石岡市・小美玉市・かすみがうら市・土浦市の外壁塗装、屋根塗装は霞美装へお任せください

ブログ

石岡市でモルタル外壁の調査。クラック補修跡が劣化?!

更新日 : 2024.01.17

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

茨城県南地域で、外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理など家のお困りごとのご相談を承っております。

プロタイムズ 石岡店 土浦神立店 霞美装です。

 

石岡市のお客様よりご依頼いただいた、現地調査の様子をご紹介します。

 

築40年、過去3回の塗装をしている現地

石岡市の現地調査には、営業担当の間彦がお伺いしました。

築40年の現地、外壁材はモルタルです。

モルタルセメントと水と砂を混ぜ合わせて作られています。

手作業で塗っていくため、綺麗に仕上げるためには職人さんの腕がなければ成り立ちません!

 

築40年のモルタル外壁の現地
築40年のモルタル外壁の現地

現地をぐるりと回って調査

定期的なメンテナンスが大切です
定期的なメンテナンスが大切です

石岡市でおこなった現地調査、モルタル外壁は過去に3回塗装をおこなっているとのこと。

他の業者が塗装の勧誘に来たことで、そろそろだったかと塗装の検討をされ、霞美装にお問い合わせをいただきました。

表面塗膜の劣化など、経年の劣化はありますが、雨漏りなどの大きな劣化はなく、定期的にメンテナンスをされていらっしゃることがわかります。

 

 

クラック補修跡の黒ずみ?

同じようなものがいくつかありました
同じようなものがいくつかありました

外壁を調査していると、目立ってみえた箇所がありました。

ベージュの外壁に、黒く長いライン。周りは白くなっています。

 

近くでみてみます

クラックに沿って黒ずんでいる
クラックに沿って黒ずんでいる

近くで撮影したものです。

外壁のクラックに沿っているため、補修をした跡が変色したものと思われます。

ブリード現象と呼ばれるこの現象は、補修材と塗料の相性が悪い場合におこります。

補修のための柔軟性をもたせる可塑剤(かそざい)が塗膜に粘着性を持たせて表面がベタつき、汚れが付着してしまうのがブリード現象です。

 

あちらこちらでみられました

ブリード現象が起きたら再補修が必要
ブリード現象が起きたら再補修が必要

石岡市現地ではブリード現象があちらこちらでみられました。

補修材は劣化しているので、再補修をおこなってから塗装をする必要があります。

 

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • かすみがうら市でモルタル軒天の塗装。外壁と色を変えて変化をつけていきます

    かすみがうら市でモルタ...

  • かすみがうら市で外壁塗装。リシン仕上げのモルタル外壁にひび割れが起こりにくい塗装をおこないました

    かすみがうら市で外壁塗...

  • かすみがうら市でモルタル外壁塗装。モルタル外壁のひび割れを補修します!

    かすみがうら市でモルタ...

  • かすみがうら市で屋根塗装。傷んだスレートが美しさ長持ちする遮熱効果のある屋根になりました!

    かすみがうら市で屋根塗...