土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

ブログ

アパートのスレート屋根にタスペーサーを取り付け、高機能塗料で下塗り開始!

更新日 : 2021.03.04
イメージ

こんにちは、霞美装です。
つくば市のアパート1棟の外壁塗装をおこなっています。こちらは、高圧洗浄が終わったスレート屋根です。洗浄直後なので、水分を含んでいるので、乾燥させて作業開始です。それでは、施工のようすをご覧ください。

タスペーサー取り付け

イメージ
イメージ

今回は、下塗りをおこなう前にタスペーサーという部品を取り付けます。左の写真の黒い部品がタスペーサーです。この部品をスレート材1枚につき2個取り付けていきます。タスペーサーの取り付けは縁切りという工程の代わりになる作業です。以前は、塗装をおこなった後にスレート材をキズ付けないようにカッターを差し込み1枚づつ切り離す作業をしていました。せっかく塗装をおこなっても縁切りの際にキズを付けてしまったり、切ったはずの塗膜がきちんと切れていない状態で隙間を確保できていないということもありました。
この部品の取り付けによって縁切りは不要になり、塗膜をキズつけることも充分な隙間を確保できないという状態も無縁になりました!
右の写真は、タスペーサーを取り付けて、隙間を確保できている状態です。

タスペーサーの役割

イメージ

スレート屋根に塗装をおこなうと図の赤で示したように表面を覆います。「縁切り」と呼ばれる隙間を確保出来ていないと雨が降ると隙間から排出できず、内部に水が溜まり釘を伝って野地板(下地材)が水を含み、劣化が進んだ状態では腐食しボロボロになり、雨漏りを起こしてしまいます。

イメージ
イメージ

下塗りの使用しているのは、サーモテックシーラーです。主剤と硬化剤という2つの材料を混ぜ合わせる使用する2液型と呼ばれる塗料です。決められた時間撹拌して使用します。サーモテックシーラーの特徴は、密着性と耐久性が高く、赤外線を反射する遮熱性も兼ね備えた塗料です。
サーモテックシーラーをローラーを使用し、塗り広げていきます。タスペーサーが取り付けられているので、スレート材同士がくっついてしまう心配がありません。

イメージ
イメージ

通常下塗りは1回で完了しますが、今回のスレート屋根は劣化が進んでいるので、2回目の下塗りをおこないます。下塗り材はシーラーと名前が付いていますが、上塗り材が下地に吸収させるのを防ぐ(シールする)働きがある塗料という意味があります。劣化が進んだスレート材は、塗料を吸収してしまうので、1回の下塗りではシールする働きが充分に発揮できないので、2回目の塗装が必要となりました。
【定期的な塗装が必要な理由】
塗膜には、日々降り注ぐ紫外線や風雨から素地を守る役割があります。その塗膜にも徐々に劣化が起きて、素地を守ることができなくなります。今回の屋根のように、元々の塗膜が劣化して剥がれしてしまっていると、屋根に苔やカビが生え、雨が侵入し建物が傷む原因になります。
塗膜の劣化というと鮮やかだった色が、日に焼けてくすんだ色になったり、苔が生えて見た目が悪いだけのように思ってしまいますが、雨が入り込み建物が傷む原因と考えると、定期的な塗装は建物を守るために必要な工事だと分かりますね。大規模な修繕工事になる前に、塗装工事で大切なお住まいを守りたいですね。

  • 外壁塗装の必要性
  • 屋根塗装の必要性
  • 雨漏り補修とは
  • ここまでやります無料点検

月別アーカイブ

新着ブログ

  • 石岡市、築20年の一戸建て住宅の現場調査!傷んだコロニアル屋根を火災保険での補修工事をご希望!

    石岡市、築20年の一戸...

  • 石岡市で火災保険を使用した補修工事!まずは工事の下準備をします!

    石岡市で火災保険を使用...

  • 石岡市、火災保険適用の補修工事!外壁コーキング打ち替えて外壁の防水性UP!

    石岡市、火災保険適用の...

  • 石岡市、火災保険適用の補修現場!外壁を低汚染塗料で塗り替え!

    石岡市、火災保険適用の...