土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の外壁塗装は霞美装へお任せください

施工事例

土浦市|アパートの屋根外壁などを塗り替えを行いました。

概要

土浦市でアパートの屋根外壁などを塗り替えを行いました。

施工内容 外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用材料
外壁、シリコンフレックスⅡ 屋根、シリコンフレックスJY
築年数
17年
施工期間 三週間
保証年数 5年
建坪 52坪

工事のきっかけ

うちで施工したお客様のアパート塗装を行いました。色褪せや築年数で塗装を考えたそうです。

洗浄工事!

塗装前の洗浄になります。

屋根、外壁、付帯部を高圧洗浄機で、コケや汚れを洗い流していきます。洗浄が不十分ですと密着不良などが起こる為、しっかり行っていきます。

外壁工事!

外壁の下塗りになります。  外壁の下塗りには、エポキシ系のシーラーを使用し施工いたしました。
外壁の下塗りになります。 外壁の下塗りには、エポキシ系のシーラーを使用し施工いたしました。
外壁の中塗りになります。  下塗りが乾きました次の工程に入ります。塗布量計算で一工程で使う塗料の量を出しその量を使い切りで施工を行いました。
外壁の中塗りになります。 下塗りが乾きました次の工程に入ります。塗布量計算で一工程で使う塗料の量を出しその量を使い切りで施工を行いました。
外壁の上塗りになります。  中塗り同様に施工をし、薄塗りや塗り残しがない様に施工していきます。
外壁の上塗りになります。 中塗り同様に施工をし、薄塗りや塗り残しがない様に施工していきます。
外壁の中塗りになります。  今回一部色を変えての施工になりますので、ラインを真っ直ぐに出しながら施工していきます。
外壁の中塗りになります。 今回一部色を変えての施工になりますので、ラインを真っ直ぐに出しながら施工していきます。
外壁の上塗りになります。  外壁の色が濃い為、透けてしまわぬように施工いたしました。
外壁の上塗りになります。 外壁の色が濃い為、透けてしまわぬように施工いたしました。

軒天工事!

軒天の塗装になります。

軒天にはつや消しの防カビ塗料を使用し施工いたしました。一回目が終わりました二回施工を行い塗料の厚みを出して完了になります。

破風板工事!

破風板の塗装一回目になります。  破風板は段差のない面なので、塗り継ぎ目の段差が目立ちますので注意し施工していきます。
破風板の塗装一回目になります。 破風板は段差のない面なので、塗り継ぎ目の段差が目立ちますので注意し施工していきます。
破風板の塗装二回目になります。  中塗り同様に施工をし塗料の厚みを作っていきます。塗りずらい細かな部分はハケなどを使い塗装を行いました。
破風板の塗装二回目になります。 中塗り同様に施工をし塗料の厚みを作っていきます。塗りずらい細かな部分はハケなどを使い塗装を行いました。

雨樋工事!

雨樋の塗装一回目になります。  雨樋は材質が塩ビですので紫外線や経年劣化等で硬くなり割れやすくなってしまいます。もし気になる方は交換をお勧めしています。
雨樋の塗装一回目になります。 雨樋は材質が塩ビですので紫外線や経年劣化等で硬くなり割れやすくなってしまいます。もし気になる方は交換をお勧めしています。
雨樋の塗装二回目になります。  雨樋の塗装に使う塗料は破風板と同じのシリコンフレックスJYの塗料を使用し施工いたしました。
雨樋の塗装二回目になります。 雨樋の塗装に使う塗料は破風板と同じのシリコンフレックスJYの塗料を使用し施工いたしました。

屋根工事!

屋根の下塗りになります。  屋根の下塗りには、浸透性の屋根用エポキシ系のシーラーを使用し施工いたしました。
屋根の下塗りになります。 屋根の下塗りには、浸透性の屋根用エポキシ系のシーラーを使用し施工いたしました。
屋根の下塗り二回目になります。  屋根は紫外線などの影響で痛みのスピード速い為下塗りを二回施工ししっかり表面に膜を張り屋根を守っていきます。
屋根の下塗り二回目になります。 屋根は紫外線などの影響で痛みのスピード速い為下塗りを二回施工ししっかり表面に膜を張り屋根を守っていきます。
屋根のタスペーサー取り付けになります。  コロニアル屋根には、元々水が抜けるように隙間があります。塗装を行うと塗料の厚みが付き隙間が埋めってしまいます。  隙間が埋まりますと水の逃げ道がなくなってしまいますのでタスペーサー取り付け隙間を確保していきます。
屋根のタスペーサー取り付けになります。 コロニアル屋根には、元々水が抜けるように隙間があります。塗装を行うと塗料の厚みが付き隙間が埋めってしまいます。 隙間が埋まりますと水の逃げ道がなくなってしまいますのでタスペーサー取り付け隙間を確保していきます。
屋根の塗装になります。  今回屋根の塗装には遮熱系の塗料で屋根の塗装を行いました。塗り残しがない様に施工をし遮熱系で屋根を守っていきます。
屋根の塗装になります。 今回屋根の塗装には遮熱系の塗料で屋根の塗装を行いました。塗り残しがない様に施工をし遮熱系で屋根を守っていきます。
鉄部の下塗りになります。  サンドペーパー等を使いケレンをし塗料の密着を良くしてからエポキシ系のさび止めを施工いたしました。
鉄部の下塗りになります。 サンドペーパー等を使いケレンをし塗料の密着を良くしてからエポキシ系のさび止めを施工いたしました。
鉄部の塗装一回目になります。  下塗りがしっかり乾燥後、鉄部を溶剤で塗装していきます。細かい部分はハケで塗装していきます。
鉄部の塗装一回目になります。 下塗りがしっかり乾燥後、鉄部を溶剤で塗装していきます。細かい部分はハケで塗装していきます。
鉄部の塗装一回目になります。  色が違う鉄部の同じように施工していきます。
鉄部の塗装一回目になります。 色が違う鉄部の同じように施工していきます。
鉄部の塗装二回目になります。  一回目同様に施工をし見た目にも綺麗に仕上げていきます。塗り残しや透けていますと仕上がりが良くないため注意し施工します。
鉄部の塗装二回目になります。 一回目同様に施工をし見た目にも綺麗に仕上げていきます。塗り残しや透けていますと仕上がりが良くないため注意し施工します。

帯工事!

幕板の塗装一回目になります。  水切りの部分にはさび止めをいれ、面には外壁の浸透性のシーラー入れてから施工になります。幕板の塗装には溶剤を使い施工していきます。
幕板の塗装一回目になります。 水切りの部分にはさび止めをいれ、面には外壁の浸透性のシーラー入れてから施工になります。幕板の塗装には溶剤を使い施工していきます。
幕板の塗装二回目になります。
幕板の塗装二回目になります。

雨戸工事!

雨戸の下塗りになります。  雨戸も塗料の密着を良くする為サンドペーパー等を使いケレンをし下塗りになります。下塗りは鉄部と一緒のエポキシ系のさび止めを使用しています。
雨戸の下塗りになります。 雨戸も塗料の密着を良くする為サンドペーパー等を使いケレンをし下塗りになります。下塗りは鉄部と一緒のエポキシ系のさび止めを使用しています。
雨戸の塗装一回目になります。  今回雨戸は下塗りから上塗りまで吹き付けにて施工させて頂きました。吹き付けは飛散が多い為できる場所と出来ない場所があり今回吹き付けが出来るように足場を作ってもらいその中で施工いたしました。
雨戸の塗装一回目になります。 今回雨戸は下塗りから上塗りまで吹き付けにて施工させて頂きました。吹き付けは飛散が多い為できる場所と出来ない場所があり今回吹き付けが出来るように足場を作ってもらいその中で施工いたしました。
雨戸の塗装二回目になります。  手塗りと違い吹き付けは塗装時の独特な模様が出ず綺麗に仕上げることができます。
雨戸の塗装二回目になります。 手塗りと違い吹き付けは塗装時の独特な模様が出ず綺麗に仕上げることができます。

この記事の施工担当スタッフ

    • 外壁塗装の必要性
    • 屋根塗装の必要性
    • 雨漏り補修とは
    • ここまでやります無料点検

    月別アーカイブ

    新着ブログ

    • 石岡市築25年のスレート屋根。雨漏り原因になる棟板金の隙間を補修

      石岡市築25年のスレー...

    • 石岡市で外壁塗装、塗装前にシーリングの打ち替えで雨漏りに強い家に

      石岡市で外壁塗装、塗装...

    • 石岡市の外壁塗装現場で養生、工事交換日記チラ見せ!

      石岡市の外壁塗装現場で...

    • 石岡市で軒天塗装。マルチエースでカビに強い塗装を!

      石岡市で軒天塗装。マル...