土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

外壁・サイディングの張り替え

外壁・サイディングの張り替え

定期的に外壁塗装を行ったとしても、外壁材の寿命はいつかやってきてしまいます。
寿命を迎えた外壁材を塗り替えても、数年程度しか持ちません。こうなってしまった場合、外壁を張り替えるか、重ね張りを行う必要があります。
では、外壁材はどのくらいで耐用年数を超えてしまうのでしょうか。
代表的な外壁材の例を挙げてご説明いたします。

外壁・サイディングの張り替え

代表的な外壁材の耐用年数

窯業系サイディング
窯業系サイディング

セメントを主原料とし、そこに繊維質原料を加えたものである。デザインやパターン、カラーデザインが豊富である。
こちらの窯業系サイディングは10年に一度、定期的に塗り替えを行うことで、美観や機能性を保持することが出来ますが、30年目以降は塗替えをしても外壁材の耐用年数を超えてしまうため、外壁の張替えか重ね張りが必要です。

モルタル外壁
モルタル外壁

モルタルは砂とセメントと水を混ぜてつくられた半固形の材料です。コテで壁に塗りつけて外壁を形成します。
モルタルは10年ごとに外壁塗装を行い、美観や機能性を保つことが出来ます。それ以降に関しましては、年数を経るごとにこまめなクラック補修が必要になることもあります。
モルタルの補修は手間がかかるため、人件費などのコストが嵩む傾向にあります。

金属サイディング
金属サイディング

近年、最も多く使用されているのがアルミと亜鉛でめっきされたガルバリウム鋼板です。
こちらも窯業系と同じく10年ごとに補修を行ったとしても30年目以降は外壁材が耐用年数を超えてしまうため、外壁の交換や重ね張りが必要となってきます。

外壁の張替えと重ね貼りのメリット・デメリット

お住まいをを末永くお使いいただくためには、耐用年数を超えた外壁の張替えや外壁カバー工法(外壁の重ね張り)を行うことがおすすめです。
外壁の張替えではこれまでの外壁を撤去し、新しいものへと取り替えます。外壁の重ね張りではこれまでの外壁の上に新しい外壁を張っていきます。
どちらとも、外壁が新しくなるのは同じなのですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

外壁の張替えのメリット・デメリット
メリット
  • 新しい外壁となるので、安心して長く住める。
  • これまでの外壁をすべて取り外すため、壁の下地までメンテナンスすることが出来る。
  • 軽い外壁材を使うことにより耐震性を上げることが出来る。
  • これまでとデザインが違う外壁材を使うことによってイメージチェンジが出来る。
デメリット
  • 外壁の解体と新設がセットであるため、コストが嵩む。
  • 大規模な工事であるため工期が長い。
  • 前の外壁の解体に際して廃材が多く出るため処理費用が多くかかる。特に高額な処理費用がかかるのがアスベストを含んだ廃材である。
  • お住まいの築年数、またこれまで使用していた外壁材によっては外壁の選択肢が限られる。
  • モルタルなど構造的に貼り替えられない外壁も存在する。
外壁の重ね張りのメリット・デメリット
メリット
  • 新廃材がほとんど発生しないので処理費用がかからない。
  • 工期が短い。
  • 外壁が二重構造となるため、遮音性と断熱性が増す。
  • 廃材が少なく、断熱性が増すため地球に優しい。
デメリット
  • 外壁の劣化状況によっては施工できない。
  • 外壁の重量が増す(少しだけ)
  • 選択できる外壁材が限られる(ほぼ金属)
  • モルタルなど構造的に貼り替えられない外壁も存在する。
どちらにも共通すること

外壁の張替えも重ね張りも現在の外壁材による制約を受ける。
モルタルの外壁は下地と一体化しているため張替えができません。そのため、モルタルの外壁の張替えというよりも作り直しです。
外壁の重ね張りに関しては、劣化状況などにより施工できない場合もありますが、基本的にはどの外壁でも施工することが出来ます。