入りますと膨れや断裂の原因になりますので、注意し施工を行いました。 シーリングには高耐久のオートンイクシードを使用しています。
    シーリングの押さえになります。  打ち込んだ場所を、シーリング材が乾いてしまう前に専用のヘラで押さえていきます。
    シーリングの押さえになります。 打ち込んだ場所を、シーリング材が乾いてしまう前に専用のヘラで押さえていきます。
    サッシ周り押さえになります。  サッシ周りはカッターでサッシを傷つけてしまうため撤去をしないで増し打ちで補強していきます。
    サッシ周り押さえになります。 サッシ周りはカッターでサッシを傷つけてしまうため撤去をしないで増し打ちで補強していきます。
    軒天の塗装一回目になります。  軒天にはカビを抑制効果のあるアクリル系上塗り材を使用し施工いたしました。
    軒天の塗装一回目になります。 軒天にはカビを抑制効果のあるアクリル系上塗り材を使用し施工いたしました。
    軒天の塗装二回目になります。  細か部分は先にハケで塗装を行いローラーで綺麗に仕上げていきます。
    軒天の塗装二回目になります。 細か部分は先にハケで塗装を行いローラーで綺麗に仕上げていきます。
    軒天の塗装完了になります。  二回塗装を行い塗料の厚みを作り仕上げになります。
    軒天の塗装完了になります。 二回塗装を行い塗料の厚みを作り仕上げになります。
    外壁の下塗りになります。  外壁の下塗りには水性のエポキシ系のシーラーを使用しての施工になります。
    外壁の下塗りになります。 外壁の下塗りには水性のエポキシ系のシーラーを使用しての施工になります。
    外壁の下塗り完了になります。  下塗りになりますので、塗り残しがありますと塗料の剥がれなどの原因になってしまいますので注意し施工いたしました。
    外壁の下塗り完了になります。 下塗りになりますので、塗り残しがありますと塗料の剥がれなどの原因になってしまいますので注意し施工いたしました。
    外壁の中塗りになります。  下塗りが十分に乾燥してから次の工程に入ります。中塗りの施工時塗り残しがない様に施工いたしました。
    外壁の中塗りになります。 下塗りが十分に乾燥してから次の工程に入ります。中塗りの施工時塗り残しがない様に施工いたしました。
    外壁の上塗りになります。  中塗り同様に施工いたしました。
    外壁の上塗りになります。 中塗り同様に施工いたしました。
    外壁の塗装完了になります。  外壁が白っぽい上塗り材を使用していますので、透けに注意し施工いたしました。
    外壁の塗装完了になります。 外壁が白っぽい上塗り材を使用していますので、透けに注意し施工いたしました。
    破風板のケレンになります。  サンドペーパー等を使い凹凸を滑らかにする為に施工していきます。
    破風板のケレンになります。 サンドペーパー等を使い凹凸を滑らかにする為に施工していきます。
    破風板の塗装一回目になります。  今回破風板を飛散の少ないハケで塗装を行いました。
    破風板の塗装一回目になります。 今回破風板を飛散の少ないハケで塗装を行いました。
    破風板の塗装二回目になります。  塗料の厚みを作る様に二回目も塗装を行っていきます。塗り忘れや塗り残しがない様に施工していきます。
    破風板の塗装二回目になります。 塗料の厚みを作る様に二回目も塗装を行っていきます。塗り忘れや塗り残しがない様に施工していきます。
    雨樋のケレンになります。  塗料の密着を良くする為に全体を軽くケレンしていきます。
    雨樋のケレンになります。 塗料の密着を良くする為に全体を軽くケレンしていきます。
    雨樋の塗装一回目になります。  雨樋の塗装には破風板と同じフッ素塗料を使用しての施工になります。
    雨樋の塗装一回目になります。 雨樋の塗装には破風板と同じフッ素塗料を使用しての施工になります。
    雨樋の塗装二回目になります。  塗装の際の塗り継ぎ目の段差を作らないように施工いたしました。
    雨樋の塗装二回目になります。 塗装の際の塗り継ぎ目の段差を作らないように施工いたしました。
    雨樋、破風板の塗装完了になります。  二回施工を行いムラなどなく綺麗に仕上げました。
    雨樋、破風板の塗装完了になります。 二回施工を行いムラなどなく綺麗に仕上げました。
    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

      石岡市、築20年の一戸...

    • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

      石岡市で火災保険を使用...

    • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

      石岡市、火災保険適用の...

    • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

      石岡市、火災保険適用の...