土浦市・かすみがうら市・石岡市・小美玉市・行方市の塗装工事のことなら株式会社霞美装にお任せください。

防水工事

防水工事

防水工事

最近の流行のお住まいはプレカットされた建材で組み立てることが多く、ベランダやバルコニーが備えられているのが一般的となっています。
屋根が平らでその上に屋上が設けられたお住まい、ガーデニングを楽しむための広いベランダやバルコニーのある2階、環境に配慮し屋根に太陽光発電を設置したお住まいも人気があります。
雨漏りや家屋内部への漏水というと、老朽化が進んだ家と思いがちですが、実は現代的なお住まいほど防水工事の必要性が高いこともあるのです。
昔ながらの家の屋根はほとんどの場合断面が三角形になっていると思いますが、屋根が三角なのには理由があります。
雨水がスムースに流れるよう、わざと傾斜させているのです。

雨漏りを防ぐため、防水工事が必要な様々な箇所

平らな屋根(陸屋根)
平らな屋根(陸屋根)

屋上が設けられるような平らな屋根(陸屋根)のお家はデザインはおしゃれでかっこいいですが、もちろん屋根の勾配はほぼゼロです。
排水のために微妙な傾斜が設けられていますが、三角屋根よりも排水性能が低いのは見た目通りです。
水が溜まりやすく、雨漏りリスクは高いと言えるでしょう。

ベランダ・バルコニーの床
ベランダ・バルコニーの床

四方を壁と出入り口に囲まれている上、床面にほぼ勾配がありません。
おまけに内側は日が当たりにくく、水が溜まってしまうと乾きにくい構造をしています。
ベランダが広ければ広いほど、雨漏りするリスクは高まります。

太陽光発電を設置している屋根
太陽光発電を設置している屋根

太陽光発電を屋根に設置するのには実は注意が必要です。
後付けで設置する場合は特に注意が必要です。
お住まいの構造について詳しくない業者さんだと設置の際に屋根を壊してしまったりすることがあります。
彼らは防水屋でもなければ屋根屋でもないので、実際霞美装では、お客様や太陽光発電の設置業者から雨漏りの防水工事を依頼されたことがあります。

防水処理がされていても、経年で劣化していくのが実状です

防水処理がされていても、経年で劣化していくのが実状です

防水処理も年月を経れば、だんだんとくたびれてきます。
どんなに特別な防水処理を施しても、時間と共に劣化していきますし、劣化した塗膜はひび割れなどを起こしていきます。
専用のシートを使って防水していても同様に劣化は進みます。
屋根や外壁と同じように、防水も定期的なメンテナンスが必要なのです。
お住まいの大敵である水分をシャットアウトしているだけに、忘れてしまうと大変なことになりかねません。

こんな症状が出てきたら防水処理が必要です。
排水不良
排水不良

水を貯めるように造られてはいませんので、溜まってしまうとさまざまなな部分に悪影響を及ぼします。
建物内に漏れ出した場合、雨漏りの他、各部の腐食・劣化を起こします。

表面の浮きや波打ち
表面の浮きや波打ち化

主にシート防水で見られる症状です。表面に変化がなくても、踏むと変形したりする場合はその下の防水シートが弱まっています。

ひび割れや裂け
ひび割れや裂け

防水シートや防水層にひび割れや裂けが発生すると、雨水がその下へと浸入します。

植物の繁殖
植物の繁殖

植物の芽や根は非常に強く、コンクリートをも破壊して伸長していきます。
表面や外壁、防水層を破壊するだけでなく、躯体そのものを損壊させてしまうことも。

表面の荒れ・色褪せ
表面の荒れ・色褪せ

防水層を保護している表面の保護機能が低下してきた証拠です。
このままでは防水層に直接、紫外線があたるため、劣化が早くなります。

表面の傷
表面の傷

表面だけでなく、防水層にも傷がつき、防水シートなどが破れているケースもあります。
歩行や風雨による磨耗、飛来物などが主な原因で、傷の大きさと深さによって、補修方法が異なります。